間島特設隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

間島特設部隊(かんとうとくせつぶたい、通称 間島特設隊 朝鮮語간도특설대/Gando Teugseoldae)は、かつて満州国に存在した朝鮮人部隊

概要[編集]

それまでの1935年(昭和10年)に設置された朝鮮人国境監視隊が解体され国境警察に編入されたことを受け、そこの下士官を基幹要員として満州国軍隷下として1938年(昭和13年)12月(1939年3月とも[1])に間島省明月溝で創設された。おもに間島地域で徴募された朝鮮人兵士により組織され、士官は隊長と中隊長の一部が日系軍官で、それ以外は満州国軍官学校で教育を受けた朝鮮人士官が配属された。所属は満州国軍であったが、部隊の建設や教育、また作戦への投入はすべて日本軍の支配下にあった。編成当初の指揮官は染川一男少校で、部隊本部と第1、第2連、機関銃連で編成され、総兵力は360名であった[1]。のちに2個歩兵連、機迫連の編制となった。機迫連は重火器中隊で、重機関銃迫撃砲を装備して歩兵の支援に当たる。歩兵分隊も優秀なチェコ製軽機関銃(ZB26)を装備するなど、当時の日本軍に勝る火力を持つエリート部隊であった。植民地軍の性格を持つ部隊であったが、日本軍の対ソ攻勢計画の一翼を担う任務を与えられていた。これは同年に起こった張鼓峰事件の戦訓を取り入れたもので、対ソ戦の際には単独でソ連領内に浸透し、破壊工作などの特殊作戦に従事する予定であった。対ソ戦は実現しないまま、部隊は間島地域でのゲリラ討伐戦に投入された。抗日勢力の掃討を目的とした[2]

1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで、日本の野副討伐隊の討伐作戦に参加し、その働きぶりは日本軍からも「常勝の朝鮮人部隊」[1][3]と高く評価され朝鮮人独立運動勢力の掃討に貢献した。昭和19年には満州国軍北支那臨時派遣隊(鉄石部隊、加藤泊治郎中将)直轄として戦局が悪化した華北戦線に投入され[4]、日本軍の一翼として八路軍系の中国軍と戦った。終戦時は鉄石部隊に配属されて北支の治安戦に従事[1]。部隊は第二次世界大戦終結にともない解体されたが、この部隊出身の士官は、初期の大韓民国陸軍で重要な地位を独占した[3]。連隊長クラスや将軍にまで昇進したものも多く、大韓民国建国後の反乱鎮圧や共産系ゲリラ討伐に活躍し、後の朝鮮戦争でも戦った。李承晩によって優遇されていた独立運動出身者率いる部隊は朝鮮戦争で米軍支給の武器を棄てて逃亡、北朝鮮軍に相次ぐ韓国軍から鹵獲した武器で味方が死傷者を出していた。アメリカを中心とする国連軍参戦後も独立運動家出身者が率いる韓国軍部隊が北朝鮮側に戦線の穴として積極的に狙われた。李承晩大統領は独立運動出身者率がいる部隊の相次ぐ敗北を受けて、日本に関わる軍隊にいた朝鮮人政策を転換した。前線に投入された実戦経験のある朝鮮人らは朝鮮戦争で活躍し、李承晩から一定の評価を得て救国の英雄になった。間島特設部隊出身者も同様に実戦経験が乏しい独立運動家の代わりに実戦で活躍して韓国を救った。そのため、李承晩も戦争後は彼らの優秀性を認めて冷遇政策をやめた。白善燁将軍も李承晩大統領も独立運動出身者ら重用したままでは韓国は滅亡してしまうと理解し、現実的な政策に転換したことで韓国滅亡による朝鮮半島共産化を回避出来たと述べている[5]

隊長[編集]

  • 初代 染川一男少校
  • 2代 渡辺捨五郎少校
  • 3代 園部市二郎少校
  • 4代 佐々木五郎少校
  • 5代 柴田清少校
  • 6代 藤井義正少校

所属した人物[編集]

満州国陸軍軍官学校

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 藤田 2004, p. 189.
  2. ^ ハン・スンドン (2013年3月10日). ““抗日武装軍”を討伐したその手で大韓民国の要職を接収”. ハンギョレ. http://japan.hani.co.kr/arti/culture/16885.html 2015年7月24日閲覧。 
  3. ^ a b c d ハン・スンドン (2013年3月10日). ““抗日武装軍”を討伐したその手で大韓民国の要職を接収”. ハンギョレ. http://japan.hani.co.kr/arti/culture/16885.html 2015年7月24日閲覧。 
  4. ^ 藤田 2004, p. 185.
  5. ^ 白善燁 著『若き将軍の朝鮮戦争』p104(草思社2000年
  6. ^ a b c 白善燁 『若き将軍の朝鮮戦争』 草思社〈草思社文庫〉、2013年、96頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]