稲嶺進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲嶺 進
いなみね すすむ
生年月日 (1945-07-17) 1945年7月17日(72歳)
出生地 日本の旗 沖縄県国頭郡久志村(現:名護市字三原)
出身校 琉球大学法文学部
前職 地方公務員(名護市)
名護市教育長
所属政党 無所属
配偶者 稲嶺律子
公式サイト 稲嶺ススム後援会

当選回数 2回
在任期間 2010年2月8日 - 2018年2月7日
テンプレートを表示

稲嶺 進(いなみね すすむ、1945年昭和20年)7月17日 - )は、日本政治家。元沖縄県名護市長(2期)。

来歴[編集]

沖縄県国頭郡久志村(現:名護市字三原)生まれ。久志村立三原小学校、琉球政府立宜野座高等学校卒業。1971年(昭和46年)3月、琉球大学法文学部卒業[1]1972年昭和47年)1月、名護市役所に就職し、厚生課に配属される。その後、名護市総務部長や収入役を経て、2005年(平成17年)に名護市教育長に就任。以後4年間同市教育長を務める。2010年(平成22年)1月24日執行の名護市長選挙に「普天間飛行場県内移設反対」を掲げて出馬し、初当選した。同年2月8日、市長に就任[2]

2013年(平成25年)5月27日、翌年1月の市長選に再選を目指して出馬する意向を表明し[3]2014年(平成26年)1月19日投開票の名護市長選挙で再選[4]。同年2月、キャロライン・ケネディ駐日米大使と会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移転反対をあらためて表明したが、ケネディからは明確な回答は得られなかった[5]

名護市長選挙[編集]

2010年名護市長選挙

2009年(平成21年)の政権交代により誕生した民社国連立政権鳩山由紀夫内閣は、沖縄県宜野湾市普天間飛行場代替施設移設問題では県外・国外移設を主張し、民主党第45回衆議院議員総選挙マニフェストでも普天間飛行場の県外、国外移設を掲げていた。しかし、代替施設の建設先が決められないまま名護市長選挙を迎え、民主・共産社民国民新そうぞう沖縄社会大衆6党は名護市辺野古への移設に反対する前名護市教育長の稲嶺を擁立。1月24日に行われた市長選で稲嶺は辺野古への移設を容認する姿勢を示していた現職の島袋吉和(自民党公明党の推薦は受けなかった)を破り、初当選した[6]

稲嶺は当選後の会見で、「私は辺野古の海に基地を造らせないとの公約を信念をもって貫いていきたい」と発言した[6]1996年(平成8年)に、同市辺野古が、普天間基地の移設先に浮上して以来、稲嶺は初の移設反対派の市長である。

しかし、鳩山は2010年(平成22年)5月28日、日米両政府は普天間移設に関する共同声明を正式に発表し、移設先を同市のキャンプ・シュワブ辺野古崎地区とこれに隣接する水域とした。これに反発する稲嶺を支援するため「久辺3区 稲嶺進を支える会」が設立され、地元の合意を得るのは困難になるという声が出ている[7]。辺野古への移設を決定した日米共同声明の発表に沖縄県知事仲井眞弘多や稲嶺は不快感を表明した。

※当日有権者数:44,896人 最終投票率:76.96%(前回比:+1.98ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
稲嶺進 64 無所属 17,950票 52.31% (推薦)民主党共産党社民党国民新党沖縄社会大衆党政党そうぞう
島袋吉和 63 無所属 16,362票 47.69%
2014年名護市長選挙

2013年(平成25年)12月27日、沖縄県知事の仲井眞弘多が普天間飛行場の移設先である名護市辺野古の、政府の埋め立て申請を承認する意向を表明。さらに仲井眞は、翌年1月の名護市長選挙において辺野古への移設推進を掲げる末松文信(元沖縄県議会議員・名護市助役)への支持を表明した。これに対し稲嶺は、2010年の市長選に引き続き辺野古への移設反対を表明し、沖縄社会大衆党日本共産党社会民主党生活の党の推薦を受け、再選を目指して出馬。1月19日投開票の名護市長選挙において、自民党推薦の末松文信を4千票超の差で破り、再選[8]

※当日有権者数:46,582人 最終投票率:76.71%(前回比:-0.25ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
稲嶺進 68 無所属 19,839票 55.85% (推薦)共産党・生活の党・社民党・沖縄社会大衆党
末松文信 65 無所属 15,684票 44.15% (推薦)自由民主党
2018年名護市長選挙

2018年(平成30年)の任期満了に伴う名護市長選挙は、沖縄県宜野湾市普天間飛行場辺野古移設を着実に進めたい安倍政権と、反基地を貫く翁長知事率いるオール沖縄勢力との「代理戦争」として位置づけられ、同年秋に控える沖縄県知事選の前哨戦として両陣営は国政選挙並みの総力戦を展開し、全国的に高い注目を集めた[9]。 現職の稲嶺は2010年、2014年の市長選に引き続き辺野古への移設反対を表明し、社民党日本共産党自由党沖縄社会大衆党民進党立憲民主党の推薦を受け、再選を目指して出馬したが[10]、新人の渡具知武豊に得票率9.2%の差をつけられ落選[11][12][13][14]

※当日有権者数:49,372人 最終投票率:76.92%(前回比:+0.21ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
渡具知武豊 56 無所属 20,389票 54.6% 自由民主党公明党日本維新の会
稲嶺進 72 無所属 16,931票 45.4% 社民党・共産党・自由党・沖縄社会大衆党・民進党立憲民主党

政策[編集]

  • 市長2期8年の間、常に子どもを政策の中心にしてきたとし、子育て環境のさらなる充実を訴える[15]
  • 辺野古新基地について「海にも陸にも新しい基地は造らせない」との公約を堅持する[15]
  • ネオパークオキナワにパンダを誘致して、観光資源にすると表明している[16]上野動物園の赤ちゃんパンダ香香では200億円以上の経済効果があったように、一部の人からは経済効果が期待されているが、立地等の問題から否定的な声も多い。パンダの維持には年間3億円がかかるとされる[17]が、この3億円は税金ではなく民間の基金やパンダ株で賄う予定である。

人物[編集]

  • 市長就任前から10年近く、毎朝自宅近くの小学校前で交通安全指導を続けている[15]
  • 裏表のない性格で、頑固だが涙もろい一面もある[15]
  • 日課はジョギングで、マラソン後でも筋肉痛一つしない[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール | 稲嶺ススム後援会
  2. ^ “「移設問題に終止符打つ」 稲嶺名護市長、就任式で抱負”. 琉球新報. (2010年2月9日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-157169-storytopic-3.html 2013年6月18日閲覧。 
  3. ^ “名護市長選:稲嶺市長が出馬表明 普天間県内移設反対掲げ”. 毎日新聞. (2012年5月27日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/d4L8r 2013年6月18日閲覧。 
  4. ^ “選挙:沖縄・名護市長選 辺野古反対、稲嶺氏再選 国の振興策にノー 「名護の気概見せた」”. 毎日新聞. (2014年1月20日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140120ddm041010054000c.html 2014年1月20日閲覧。 
  5. ^ “名護市長、米大使に移設反対訴え 回答得られず”. 共同通信. 47NEWS. (2014年2月13日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021201002143.html 2014年2月14日閲覧。 
  6. ^ a b “新顔・稲嶺氏当選「辺野古に基地造らせぬ」 名護市長選”. 朝日新聞. (2010年1月25日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/SEB201001240006.html 2018年1月24日閲覧。 
  7. ^ 普天間移設:久志区が反対決議 「辺野古」合意にくぎ刺す - 毎日新聞(2010年6月14日)
  8. ^ “名護市長選:稲嶺氏再選 普天間移設先、地元のNO!”. 毎日新聞. (2014年1月20日). http://mainichi.jp/select/news/20140120k0000m010114000c.html 2014年1月20日閲覧。 
  9. ^ “安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」”. 産経新聞. (2018年1月14日). http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140018-n1.html 2018年2月5日閲覧。 
  10. ^ “名護市長選:辺野古問題「終止符を」 稲嶺氏が政策発表”. 沖縄タイムス. (2018年1月9日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192244 2018年1月15日閲覧。 
  11. ^ “渡具知氏が初当選 移設反対の現職破る”. 毎日新聞. (2018年2月4日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180205/k00/00m/010/076000c 2018年2月5日閲覧。 
  12. ^ “名護市長選、辺野古移設容認派の渡具知氏が初当選”. 日本経済新聞. (2018年2月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2651641004022018ACYZ00/ 2018年2月5日閲覧。 
  13. ^ “安倍政権支援の渡具知氏が初当選 「名護を変えての思い」”. 産経新聞. (2018年2月4日). http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040020-n1.html 2018年2月5日閲覧。 
  14. ^ “名護市長に新人・渡具知氏…移設反対の現職破る”. 読売新聞. (2018年2月4日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180204-OYT1T50148.html 2018年2月5日閲覧。 
  15. ^ a b c d e 名護市長選挙 候補者の横顔
  16. ^ “名護市長選:辺野古問題「終止符を」 稲嶺氏が政策発表”. 沖縄タイムス. (2018年1月9日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192244 2018年1月15日閲覧。 
  17. ^ “安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 ”. 産経新聞. (2018年1月14日). http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140018-n1.html 2018年1月15日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
島袋吉和
Flag of Nago, Okinawa.svg 沖縄県名護市長
2010年 - 2018年
次代:
渡具知武豊