トー横キッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トー横キッズ(トーよこキッズ)とは、東京都新宿区歌舞伎町新宿東宝ビル周辺の路地裏でたむろをする若者の集団のことである[1][2]。「トー横」は「新宿宝ビルの」を省略したものである。

東急東横線東横インなどの「東横」と称する他の事物や東急グループとは無関係である。

概要[編集]

ゴジラヘッドが特徴的な新宿東宝ビルが完成した後2018年頃から、この周辺に自撮りを行う若者たちがたむろして増え始め[3]、彼らは「自撮り界隈」を自称し始めた。若者が多くたむろしていたことから、周辺の居酒屋風俗店の店員や、風俗嬢キャバクラ嬢らが彼らを「トー横キッズ」と呼び始めた。しかし彼らは「キッズ」と呼ばれることに抵抗し、2019年9月頃から「トー横界隈」と名乗りだした。その後は無名の存在であったが、2021年頃に界隈を狙った犯罪行為や誹謗中傷が度々行われたことから一躍注目を浴びることになった。

トー横キッズの派生概念として、大阪府大阪市中央区道頓堀グリコサインの下の意から「グリ下キッズ」がある。

援助交際や暴力行為などの被害なども絶えず起こっている[4]2021年6月には当時15歳の少年が路上でホームレスの60代男性の頭を足で踏みつけようとするなどの暴行を働いた動画がSNSで拡散され[注 1]、少年は書類送検された。同年5月には当時交際関係にあったとされる18歳の専門学校生の少年と、14歳の女子中学生が近くの歌舞伎町のホテルから飛び降り自殺をしており、さらにオーバードーズによる薬物中毒状態だったことが判明するなど、深刻な問題も起きている[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当該動画を見たメンタリストDaiGoが同年8月7日にホームレスに対して侮辱的発言を行い炎上に至った。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]