Ø

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Øø Øø
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ø, øは、ラテン文字Oストロークが付いた文字デンマーク語ノルウェー語フェロー語で使用されるラテン文字である。

文字名称は、「slashed o」(スラッシュ付きO)や「o with stroke」(ストローク付きO)。

概要[編集]

元々はoeとを重ねて書いた合字であり、eの横棒がøの斜線に相当する。øは一つの独立した文字であるが、正式に表記できない環境では、一般に “oe” で代用される。

使用する諸言語では、ドイツ語などにおけるöと等価である(öも、元来はoとeの合字である)。フェロー語の手書きでは今もöがときどき使用される(元来、両方が使われ、別の役割があった)。発音は主に[ø][œ]。ただし、サーミ語南方言では、[oe]二重母音で発音される。

デンマーク語ではこの文字が「」を意味するため、地名接尾辞として頻繁に登場する[1]

記号としてのØ[編集]

国際音声記号では、円唇前舌半狭母音を表す。

音楽では、減五短七の和音(マイナー・セブンス・フラット・ファイブ・コード或いはハーフ・ディミニッシュ・コード)を表す。

(主にドイツ語圏で)平均値を意味することがある。欧州のサッカーに関するサイトなどで使われている。

似た形をした記号として以下のものがある。

  • 斜線付きゼロ - )ないし0ゼロ)に斜線の入ったものだが、斜線は0の内側に収まって飛び出さない点で、本稿のØとは字形が異なる。0(ゼロ)とO(ラテン文字のオー)との混同を避けるためにゼロの代用として用いられる。
  • - 数学空集合を表す記号。製図においては、しばしば直径を示す記号 (⌀) の代用として用いられることもある。
  • Φ - ギリシア文字で「ファイ」と読む。大文字 (Φ) は上下に、小文字 (, ) は下に垂直に、または斜めに長く貫く点で、本稿のØとは字形が異なる。これも斜線付きゼロと同様の役割をすることがある。
  • その他の似た文字とともに、リコーダーの指番号として、左手親指の音孔を少し開けるサミングを表すことがある。

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ø U+00D8 1-9-46 Ø
Ø
Ø
ø U+00F8 1-9-77 ø
ø
ø
Ǿ U+01FE - Ǿ
Ǿ
ǿ U+01FF - ǿ
ǿ

関連記事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]