アレオパゴス会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクロポリスから眺めたアレオパゴスの丘
アテナイの地図。中央北西にアゴラ、中央南東にアクロポリス、その間にアレオパゴスがある。

アレオパゴス会議(アレオパゴスかいぎ、: Areopagus[1]、あるいは、アレイオス・パゴス会議: Άρειος Πάγος, Areios Pagos)[2]とは、古代アテナイの政治機構。アテナイ政治における貴族勢力の牙城であり、古代ローマにおける元老院のような役割を果たした。アレオパゴス評議会アレオパゴス評議所などとも。

概要[編集]

「アレイオス・パゴス」(: Άρειος Πάγος)、あるいはその訛りである「アレオパゴス」(: Areopagus)とは、アテナイのアクロポリス西北面の中腹にある小高い丘である「アレス神の丘(大岩)」のこと。ここに貴族たちの会議所(評議所)が置かれたため、(ちょうど「アカデメイア」や「リュケイオン」などと同じく)「アレイオス・パゴス」(アレオパゴス)はこの場所を指すと同時に、その機構を意味する語ともなった。日本語では両者を区別するために、後者の意味では「~会議」「~評議所」等と表現する。

この機構の議員は最高職であるアルコンの経験者から選出され、その地位は終身かつ貴族によって独占されていたため、民主政確立のための大きな妨げとなっていた。こうした中、前462年にエフィアルテス英語版ペリクレスが結託して政変を起こし、アレオパゴス会議の多くの権限が剥奪された。これにより政治上の多くの権限は民会に委ねられるようになり、民主政が確立されていった。

歴史[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]