ローマ帝国支配下のギリシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマ帝国支配下のギリシャとは、古代ローマ帝国に占領されていた時代のギリシャのことを記す。

アカエア属州[編集]

アントニウスに勝利して帝政を始めたオクタウィアヌスはギリシャ本土を属州アカエアを制定した。紀元前146年にはクレタ島は属州キレナイカの一部となった。各ポリスは属州内の地方都市として存続した。

ローマ帝国による復興[編集]

アウグストゥス内戦によって疲弊したギリシャ復興のために、穀物分配や各都市に貨幣造幣の特権を認めるといった政策を採った。また新しい都市を建設し、ローマ市民や周辺住民の移住を促した。ギリシャ人の中にもローマ市民権を得るものも現れた。ギリシャ文化を愛するローマ皇帝(特にネロハドリアヌスアテナイの都市整備の援助を行ったり、建造物や神殿の整備や修理を行った。ハドリアヌスをはじめ、多くのローマ人がギリシャを訪れ、ギリシャ諸都市は一種の文化観光都市となった。また、ギリシャは文学、歴史学などで大きな影響をローマに与え、対比列伝を著したプルタルコス、地理史を著したストラボンなど多くの学者を輩出していった。 詩人ホラティウスは征服されたギリシア人は、猛きローマを征服した。という言葉を残している。

ゲルマン人による略奪[編集]

だが3世紀軍人皇帝時代と呼ばれる内乱期になり、ローマ帝国が弱体化したため、ギリシャは異民族であるゴート人の略奪を受けた、253年にはテッサロニキが襲われ、その後アルゴス、アテナイなどがヘルール族に次々襲われ大きな被害を受けた。

参考文献[編集]

ギリシア史 (新版 世界各国史) 桜井 万里子 (編集)