金子みつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子みつ
かねこ みつ
生年月日 1914年4月30日
出生地 東京府
没年月日 (2005-08-14) 2005年8月14日(91歳没)
死没地 神奈川県茅ヶ崎市
出身校 聖路加女子専門学校(現・聖路加国際大学
前職 厚生省看護課長
東京大学助教授
所属政党 日本社会党
新社会党
称号 キリスト教功労者(1998年)

日本の旗 衆議院議員
選挙区 東京都第4区
当選回数 6
在任期間 1972年12月11日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

金子 みつ(かねこ みつ、1914年4月30日 - 2005年8月14日)は、日本の政治家。元日本社会党衆議院議員。本名は金子光。

来歴[編集]

東京都出身。女子学院卒業 聖路加女子専門学校(現聖路加国際大学)卒業。厚生省看護課長、東京大学助教授などを経て、1972年の衆院選で東京都第4区(中選挙区)より初当選。連続当選6回。1990年に引退するまで、社会党副委員長(86〜90年)などを務めた。1996年新社会党結成に参加した。

「九条科学者の会」呼びかけ人を務めていた[1]

1998年に、キリスト教界における長年の功績が認められ日本キリスト教文化協会よりキリスト教功労者の表彰を受けた。

2005年8月14日、心不全のため神奈川県茅ヶ崎市内の病院で死去。享年91。

脚注[編集]

  1. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)