後藤和智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
俗流若者論から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 和智(ごとう かずとも、1984年11月15日 - )は日本批評家である。岩手県釜石市で生まれて宮城県仙台市で育つ。若者を批判する言説を「俗流若者論」と称して批評している。

略歴[編集]

宮城県仙台第二高等学校を経て、東北大学工学部建築学科を卒業後に大学院工学研究科 災害制御研究センター 地震地域災害研究分野で学び博士課程前期(都市・建築学専攻)を修了した。[1]

テレビ番組『学校へ行こう!』の「未成年の主張」に1999年3月25日に出演した[2]。仙台市成人式実行委員会に2005年から2006年まで参加して2005年度に副委員長を務めた。2000年頃のティーンエイジャーによる凶悪犯罪を「キレる17歳」などと扱うマスメディアに疑問を抱き、高校時代から、若者を批判する言説を収集して河北新報論座の読者投稿欄へ投稿した。

2004年11月に『後藤和智事務所 –若者報道と社会–』[3]と題するブログを始めてニートを批判する言説に対峙すると、光文社の編集者に見出され[4]2006年1月に本田由紀内藤朝雄と共著『「ニート」って言うな!』、2008年に単著『「若者論」を疑え!』をそれぞれ上梓した。

もっぱらインターネットで活動し、俗流若者論をまとめた同人誌コミックマーケットウェブサイトなどで販売し、非論理的、論拠が曖昧などと自身が断じた言説と発言者を批判している。宮崎哲弥は『「ニート」って言うな!』を「ネット時代の言論のあり方として記念碑的である」[5]朝日新聞で書評した。

俗流若者論[編集]

後藤は、若年層をステレオタイプに非難する言説を俗流若者論 [6]と称して多用する。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ はてなブログ内プロフィールより。
  2. ^ はじめまして”. 新・後藤和智事務所 〜若者報道から見た日本〜 (2004年11月7日). 2010年1月24日閲覧。
  3. ^ 現在は『新・後藤和智事務所 〜若者報道から見た日本〜』と改題している。
  4. ^ 後藤和智、本田由紀・内藤朝雄『「ニート」って言うな!』光文社(光文社新書)、2006年、まえがき。
  5. ^ 宮崎哲弥『新書365冊』朝日新聞社、2006年、353頁。ISBN 978-4022731067
  6. ^ <若者論>対談【速水健朗×後藤和智】若者を″食い物″にしているのは企業? メディア? 論壇?”. ライブドアニュース (2009年3月18日). 2015年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

・参加イベント(同人誌即売会)

外部リンク[編集]