尹致暎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尹致暎
윤치영
제13대서울시장윤치영.jpg
1963年
生年月日 1898年2月10日
出生地 Flag of Korea (1899).svg 大韓帝国 漢城府宗路面典洞
没年月日 (1996-02-09) 1996年2月9日(97歳没)
死没地 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 李承晩秘書室長
所属政党 韓国民主党(1945,8)→無所属(1945,10)→大韓国民党(1948,11)→無所属(1958,12)→自由党(1960,1)→民主共和党(1963,2)
配偶者 李炳英、異恩惠
親族 尹致昭(兄)、尹潽善(甥)、尹致昊(従兄)、尹永善(甥)、李丙燾(義兄)、金性洙(姻戚)
サイン Signature of Yun Chi-young.svg

内閣 李承晩
在任期間 1948年8月 - 1948年12月

在任期間 1963年12月 - 1966年3月
テンプレートを表示
尹致暎
各種表記
ハングル 윤 치영
漢字 尹 致暎
発音: ユン・チヨン
日本語読み: いん ちえい
ローマ字 Yun Chi-Young
テンプレートを表示

尹 致暎(ユン・チヨン、: 윤치영1898年2月10日 - 1996年2月9日)は、大韓民国の政治家、外交官。韓国の初代内務部長官、フィリピン総領事、第2代駐フランス韓国公使、13代ソウル特別市長を務めた。

韓国初代大統領李承晩の最側近と朴正煕の側近であった。尹致旿は長兄、尹致昭は次兄、尹雄烈は伯父、尹致昊は従兄にあたる[1]尹潽善は致昭の息子で致暎の甥にあたるが、年齢は尹潽善が1歳年上である。号は東山(동산)、字は自能(자능)。日本名は伊東致暎

略歴[編集]

忠清南道を地元とする海平尹氏の一員として漢城に生まれる[2]中学校に通う傍らYMCA英語を学び、日本に渡って早稲田大学に入学。この間、日本留学生が起草した朝鮮2.8独立宣言に名を連ねたり中学校の同窓だった呂運亨の来日歓迎大会を主宰するなどして警察に逮捕されるが、叔父の尹致晟の日本軍での軍功もあって投獄は免れている。

李承晩と尹致瑛(1945年10月16日

その後、朝鮮に戻ると李承晩と知己になりハワイに赴いて独立運動に従事、更にアメリカ本土へ向かいプリンストン大学コロンビア大学ジョージワシントン大学アメリカン大学などへ遊学。研究活動の傍ら、大韓民国臨時政府の一員として朝鮮人移民の組織化や欧米諸国への宣伝や東亜日報の取材、『三一新報』の発行・編集に関わる[1]1937年に朝鮮へ戻るが臨時政府との関わりを問われて逮捕され、黙秘したまま釈放されるも当局に監視される状態が続いた。1938年の興業倶楽部事件で逮捕され、起訴猶予処分で釈放された後、親日に転向し、朝鮮臨戦報国団の評議員、国民動員総進会の中央指導委員を務めた[1]

戦後、独立機運が高まると韓民党に創党発起人と総務部役員として参加し外務部部長となり、その後李承晩の秘書室長として右派政治勢力の結集に動き[1]大韓民国憲法の起草に参加。初代内務部長官や国連特別派遣大使を務めたが、その後は与党主流から外れ四月革命後に成立した第二共和国に対しても否定的だった。5・16軍事クーデターを経て朴正煕政権が成立すると民主共和党(以下、共和党)に入党、共和党議長や第13代ソウル特別市長(1963年12月~1966年3月)を歴任した。晩年は李承晩の復権に尽力している。

著作[編集]

  • 尹致暎の20世紀:東山回顧録
  • 建国青年運動史
  • 民族の行く道

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 윤치영(尹致暎)”. 韓国民族文化大百科事典. 2022年8月9日閲覧。
  2. ^ 대한민국헌정회”. rokps.or.kr. 2021年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献・外部リンク[編集]

公職
先代
(初代)
大韓民国内務部長官
初代:1948年8月 - 1948年12月
次代
申性模
先代
尹泰日
ソウル特別市長
第13代:1963年12月 - 1966年3月
次代
金玄玉