唐橋東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

唐橋 東(からはし あずま、1912年9月1日 - 2012年4月26日)は、日本教育者政治家衆議院議員日本社会党公認、1期)、福島県喜多方市長(4期)などを歴任した。勲三等旭日中綬章

来歴[編集]

福島県耶麻郡高郷村(現・喜多方市)出身。福島師範学校専攻科福島大学人間発達文化学類の前身)卒業。地元で小学校教員中学校などをへて、福島県議を4期務める。その後、1967年総選挙において福島県第2区から社会党公認で出馬し初当選するも、再選を期した69年総選挙で落選。

1970年の喜多方市長選で、「過疎化の農村都市を暮らしよくしよう」をスローガンに、社会党のほか共産党、一部の保守系議員の支援を得て、保守系無所属の現職・山口俊三一騎討ちの末当選を果たし、同市では初の革新市政が誕生する。保守的な地域とされる会津地方にあって、市長を連続4期務めるが、5選を目指した1986年の市長選で自民党推薦の新顔・飯野陽一郎に敗れる。

市長在任中は教育者の経歴を生かし、国の重要文化財である熊野神社長床拝殿の復元や、小学校1校ごとに幼稚園付設制度を確立するなど、文教福祉行政で手腕を発揮した。

2012年4月26日、気管支肺炎のために逝去[1]。99歳没。

脚註[編集]

  1. ^ 元喜多方市長の唐橋氏死去 元衆院議員 福島民報 2012年4月29日閲覧

参考文献[編集]

関連事項[編集]