親日派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本が出資した朝鮮, 京城-釜山鉄道開業式典(1901年)

親日派(しんにちは)とは、一般に、親日の外国人[1]を指す。この意味における「親日派」については「親日」「知日派」を参照のこと。

ここでは韓国北朝鮮の2国における差別対象、処罰対象である親日派チニルパ: 친일파, : Chinilpa)について述べる。韓国と北朝鮮の2国においては、「親日派」は彼らの主張するところの歴史的経緯から反民族行為者、売国奴などの否定的な意味合いで使用される。否定的意味を持たない意味の「日本通」という意味では「博日派(パギルパ、박일파)」「知日派(チイルパ、지일파)」などの語が用いられる。[要出典]また、政治的意味合いは無いものの否定的意味合いを持つ「日本のアイドルやアニメなどの熱狂的なファン、オタク」という意味では「イルパ(일빠)」と言う語が用いられる。日流も参照。

朝鮮語における親日派[編集]

由来[編集]

日本外務省外交史料館等の資料を検索する限り、朝鮮半島地域において明治後期から大正昭和(終戦前)までは現在の親日派の意味での報告は無い[2]。初代韓国大統領李承晩政権の施行した反民族行為処罰法(1948年9月 法第3号)に代表される猛烈な反日キャンペーン[3]によって親日派=反民族行為者認定と排斥から発生し[4]、1960年代に活躍した在野の研究者林鐘國の『親日文學論』で明確な親日行為と親日派の定義を与えているのが韓国出版物での初見である。なお、林鐘國の遺志を継ぎ設立されたのが民族問題研究所、及び統一時代民族文化財団とその傘下の親日人名辞典編纂委員会[5]であり、盧武鉉大統領指名の政府委員会である親日反民族行為真相糾明委員会とも構成人員で重複している部分がある。また、同委員会の構成員の中に父親が旧陸軍の憲兵だったなど親日派を糾弾するには余りに杜撰すぎる編成、そして事後法ではないかという批判も根強い。

親日派研究として李光洙等の研究が本格化するのは1990年代に入ってからである。

定義、用法[編集]

朝鮮語においては親日は日本語における字義どおりの意味ではなく反民族的な響きを伴う[6][7]。意味としては日本語でいう売国奴非国民に近い。

韓国では公的、狭義には日露戦争以降、日本統治時代における開化派一進会のメンバーなどを親日反民族行為者とし、また、より広義、一般的な意味としては、韓国と日本が戦うとき、日本の肩を持つ日本びいきの人のことを指す[8]とされる。前者の意味するところは日本語の売国奴に等しいが、後者の場合でも通常反民族的行為と捉えられる。

日本統治時代以降の人物でも日本の統治を肯定・賞賛・賛美したり、領土、慰安婦、教科書、海外遠征売買春など日韓で問題となっている事柄について、日本寄りの意見や、韓国・朝鮮においてみなされる日本人の右派と同様の発言をしたり(『良心的韓国知識人』)、韓国の冷静さに欠ける行為を日本と比較し意見すると親日行為ととられ批判の対象となる。特に、日本の統治を肯定的に捉える意見を述べた、金完燮呉善花韓昇助といった人たちは新親日派とも呼ばれる[9][10][11]新右翼ニューライトグループも韓国併合を肯定するなど、親日派である。

韓国政界においては過去の日本統治協力的行為を槍玉に挙げ政敵を攻撃する場面がしばしば見られる[12][13]。先祖によるものであっても実際に親日反民族行為が確定すれば失脚は免れない[14]北朝鮮系WEBサイト「我が民族同士(ウリミンジョクギリ、우리민족끼리)」は、2006年に自民党の招きで来日した朴槿恵を、「日本の歴史歪曲と独島への野望などに言及しなかったことは親日売国行為である」と批判した[15][16]。また、「東海を『平和海』とすることも検討できる」と述べた盧武鉉大統領も親日と批判された[17]

韓国政界だけでなく、芸能界でも親日や倭色は避けるべきタブーとされる[18][19]。『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』を著した趙英男は、産経新聞とのインタビューで竹島や教科書問題の対応は「日本の方が一段上」と述べたことや、2005年に制定された島根県の竹島の日でさらに高まっていた反日感情のあおりを受け、テレビの司会を降板し親日発言を謝罪した[20][21]

さらに、2008年韓国蝋燭デモにおいてデモ隊に反対し一人デモをした学生が親日派と罵られるなど、反民族行為とみなされれば日本に関連していなくても用いられる[22]

一方、似たような意味の朝鮮語としてイルパ(일빠、ilppa、빠は漢字の派には対応していない[23])がある。これは、盲目的な熱狂的日本ファンを指し、通常、これに「民族意識を喪失した無思慮な」という意味が付け加えられる[24]。親日派とは語源を異にしているが同様に警告的・侮蔑的な意味で用いられる。一方、イルパでは無思慮さ・無分別さに重点が置かれ、通常政治的、歴史的な意味合いは薄い。

現在の日本に好感を抱いている、あるいは親しみを感じているという人は、少なからずいるとされ、日韓関係の改善により年を経るごとに増加中であるとされてきたが、現在では減少しているという、韓国の有力新聞・中央日報の調査による統計もある[25]

日本留学経験などがあり、日本との人脈、日本への造詣が深く、日本の立場には立たないが、盲目的に批判せず日本を評価し理解を示す人たちは知日派と呼ばれ、親日派とは区別される[26][27][28]国際交流基金川越市他共催の第38回・外国人による日本語弁論大会において、『隣の韓国人』を発表した李尚洛(イ・サンラク)のスピーチでも知日派という使用がみられる。また、日本文化、日本人タレントに熱狂するといったような文化面での親日感情を示す若者はイルパと呼ばれ、反民族的とみなされる親日派とは異なった扱いを受ける。

親日反民族行為者清算[編集]

1948年8月の大韓民国政府樹立後、反民族行為処罰法を制定、1948年10月1日には同法に基づき反民族行為特別調査委員会(反民特委)を設置した。しかし、親日派の経歴がある警察幹部らが逮捕されるにいたると、李承晩大統領は1949年6月にソウル市警により、反民特委の事務所を包囲、所属の特警隊を解散させた。その後、反民族行為処罰法が改正されると反民特委の調査委員らが7月に総辞職した。8月、公訴期限が完了、408件の令状が発付された。9月、反民特委調査機関特裁附隨機関廃止法案が可決され、12月には反民族行為裁判機関臨時組織法案が可決された[5]

反民族行為特別調査委員会(1949年)

特別裁判機関には559件が渡され、このうち221件が起訴された。特別法廷はこのうちの38件を審査し、死刑一件を含む12人に有罪判決を下し刑を執行した。その他のうち、18人は公民権を停止され、他6人は無罪、残り2人は有罪だが刑の執行は免除された。しかし、最高裁は朝鮮戦争直前の1950年3月、死刑執行を停止した[29]。このような背景から、日本統治時代の反民族行為者の清算が不完全であると考える者も多かった。

2002年2月28日韓国国会民族精気議員の会」が親日派708人名簿を発表する[30]2004年3月2日には、それまで何度も不成立となっていた親日反民族特別法盧武鉉政権を生んだ親北的、民族主義的な政治情勢の元で成立した。日本では韓国に批判的な勢力がこれを冷ややかに受け止めているが、韓国内ではこれを過去清算の一環として支持するもの、傍観するもの、実質的な事後法による処罰であるとして批判する者などもおり反応は様々である。

歴史的な人物に関しては李完用洪思翊などは大韓民国政府によって親日反民族行為者と認定されている[31]。しかし判定方法には以下の新聞記事によればいい加減な方法であるとの指摘もある[32]。この法律に対して韓国のメディア[33]などから事後法ではないかとの批判がある[要出典]親日派というのはほぼ市民権の剥奪に近いため、この法が適用される対象となる個人に対しては韓国国民も同情的である[要出典]

2005年には親日派に認定された人物が植民地支配への協力によって不正に入手したとされる財産を没収するための「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」が成立している。これら親日派と認定された人物はそのほとんどが死去しており、実際にはその子孫からの財産没収となる。そのため、財産権の侵害や親族への連座制ではないかとの指摘もある。韓国大統領選にて盧武鉉の政策とは逆に北朝鮮に厳しい態度を示していた朴槿恵が有力な大統領候補となって盧武鉉の対抗馬となったため、盧武鉉は朴槿恵の父親である朴正煕元韓国大統領が日韓併合の時代満州国の将校を務めていたことに焦点を当てて、この法によって朴槿恵を「親日派の娘」として攻撃する意図があると韓国の評論家から指摘され、過去に韓国を作り上げた人物を「親日派」として貶め、北朝鮮に追従し続けようとする盧武鉉への批判も高まった[34]

前述の趙英男や『親日派のための弁明』を著したことで韓国内で猛烈な非難を浴びた上に名誉毀損と外患煽動の容疑で告訴され一時逮捕された金完燮のように親日派を自ら名乗る人物も現れた。下記のように親日派であるのを理由として迫害を受ける傾向にある。

2005年8月には、韓国の民間団体民族問題研究所とその傘下の親日人名辞典編纂委員会が独自に認定した日本統治時代の親日家3,090人の実名を記したリスト本が出版され[35]、このリストの中には韓国の知識人が多く含まれている。例えば大韓民国陸軍参謀総長、韓国首相、国会議長を務めた丁一権大韓民国国軍初の大将白善燁、大韓民国陸軍少将金錫源、これらの3人は朝鮮戦争の三大英雄と言われる元日本軍憲兵将校である。他には東亜日報の創立者金性洙朝鮮日報の社長だった方應謨、大韓民国大統領朴正熙太極旗を考案した李氏朝鮮の政治家朴泳孝、現行の1万ウォン札に使われている世宗の肖像画を描いた韓国画家の金基昶韓国語版)、大韓民国国歌を作曲した安益泰などが含まれている。そのためか実名を公表された人物や遺族から反発を受けている。朝鮮最初の芸術歌曲の『鳳仙花』の作曲家の洪蘭坡は『親日派』と言われていたが華城村では尊敬の対象とされ、音楽家の子孫は洪蘭波たくさんの資料を持っているが、『親日派』の烙印を押されるのを恐れて公開しなかった。このリストの選考基準の客観性に疑問を投げかける論者もおり、李栄薫教授は『日帝時代に文明について学習した人たちや、韓国に現代文明を根付かせた人物たちをすべて否定するものだ。』と唱えていた[36]

政府レベルとしては2006年12月6日、親日反民族真相糾明委員会が106人を記した名簿を確定し、2007年5月2日に日本の植民地統治に協力した李完用宋秉畯高永喜李載克趙重應権重顕ら「親日派」9人について、その子孫らが所有する土地などの財産(時価36億ウォン相当/日本円にして約4億8000万円)を没収することを決定した(ただし先述の親日反民族特別法等の様にこれらの行為は大韓民国憲法における第13条第2項及び3項(いわゆる法の不遡及)、第17条~19条(秘密と自由を保障する条文)に反する。なお大韓民国ではこれ以前にも光州事件特別法に関して大統領のみ在任中の時効を停止するなど事実上罪を遡及させた事例がある)[37]。2010年7月に調査委員会は168人を親日派と認定、子孫が相続した土地など2373億ウォン(約180億円相当)を没収、国有化させるという結論を出した[38]

金佐鎮の子孫である親朴連帯国会議員金乙東は、親日的人物の子孫は政府機関の要職に任命してはいけないと主張しており、韓国のインターネット上では公論化され実現されるべきであると支持されている[39]

韓国における親日派報道[編集]

北朝鮮における親日派[編集]

  • 親日派は変節者とされ、終身収容所に収容されることになっている[40]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安倍内閣 (2007年8月15日). “衆議院議員鈴木宗男君提出外務省による海外の親日派増加作戦に関する質問に対する答弁書”. 衆議院. 2010年7月1日閲覧。
  2. ^ 倭大臣、倭臣等称されていた記述がある。ここでいう倭(わ、ウェ、)とは文化の遅れたことを含む日本への蔑視表現である。
  3. ^ 例えば親日派と認定された洪思翊の長男である洪国善氏は早稲田大学を卒業後、朝鮮銀行に勤務していたが、当時の李承晩大統領の直接命令により、辞職させられている。
  4. ^ 関連文書では当初反民族行為とあり親日派という表現とはなっていない。参考文献「朝鮮の親日派-緑旗連盟で活動した朝鮮人たち-」(著 高崎宗司)を参照。
  5. ^ a b 親日人名事典編纂委員会委員長の李万烈が第1次国民公聴会(2001年12月2日)で発表した親日派の定義は親日派の概念と範疇(日本語翻訳)を参照。これによると1940年代に作成された北朝鮮の民主主義民族戦線の親日派規定が概念と範疇定義の起源と思われる。
  6. ^ チョ・ヒチョル、『韓国語・辞書にない俗語慣用表現』、白帝社、2004年6月 ISBN 4891745916
  7. ^ 李尚洛、隣の韓国人、外国人による日本語弁論大会(第38回)、国際交流基金、1997年6月21日。
  8. ^ 【コラム】趙英男氏が親日派なのか朝鮮日報、2005年4月27日。
  9. ^ (朝鮮語) 박래부 칼럼) 吳善花라는 일본 여교수(呉善花という日本の女教授)韓国日報、2006/09/18。参考日本語訳
  10. ^ (朝鮮語) 일본속 한국인…신(新) 친일파의 정체를 밝힌다(日本の中の韓国人…新親日派の正体を明らかにする)世界日報、2006年8月13日。参考日本語訳
  11. ^ 黒田勝弘『ソウルの風』この夏韓国マスコミを賑わせる「新・親日派」と「反日帰化人」、『SAPIO』、 2006年9月27日号。
  12. ^ 例えば「鄭東泳の父は金融組合に勤務した親日」…李明博候補側が攻撃中央日報、2007年10月19日
  13. ^ ハンナラ党、金希宣議員の実父の親日疑惑を調査, 中央日報, 2005.07.10.
  14. ^ 辛議長、実父の日本軍服務で辞任, 中央日報, 2004.08.19.
  15. ^ (朝鮮語) 사이트, 박 대표 방일 맹비난聯合ニュース、2006年3月12日
  16. ^ (朝鮮語) 박근혜 방일, 한나라 ‘의미’·여당 ‘불만’·북한 ‘친일매국’데일리 서프라이즈(デイリーサプライズ)、2006年3月13日。
  17. ^ 「大統領選挙で盧武鉉に1票投じました。すみません」, 中央日報, 2007.01.08.
  18. ^ 朴賛郁監督「韓国映画のタブーは親北と親日」朝鮮日報、2006年4月10日。
  19. ^ (朝鮮語) 한국 연예인이 해서는 안될 3가지 금기、STARNEWS、2007年9月18日。参考日本語訳
  20. ^ “趙英男氏「発言の内容が歪曲された」”. 朝鮮日報. (2005年4月25日). http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/25/20050425000021.html 2010年3月2日閲覧。  趙は「産経新聞による記事捏造」と主張している。
  21. ^ 「取り上げたこと自体ミスだった」 趙英男さんが親日発言騒動を謝罪朝鮮日報、2005年6月17日。「親日発言を深く謝罪」中央日報、2005年6月16日
  22. ^ (朝鮮語) (문화마당) 문화적 차이의 의미/김성곤 서울대 영문학 교수·문화평론가, ソウル新聞, 2008-06-12. 参考日本語訳
  23. ^ 自動翻訳では일빠が日派と翻訳されることがあるが、빠(ppa, bba)は猛烈ファン、激烈ファンを卑下して呼ぶスラングで、파=派のような党派、グループ、派閥の意味は無い。詳しくはko:빠参照。
  24. ^ (朝鮮語) ˝우리가 일본을 좋아하는 것은 아니야˝、Voice of People、2007年4月13日。参考日本語訳
  25. ^ 周辺5カ国で好きな国(2006-05-18)。
  26. ^ 韓日戦、知日派選手の活躍に期待(2003.04.15)
  27. ^ 韓国「政権安定」へ閣僚交代 警察庁長官に知日派・金碩基氏, 産経新聞, 2009.1.19.
  28. ^ 駐日韓国大使に趙次官 知日派の外交官, 産経新聞, 2008.2.19.
  29. ^ “Pro-Japan collaborators list sparks controversy” (英語). コリア・タイムス. (2005年8月29日). http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/news_view.asp?newsIdx=2700458 2010年3月2日閲覧。 
  30. ^ “今日の歴史(2月28日)”. 聯合ニュース. (2009年2月28日). http://s04.megalodon.jp/2009-0421-1939-44/japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/02/06/0200000000AJP20090206004000882.HTML 2010年3月2日閲覧。 
  31. ^ “親日派名簿を公開 朴元大統領ら第1次3090人”. 世界日報. (2005年8月29日). http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/050829-185056.html [リンク切れ]
  32. ^ “친일인명사전, 그들만의 잔치(親日派名簿、彼らばかりの宴)” (朝鮮語). 朝鮮日報. (2005年8月19日). http://www.chosun.com/national/news/200508/200508190093.html 2010年3月2日閲覧。 
  33. ^ “親日財産還収法、成立は時間の問題”. 朝鮮日報. (2005年4月19日). http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/19/20050419000051.html 2010年3月2日閲覧。 
  34. ^ 2007年5月13日 TBS報道特集「親日派」糾弾問題
  35. ^ 、以下の新聞記事による。
  36. ^ ハ・テギョン(開かれた北朝鮮放送代表)『「親日派清算」基準、厳格にすべき』(1)(2)(3)中央日報、2009年11月11日
  37. ^ 親日派9人・36億ウォンの土地が国家帰属へ(中央日報日本語版 2007年05月02日)
  38. ^ 「親日行為者」の土地、182億円相当を没収(読売新聞 2010年7月12日)
  39. ^ “金乙東議員「現政府親日子孫人物」批判”. 中央日報. (2009年7月21日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=118175&servcode=200&sectcode=200 2010年3月2日閲覧。 
  40. ^ 脱北者の悲痛な訴え、弁護士協会が人権白書(朝鮮日報 2008年10月13日)

参考文献[編集]

  • 朝鮮語辞典(編集:小学館、金星出版社) ISBN 4095157011
  • 韓国語・辞書にない俗語慣用表現(著:チョ・ヒチョル)(白帝社) ISBN 4891745916
  • オンライン辞書
  • 親日派のための弁明(著:金完燮、訳:荒木和博、荒木信子)(扶桑社)
  • 朝鮮半島を見る眼―「親日と反日」「親米と反米」の構図(著:朴一)(藤原書店) ISBN 4894344823
  • 僕が親日になった理由(著:金智羽)(夏目書房) ISBN 4860620275
  • ソウル城下に漢江は流れる―朝鮮風俗史夜話(著:林鍾国)(平凡社) ISBN 4582474187
  • 「朝鮮の親日派-緑旗連盟で活動した朝鮮人たち-」(著:高崎宗司)(『岩波講座 近代 日本と植民地6 抵抗と屈従』岩波書店) ISBN 4000104861
  • 『親日文學論』(林鍾国)(平和出版社、ソウル)1966年7月
    大村益夫譯 高麗書林 1976年12月(ISBN NA)
  • 『禁じられた歌』(田月仙)(中央公論新社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]