後藤和智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
俗流若者論から転送)
移動先: 案内検索

後藤 和智(ごとう かずとも、1984年11月15日 - )は、日本評論家岩手県釜石市生まれ、宮城県仙台市出身。

社会全般に流布する、若者を批判した言説を「俗流若者論」と名付け、その研究・検証を行っている。

略歴[編集]

宮城県仙台第二高等学校を経て、東北大学工学部建築学科を卒業し、同大学院工学研究科博士課程前期(都市・建築学専攻)修了。

中学2年の時に、1999年3月25日に放送されたTBS系列の番組『学校へ行こう!』内のコーナー「未成年の主張」に出演した経験がある[1]。また、2005年から2006年まで、仙台市の成人式実行委員会に所属し、2005年(平成17年)度に限っては副委員長を務めた。

2000年に相次いで発生した、17歳前後の若者による凶悪犯罪マスメディアにセンセーショナルに取り上げられた事(「キレる17歳」など)に疑問を抱き、高校時代から独自に若者批判言説(俗流若者論)のデータを収集して、その研究や検証を行っていた。この他、宮城県の地方紙河北新報朝日新聞社の論壇誌『論座』の読者投稿欄にも寄稿していた。

2004年11月ブログ『後藤和智事務所 –若者報道と社会–』(現:『新・後藤和智事務所 〜若者報道から見た日本〜』)を開設。2004年以降顕著になった、ニート(若年無業者)に対するバッシングと対峙する活動が光文社の目に留まり[2]2006年1月、同様の見解を持っていた本田由紀内藤朝雄と共に『「ニート」って言うな!』を上梓。2008年には単著『「若者論」を疑え!』を刊行した。

インターネット上での言論活動を主としており、俗流若者論をまとめた同人誌コミックマーケットやネット上などで販売している。主に、後藤本人が論理的ではない、もしくは根拠が曖昧と見なした言説とその発言者を批判している。評論家の宮崎哲弥は、朝日新聞の書評で、『「ニート」って言うな!』を絶賛しており、ブログ上で評論活動を続けてデビューした経歴に触れて、「ネット時代の言論のあり方として記念碑的である」と評している[3]

著書[編集]

  • 『「若者論」を疑え!』(宝島社新書、2008)
  • 『おまえが若者を語るな!』(角川oneテーマ21、2008)
  • 『「あいつらは自分たちとは違う」という病: 不毛な「世代論」からの脱却』(日本図書センター、2013)※共著
  • 『「ニート」って言うな!』本田由紀,内藤朝雄共著(光文社新書、2006)

俗流若者論[編集]

後藤が提唱した概念であり、若者を単純にレッテル張りし非難するような言説のことである[4]。この語は後藤が運営するブログで生まれたもので、自著や雑誌への寄稿でも、この語を繰り返し用いている。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ はじめまして(ページ下部を参照)”. 新・後藤和智事務所 〜若者報道から見た日本〜 (2004年11月7日). 2010年1月24日閲覧。
  2. ^ 後藤和智、本田由紀・内藤朝雄 『「ニート」って言うな!』 光文社(光文社新書)、2006年、まえがき。
  3. ^ 宮崎哲弥『新書365冊』朝日新聞社、2006年、353頁。ISBN 978-4022731067
  4. ^ <若者論>対談【速水健朗×後藤和智】若者を″食い物″にしているのは企業? メディア? 論壇?”. ライブドアニュース (2009年3月18日). 2015年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]