江花静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江花 静(えばな しずか、1902年明治35年)12月2日[1] - 1966年昭和41年)7月25日[2])は、衆議院議員民主自由党自由党)。福島県若松市長

経歴[編集]

福島県出身。1922年大正11年)、高等学校高等科入学資格試験に合格[1]旧制第一早稲田高等学院に学んだ後、1928年(昭和3年)に高等試験予備試験に合格[1]1930年(昭和5年)に高等試験行政科に合格し、台湾総督府属となった[1]1935年(昭和10年)より地方警視となり、台南州高等警察課長台北州高等警察課長、同外事課長を歴任した[1]1940年(昭和15年)、地方事務官に転じ、大分県商工課長、栃木県庶務課長、同教学課長、同文書課長秋田県官房長、青森県経済第一部長などを務めた[1][2]

1945年(昭和20年)、若松市長に選出された。

1949年(昭和24年)、第24回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、福島県教育委員を務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十七年版』 日本官界情報社、1942年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1990年