第六共和国 (大韓民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯36度 東経128度 / 北緯36度 東経128度 / 36; 128

Centered taegeuk on a white rectangle inclusive of four black trigrams Centered taegeuk on a hibiscus syriacus surrounded by five stylized petals and a ribbon
標語: 홍익인간
(和訳例 : 弘益人間)(建国理念、デ・ファクト[1]
国歌愛国歌

Projection of Asia with South Korea in green
大韓民国の領土
首都
(かつ最大の都市)
ソウル
北緯37度33分 東経126度58分 / 北緯37.550度 東経126.967度 / 37.550; 126.967
公用語 韓国語
公用語 ハングル
民族  朝鮮民族[2][3]
住民の呼称
政府 単一国家 大統領制
共和国
 -  大統領 朴槿恵(2016年12月9日から職務停止中)
黄教安(大統領代行)
 -  国務総理 黄教安
 -  国会議長 丁世均
 -  大法院長 梁承泰韓国語版
立法府 国会
成立
 -  第六共和国憲法発効 1987年10月29日 
面積
 -  総計 100,210 km2 
38,691 sq mi 
 -  水面積 (%) 0.3 (301 km2/116 mi2)
人口
 -  2016年推計 50,801,405[4][5] (27th)
 -  人口密度 507/km2 (23rd)
1,313.1/sq mi
GDP (PPP) 2016年推計
 -  総計 $1.929 trillion[6] (13th)
 -  一人あたり $37,948[6] (28th)
GDP (MER) 2016年推計
 -  総計 $1.404 trillion[6] (11th)
 -  一人あたり $27,633[6] (27th)
ジニ係数 (2013年) 30.2 
HDI (2014年) 0.898 (17th)
通貨 ウォン (₩)
(KRW)
時間帯 韓国標準時 (UTC+9)
日付書式
  • yyyy년 m월 d일
  • yyyy. m. d. (CE)
道路 right側通行
ccTLD
国際電話番号 +82
大韓民国第六共和国
各種表記
ハングル 제6공화국
漢字 第六共和國
発音 チェユッコンファグク
テンプレートを表示

第六共和国(だいろくきょうわこく)とは、1987年6月29日民主化宣言に基づき、1988年から大韓民国で採用されている政体。1987年10月29日制定の第六共和国憲法に基づいている。

沿革[編集]

民主化宣言を受け、1987年10月29日国民投票で大統領直接選挙制を軸とする憲法改正が実現、同年12月の大統領選挙で新軍部出身の盧泰愚候補(民主正義党)が当選し、翌1988年2月25日に第13代大統領に就任することで第六共和国が正式発足した。

この間、一度も憲法改正されること無く、軍人出身から文民出身への交代、与党から野党への政権交代が平和裏に行われている。

歴代政権[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “A New Way of Seeing Country Social Responsibility” (PDF). Faculty of Philosophy and Social-Political Sciences (Alexandru Ioan Cuza University): 6. オリジナルのSeptember 25, 2013時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130925143746/http://www.fssp.uaic.ro/argumentum/Numarul%2010%20%282%29/Articol%20Cozmiuc.pdf 2014年1月16日閲覧。. 
  2. ^ No official data regarding ethnicity is collected by the South Korean government. At the end of 2015, approximately 4% of the population had a foreign nationality.
  3. ^ 지표상세. Index.go.kr (July 19, 2016). Retrieved on 2016-10-05.
  4. ^ Population Projections for Provinces (2013~2040) (PDF)”. Statistics Korea (2016年4月16日). 2016年5月20日閲覧。
  5. ^ Major Indicators of Korea”. Korean Statistical Information Service. 2016年9月9日閲覧。
  6. ^ a b c d South Korea”. International Monetary Fund (2016年). 2016年4月閲覧。