菊川君子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊川 君子(きくかわ きみこ、1905年明治38年)9月18日[1] - 1990年平成2年)10月17日[2])は、日本の婦人運動家、政治家衆議院議員。旧姓・巽[1]

経歴[編集]

北海道亀田郡戸井村汐首(現函館市)で生まれる[1]1924年函館大谷女学校を卒業した[1][3]

その後上京して、看護婦見習いなど多くの職業に従事し、社会運動に関わるようになった[1][3]全国婦人同盟無産婦人同盟の結成に加わり、無産婦人同盟常任委員、同財務部長を務めた[1][3]1931年中野区中野組合病院の設立に尽力し、会計を担当した[1][3]

戦後、日本社会党の結党に加わり、婦人部員として運動を推進し、婦人問題研究会常任理事、東京家庭裁判所調停委員を務めた[1][3]1958年5月、洞爺丸事故で死去した夫・菊川忠雄[2] の跡を継ぎ、第28回衆議院議員総選挙東京都第四区から出馬して当選し、衆議院議員を一期務め、1960年民主社会党の結党に加わった[1][3]。この間、日本社会党政策審議会運輸副部長、民主社会党院内幹事、同生活協同組合連絡会議副議長などを務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『市民・社会運動人名事典』137頁。
  2. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』196頁。
  3. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』211頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。