助川良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

助川 良平(すけかわ りょうへい、1921年1月[1] - 1959年6月15日[1])は、日本衆議院議員自由党自由民主党)。

経歴[編集]

福島県出身。父は衆議院議員を5期務め、農業政策の専門家として知られた立憲政友会所属の政治家・助川啓四郎

東京帝国大学法学部政治学科卒業。福島県議会議員を経て1953年第26回衆議院議員総選挙自由党公認で立候補し初当選[1]。以降連続3回総選挙に当選した[1]

父・啓四郎が農政を専門としていたことから、良平も農政のエキスパートとなり、自由党政調会農林部長・自由民主党産業局農林部長等を歴任した。

しかし1959年に入ってから病状が悪化し、福島県立医科大学附属病院に入院する。手術を受けたものの術後の経過が思わしくなく、6月15日に38歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和『助川 良平』 - コトバンク