釜萢敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
医学博士
釜萢 敏
Satoshi Kamayachi cropped 2 Akihiko Kawana Motoi Suzuki Nobuhiko Okabe Takaji Wakita Shigeru Omi and Satoshi Kamayachi 20200216.jpg
2020年2月16日、
東京都千代田区にて
生誕1953年
群馬県
国籍日本の旗 日本
教育日本医科大学医学部卒業
日本医科大学大学院
医学研究科修了
著名な実績高崎総合医療センター
中核病院化に尽力
公式サイトスタッフ紹介|群馬県 高崎市 小児科 小児神経科|小泉小児科医院
医学関連経歴
分野 小児科学
所属 日本医科大学
国立東静病院
小泉小児科医院
受賞 高崎准看護学校校長表彰
1992年
学校保健功労
高崎市教育委員会表彰
1994年
ぐんま小児保健賞
2003年
救急医療・救急業務功労者
群馬県知事表彰
2005年
救急医療功労者
厚生労働大臣表彰
2010年

釜萢 敏(かまやち さとし、1953年[1] - )は、日本医師学位医学博士日本医科大学1984年)。小泉小児科医院院長公益社団法人日本医師会常任理事新型コロナウイルス感染症対策分科会委員[2]

国立東静病院小児科医員、日本医科大学付属第一病院小児科医員などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

群馬県出身[1]日本医科大学に進学し、医学部にて学んだ[3]1978年昭和53年)、日本医科大学を卒業した。

医師として[編集]

2020年2月16日新型コロナウイルス感染症対策本部新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の会合にて構成員川名明彦(左端)、構成員鈴木基(左から2人目)、構成員岡部信彦(左から3人目)、座長脇田隆字(右から3人目)、副座長尾身茂(右から2人目)らと

母校である日本医科大学にて付属第一病院に入職し、1980年(昭和55年)に国立東静病院に転じ、小児科医員となった。1981年(昭和56年)、再び日本医科大学に戻り、付属第一病院の小児科で医員となった。

1988年(昭和63年)、独立して開業した。地元である高崎市医師会の役職を歴任しており、1997年平成9年)には理事2001年(平成13年)には副会長、2005年(平成17年)には会長となった。また、2011年(平成23年)には群馬県医師会の参与に就任した。2014年(平成26年)には、日本医師会常任理事に選出された。そのほかにも公的な役職を兼任しており、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて内閣に設置された新型コロナウイルス感染症対策本部においては、2020年令和2年)より新型コロナウイルス感染症対策専門家会議構成員を務めている。

これまでの功績が評価され、2018年(平成30年)には藍綬褒章を受章している。

略歴[編集]

賞歴[編集]

  • 1992年 - 高崎准看護学校校長表彰[5]
  • 1994年 - 学校保健功労高崎市教育委員会表彰。
  • 2003年 - ぐんま小児保健賞。
  • 2005年 - 救急医療・救急業務功労者群馬県知事表彰。
  • 2010年 - 救急医療功労者厚生労働大臣表彰。

栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]