ゼッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゼッケンとはスポーツを行う際に個体の識別を目的として装着する表示の日本での呼称である。これは、国際的な競技においては英語由来のビブビブス(bib, bibs。涎掛けの意)と呼ばれるもので2006年現在、日本においても国際的な競技においてはそれに倣うようになりつつある。

語源[編集]

「ゼッケン」という語は、一説にはドイツ語で「覆う」という意味の"Decken"(デッケン)に由来するとされている(なお馬術競馬において、馬の鞍の下に敷く番号が書かれた毛布のことを"Decken"と言う。日本ではこれがスポーツなどで競技者の衣服の前後につける番号を記したアイテムを指す用語として普及したとのことである)。また他の説では同じくドイツ語の「目印」を意味する"Zeichen"(ツァイヒェン)の綴りをローマ字読みしたもの、たとえば「ゼイチェン」という読みから転訛したのだともいわれている。発音の上では前者のほうがそれらしいが、意味の点では後者のほうに分がありそうである。両説とも一長一短といったところで、決め手に欠けている。上記以外にも、ドイツ語の"Säckchen"や"Sequens"、イタリア語の"zechin(zecchino)"、ノルウェー語あるいは和製外国語という説もある[1]

種類[編集]

[編集]

大量生産で数字などを印刷した白い布をユニフォームに縫い合わせるもの。ラグビー高校野球などで使われることが多い。1回ごとに番号が異なる陸上競技では、安全ピンを用いることもある。

着色生地[編集]

色をつけた布地を望む型に切り取り、ユニフォームに縫い付けたり接着剤で貼り付けたりしたもの。柔軟性に欠けるが、プロアマチュアの野球用ユニフォームでは好んで採用される。多くはチームのロゴと意匠とを共通させたデザインを用い、縁取りのため色の異なる生地を重ね合わせたゼッケンも多く見られる。

転写フィルム[編集]

合成樹脂製のフィルムを望む型に切り、貼り付けたもの。安価にて一点ものを作ることもできるため背番号と選手の名前を一括してデザインする際に採用される。また、汗の蒸発を阻害しないように網目や線入り加工を施すことも容易である。サッカーバスケットボール用ユニフォームでは一般的。ただしバレーボール用ユニフォームでは、レシーブ時などにフィルムが床に引っかかる(オイルステインの集成板にワックス処理であり貼り付いてしまう)のを嫌い生地ゼッケンが使われている。

ビブス型ゼッケン[編集]

ビブス(サッカー)
フォトグラファー

あらかじめ数字などが印刷されたビブス状または布に肩紐などがついたものを、ユニフォームの上に着用するタイプのゼッケン。薄手でメッシュ状のものもある。

  • 駅伝など - ゼッケンの表示が厳密に定められつつ直前に出場者の交替がありえる競技で用いられる。
  • 一般に開放された市民マラソンなど - 簡易に参加者を識別するために用いられる場合も多い。
  • バスケットボールやサッカーの練習 - チーム内での紅白戦を行うときにも、練習着や体操着の上から着用するかたちでよく用いられる。
  • 競技場においてフィールド内での撮影許可を受けた報道フォトグラファーの識別にも使用される。

ウィキメディア・コモンズには、ビブス型ゼッケンに関するカテゴリがあります。

その他[編集]

水球の帽子、サイクルロードレース競輪で用いられるヘルメットカバーなどもこの類に当てることができる。競馬やドッグレースなど動物が行う競技にも使用される。

各競技におけるゼッケン[編集]

  • 陸上競技 - 日本陸連の公認サイズは縦20cm×横24cmである。また、公式の名称は「ナンバーカード」である。

脚注[編集]

  1. ^ ゼッケンの語源について:レルヒ来日前後を中心として 日本体育学会大会号(34) pp.100 19830818

関連項目[編集]