政教分離を貫く会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

政教分離を貫く会(せいきょうぶんりをつらぬくかい)は、自自公連立政権下に自民党に結成された議員の勉強会。前身の憲法20条を考える会が自自公連立政権とともに事実上消滅したのを受け再結成。創価学会を支持母体とする公明党との連立に反対する議員が参加した。メンバーは当時小選挙区で公明党候補と競合していた議員が中心である。2000年2月17日結成。結成当時、連立を組む自由党や野党民主党の所属議員からも参加を望む声があった。自民党を離党した当事東京都知事の石原慎太郎も代表世話人としての参加を望んだものの、あくまで自民党内の勉強会であることを理由に自民党籍のない議員の参加を認めなかった。

組織とメンバー[編集]

上記9人とあわせて35人いたとされるが、「党内の弾圧を恐れて公開しない」とした。

関連項目[編集]