山崎養世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまざき やすよ
山崎 養世
生誕 (1958-10-20) 1958年10月20日(59歳)
日本の旗 日本 福岡県
出身校 東京大学経済学部卒業
UCLA経営大学院修了
職業 実業家経済評論家
本来の表記は「山﨑養世」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

山崎 養世(やまざき やすよ、1958年10月20日 - )は、日本実業家であり、経済評論家である。総務省顧問、成長戦略総合研究所理事長。

様々な政策提言を行っており、高速道路無料化論者として知られる。

人物[編集]

1958年昭和33年)、福岡県生まれ。福岡県立修猷館高等学校[1]を経て、東京大学経済学部卒業。

大学卒業後は大和証券に入社し、国際金融デリバティブ証券化不動産投資年金運用投資信託などを担当した[2]。この間山崎が開発に携わった証券化投資信託商品 『ジャンボ・アルファ』は、1990年度日経金融新聞最優秀商品賞(日経金融新聞)を受賞している[2]カリフォルニア大学ロサンゼルス校でのMBAの取得を経て、1994年平成6年)にはアメリカ合衆国を拠点とする投資銀行ゴールドマン・サックス社に転じ、日本における資産運用業務の開始を担当した[2]。その後山崎は、日本国内外のゴールドマン・サックス社において要職を歴任し、日本では特に資産運用の重要性認知の啓蒙に注力した[2]

2002年平成14年)3月、ゴールドマン・サックス社を退社し、翌月に投票が行われた徳島県知事選挙に立候補した。結果は落選であり[3]、選挙後には経済評論家に転じ、個人事務所「山崎養世事務所」を設立した。2003年平成15年)11月、山崎が提案した、「高速道路無料化」、及び「郵政資金の中小企業への活用」が民主党マニフェストに採用されるとともに、民主党の閣僚予定者として国土交通大臣就任予定者に指名された[2]

2009年平成21年)10月には総務省顧問に就任したほか、同12月には株式会社成長戦略総合研究所(東京都千代田区)を設立して理事長に就任、金融、財政、国際経済問題等に関する調査・研究及び提言活動を行っている[2]

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『日本列島快走論~高速道路を無料にして日本再生へ~』(2003年)
  • 『高速道路はタダになる! 大人のための税金の絵本』(吉田寛との共著 2004年)
  • 『大逆転の時代 日本復活の最終処方箋』(2004年)
  • 『勝つ力 ビジネスの勝ち方は学ぶことができる』(2004年)
  • 『チャイナ・クラッシュ 中国バブルの崩壊後、日本と世界はどうなるのか』(2005年)
  • 『だまされるな!郵政民営化』(荒井広幸八木沢徹らとの共著 2005年)
  • 『マンガ 新・日本経済入門~中国がクラッシュするとき~』(監修 2005年)
  • 『米中経済同盟を知らない日本人』(2007年)
  • 『道路問題を解く~ガソリン税、道路財源、高速道路の答え~』(2008年)
  • 『次のグローバル・バブルが始まった!』(2008年)
  • 『日本「復活」の最終シナリオ 「太陽経済」を主導せよ!!』(2009年)
  • 『環東京湾構想―新たな成長と人間本来の生き方のために』(竹村真一との共著 2009年)
  • 『勝つ力―これからの時代、成功するための8つの鉄則 (文春文庫) (文庫)』(2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 東京修猷会 第562回二木会(2010年1月14日(木))
  2. ^ a b c d e f 山崎養世について 山崎オンライン、2010年7月10日閲覧
  3. ^ 投票結果は、大田正 160,656票、河内順子 143,637票、山崎養世 37,033票であった。山崎の住民票住所は東京都大田区田園調布であり、山崎自身には選挙権がなかった

外部リンク[編集]