松江豊寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松江 豊寿
Matsue Toyohisa.jpg
生誕 1872年7月11日
福島県若松市
死没 (1956-05-21) 1956年5月21日(満83歳没)
東京都狛江市
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1894 - 1922
最終階級 陸軍少将
除隊後 若松市長
稚松会評議員[1]
テンプレートを表示

松江 豊寿(まつえ とよひさ、1872年7月11日明治5年6月6日) - 1956年昭和31年)5月21日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍少将。第9代若松市長

第一次世界大戦中に板東俘虜収容所所長を務め、在任中にドイツ人俘虜を人道的に扱い地元の住民とドイツ人俘虜を交流させた。この時、ドイツ人俘虜によって日本で初めてベートーベン交響曲第9番が演奏された。映画『バルトの楽園』の主人公としても知られる。

経歴[編集]

1872年6月に現在の会津若松市会津藩士警察官・松江久平の長男として生まれる。1889年(明治22年)16歳の時に仙台陸軍地方幼年学校入学後、1892年(明治25年)には陸軍士官学校(5期)に入学。1894年(明治27年)には22歳で陸軍歩兵少尉に任官される。

1904年(明治37年)には韓国駐剳軍司令官長谷川好道大将副官を任ぜられる。1907年(明治40年)に浜松歩兵第67連隊少佐に昇任、1908年(明治41年)には第67連隊大隊長、1911年(明治44年)に第7師団副官と順調に昇進を重ねる。日清日露戦争にも従軍した彼は1914年大正3年)1月には陸軍歩兵中佐となり、徳島歩兵第62連隊付となる。

俘虜収容所長時代[編集]

同年7月に第一次世界大戦が勃発。青島の戦いで日本軍に降伏したドイツ軍俘虜は、徳島や大阪など全国12ヶ所の収容所へ振り分けられた。それと同時に松江は同年12月徳島俘虜収容所長に任命される。1917年には12ヶ所の収容所が板東など6ヶ所にまとめられ、同年4月に板東俘虜収容所長となる。ここにおいて松江はドイツ人の俘虜達に人道に基づいた待遇で彼らに接し、可能な限り自由な様々な活動を許した。賊軍としての悲哀を味わった会津藩士の子弟に生まれた体験が、大きく彼の良心的な人格形成に影響したといわれる。

また、付近の人達と俘虜との交流や技術指導も盛んに行われ養鶏・養豚・野菜栽培から建築・設計まで広い分野で交流が行われたと言う。

1920年4月、第一次大戦終了に伴い板東俘虜収容所は閉鎖された。だが、俘虜たちは解放された後もここで受けた温かい扱いを忘れず「世界のどこに松江のような(素晴しい)俘虜収容所長がいただろうか」と語るほどだったと言う。

その後[編集]

1922年2月、少将となり軍を去った松江は、同年12月に第9代若松市長となる。若松市長を退任後、三六倶楽部常務理事を務めた。稚松会評議員。

1956年5月に東京都狛江市の自宅で死去。

年譜[編集]

親族[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『稚松会名簿』1937年12月
  2. ^ 『官報』第703号、大正3年12月4日。
  3. ^ 『官報』第1405号、大正6年4月11日。

参考文献[編集]

  • 横田新『板東俘虜収容所長松江豊寿』歴史春秋出版、1993年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。