安宅常彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安宅 常彦
あんたく つねひこ
生年月日 (1920-08-31) 1920年8月31日
出生地 日本の旗 山形県村山市
没年月日 (1998-10-18) 1998年10月18日(78歳没)
死没地 日本の旗 山形県村山市
出身校 仙台逓信講習所普通科
前職 県労働組合総評議会議長
所属政党 日本社会党
称号 勲二等旭日重光章

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧山形2区
当選回数 6回
在任期間 1960年 - 1979年
テンプレートを表示

安宅 常彦(あんたく つねひこ、1920年8月31日 - 1998年10月18日)は、山形県村山市出身の政治家日本社会党衆議院議員(6期)。1991年勲二等旭日重光章

人物・来歴[編集]

現在の村山市で生まれる。1936年(昭和11年)仙台逓信講習所普通科を卒業。

1952年(昭和27年)全電通東北地方本部委員長、1955年(昭和30年)山形県労働組合総評議会議長に就任する。

1960年(昭和35年)衆議院議員に初当選。以来、旧山形2区から日本社会党の公認を受け出馬し、連続6回当選する。

1978年(昭和53年)2月6日開催の衆議院予算委員会[1]において、自由民主党浜田幸一衆議院議員に「強姦野郎!」と野次を飛ばされた[2]三宅久之によると、社会党は当初、浜田を懲罰委員会にかけると息巻いていたが、当の安宅が提訴を取り下げてほしいと言ってきた。事情を聞くと、確かに女性問題があり、もみ消しのために内閣官房長官田中六助に金の工面を依頼していた。このため次の衆院選で社会党は公認を出さなかったという[3]。 この野次の件は朝日新聞でも報じられた[4]

1979年(昭和54年)、超党派の日朝国交正常化国民会議事務局長を務めるが[5]、前述の通り、この年の第35回衆議院議員総選挙では社会党から公認を得られず、政界を引退した。

1998年(平成10年)10月18日脳梗塞のため死去。78歳没[6]

回想[編集]

議員引退後、毎日新聞政治部の取材に答え、以下のような内容を回想している[7]

議員2期目に議院運営委員会理事に就任して間もない頃、黒塗りの車で浅草料亭に招かれた。「ちょっとした快感だった」と述懐。

母親の出身地が安宅の出身地の隣村であることを、国会帰りのタクシーで知った中川一郎から、「お袋が昔世話になって」と金を送られ受け取った。

1977年ごろ、対韓国輸出問題で自民党を追及した際、自民党幹部から「追及はいいが名前は出さないでほしい」と連絡を受け、国会では「事件を公にするのが目的であり個人の追及ではない」と名前を伏せた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院会議録情報 第084回国会 予算委員会 第8号 「浜田君に御注意申し上げますが」で検索し、参照されたい。浜田の野次は不規則発言のため議事録には記載がない。
  2. ^ 石原慎太郎 『国家なる幻影〈下〉 わが政治への反回想』 60-61p
  3. ^ 三宅久之 『三宅久之の書けなかった特ダネ 昭和?平成政治、25の真実』 181-183p
  4. ^ 山藤章二 『山藤章二のブラック=アングル’78』 28-29p
  5. ^ コトバンク 新訂 政治家人名事典 明治~昭和
  6. ^ 「安宅常彦氏 元社会党衆院議員死去」『読売新聞』1998年10月20日
  7. ^ 毎日新聞政治部 『自民党 金権の構図』 75-80p。同書では「あたか」とルビが振られている。

参考文献[編集]