鳩山内閣メールマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳩山内閣メールマガジン(はとやまないかくメールマガジン)[1]は、鳩山由紀夫内閣総理大臣の下で内閣官房内閣広報室から発行されていたメールマガジンである。

概要[編集]

小泉純一郎政権時代の小泉内閣メールマガジンから麻生太郎政権時代の麻生内閣メールマガジンまで四代の自由民主党政権に亙って日本国内閣からメールマガジンが発行されていたが、政権交代を果たした民主党の鳩山由紀夫政権下でも過去四代と同じく内閣メールマガジンが発行されることが2009年9月18日に内閣広報室より発表され、10月1日創刊準備号が[2]10月8日に創刊号が配信された。

原則として毎週木曜日に発行し、総編集長は内閣総理大臣:鳩山由紀夫自らが務めた。また編集長内閣官房副長官松野頼久が担当した。

2010年6月2日に鳩山が退陣を表明し、翌6月3日に第33号をもって終刊となった。約28万人に配信されていた[3][4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wikipedia日本語版においては鳩山由紀夫を総理大臣とする内閣の項目名を「鳩山由紀夫内閣」と表記しているが、内閣広報室によるメールマガジン表記は「鳩山内閣メールマガジン」であるため、本項もそれに従った。
  2. ^ 同日、鳩山由紀夫が従来より個人で発行していたメールマガジンは一時的に休刊する旨が発表された。2010年5月1日、システム上の仕様により休刊。
  3. ^ “内閣メルマガぷっつり、再開は代表選後?” (日本語). 読売新聞. (2010年8月21日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100821-OYT1T00719.htm 2010年8月21日閲覧。 
  4. ^ “菅内閣メルマガ、見通し立たず 発行するかどうかも不明” (日本語). 産経新聞. (2010年6月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100701/plc1007011630008-n1.htm 2010年8月21日閲覧。