自己啓発セミナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自己啓発セミナー(じこけいはつセミナー、Large Group Awareness TrainingLGAT)とは、「本当の自分を見つけ」「可能性を開く」「自己の殻を打ち破る」「心の癒し」「トラウマの解消」と称する講座である。狭義には、アメリカで設立された"Mind Dynamics"[1]から分岐した"est"や"Lifespring"の流れを汲んだセミナーのことを指す[2]コーチングは自己啓発セミナーを起源としており、自己啓発セミナーを推進した事業者や個人の多くが前世紀からコーチングへの事業転換を図った[3]。(詳細は「コーチング#歴史」を参照)

概略[編集]

自己啓発セミナーは、成功哲学を含むニューソートの流れを汲んだ積極的思考の思想、サイケデリックの実験から発展したヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントのセラピー技法、マルチ・レベル・マーケティングマルチ商法)系の人脈によって、1970年前後にアメリカで確立した。日本にもHoliday Magic社の日本進出[4]とともに1970年代の中頃に上陸した。

並行してアメリカで開発されたリーダー養成のための企業向け研修方式であるST(センシティビティ・トレーニング)が、受講中の自殺者や受講後の心身疾患を多発させて日本でも一挙に下火になったあと、1970年代に生まれたニューエイジ系の疑似科学が結びついて体系化され、事前に可否判断の情報を持ち得ず自己責任での受講となる個人向けセミナーとして通流した面が強いとされる[5]

近年の日本の事業者の中には、複数の事業や手法を兼ねてセミナーを存続させているところもあるが[6]、基本的な内容構成は変わらない。「ウィン・ウィン(ボース・ウィン)」、「パートナーシップ」、「コミットメント」などの用語で心理拘束を行い、勧誘プログラムでチャレンジ目標を手帳にスケジュール化させるなどの手法も依然として用いられている。また、NPO公益法人化を図った事業者もある。

影響[編集]

バブル経済のピークの頃から、セミナーの手法や勧誘を巡るトラブル、加えて催眠商法との関係がマスコミ報道で扱われるようになり、1994年にはST(センシティビティ・トレーニング)のときと同様、自己啓発セミナーでも受講中に自殺事件があったことを週刊アサヒ芸能が報道した。また、2001年2010年には受講中の死亡事故が起きたことが報じられている。2010年の事故では、昏倒した受講者をしばらく放置したとして、死亡した受講者の家族が、セミナーの経営者ならびにタイアップしていたマルチ商法の関係者を刑事告発した。

1999年に発生した成田ミイラ化遺体事件は、自己啓発セミナーの経営者が教祖化して起こした事件として認識されることはあまりなかったが、その後のX JAPANToshlなど、芸能人を巻き込んだスキャンダルがたびたび世相を騒がせたため、自己啓発セミナーの存在が社会的に広く認識されるようになった[7]。近年は経営セミナー等の宣伝を学者経営者評論家・スポーツ関係者などを使って行い、事業全体のイメージを維持する自己啓発セミナー会社が存在している[6]

脚注[編集]

  1. ^ 1968年にアレクサンダー・エベレットによって設立され、1970年にマルチ商法のHoliday Magic社に買収された。Holiday Magic社がアメリカで実質的に非合法化されたため解散している。
  2. ^ "Mind Dynamics"解散前の1971年に"est"が、解散と相前後する1974年に"Lifespring"が設立された。
  3. ^ 島津幸一とともに日本で初めて自己啓発セミナー事業を広めた"ロバート・ホワイトのエグゼクティブ・コーチング" - 同ホームページ。
  4. ^ MLM年表
  5. ^ 『自分探しが止まらない』清水健朗
  6. ^ a b 日本創造教育研究所のサービスアチーブメントのサービス一覧
  7. ^ LGAT(自己啓発セミナーに関する情報) ■自己啓発セミナーの歴史■

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]