丁一権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丁 一権
PM Chung.jpg
生誕 1917年11月21日
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ウスリースク
死没 1994年1月17日(満76歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州
所属組織 満州国軍
大韓民国陸軍
軍歴 1937 - 1945(満州国軍)
1946 - 1957(韓国陸軍)
最終階級 陸軍大尉[† 1](満州国軍)
陸軍大将(韓国陸軍)
除隊後 外交官、政治家
墓所 ソウル特別市
テンプレートを表示
丁一権
各種表記
ハングル 정일권
漢字 丁一權
発音: チョン・イルグォン
日本語読み: てい いっけん
ローマ字 Jeong Ilgwon
テンプレートを表示

丁 一権(チョン・イルグォン、1917年11月21日 - 1994年1月17日)は、大韓民国陸軍軍人政治家創氏改名時の日本名中島 一権(なかじま いっけん)。本貫羅州丁氏は淸史(청사)。

人物[編集]

中学時代の友人と撮った写真。最前列に座っているのが丁一権。後列左が社会運動家の張俊河、中央がクリスチャンで民主化運動指導者の文益煥韓国語版牧師、右が詩人の尹東柱

1917年11月21日、両親が入植していたロシア沿海州ウスリースクで生まれる。

父親は帝政ロシア極東軍で通訳を務めていたという。ロシア革命が起こると父親は解任され、父母の故郷である日本統治下の朝鮮半島、咸鏡北道慶源郡に戻ってきた。1930年春、満州国間島省龍井の永信中学校に入学。家は貧しく、豆満江に渡り荒れ地を開墾し、中学の学費は牛乳配達などで丁一権自身が捻出した。在学中の1934年5月に中学校が合併され、合併先の光明中学校を卒業した。

中学校で成績優秀であったことから推薦を受け、奉天満州国軍官学校に入学。1937年9月、卒業(第5期)。任少尉。同期に金燦圭(のちの金白一、韓国陸軍中将)、申鉉俊(のちの韓国海兵隊中将、外交官)など。成績抜群につき日本陸軍士官学校に留学し、騎兵55期卒相当。1944年、日本の陸軍大学校にあたる陸軍高等軍事学校に第2回学生として入校[1]太平洋戦争終戦時は満州国軍憲兵大尉。

光復前後[編集]

終戦後、在満朝鮮人の生命と財産を保護するための居留民団が組織され、そのうちの一つである新京保安司令部の司令官となった[2][3]ソビエト連邦KGBに連行され、モスクワに留学して6ヵ月間再教育を受けることが決まるも、適性がないとされたため乗せられたシベリア行きの列車から脱走した。


朝鮮戦争[編集]

智異山地区戦闘司令部開設直後(1949年3月1日)

復員後は平壌に戻ったが、共産化したことから身の危険を感じ、白善燁の弟である白仁燁と共に1945年末に越南[4]。1946年1月15日付けにて軍事英語学校卒。軍番5番。任大尉。ただちに南朝鮮国防警備隊にてソウルと京畿道を担当する第1連隊のB中隊長[5]

1946年5月、第4連隊長。1947年1月、陸士校長。1947年9月、南朝鮮国防警備隊総参謀長[6]

1948年8月、作戦参謀副長。1949年2月、陸軍准将。1949年3月1日、智異山地区戦闘司令部司令官。南労党パルチザン討伐に従事[7]

朝鮮戦争勃発時はアメリカ各地を視察中であったが、命令により帰国している途上のハワイにて変事の報を聞く[8]。ただちに帰国し、首都陥落の責任を問われて解任された蔡秉徳の後を継ぎ1950年6月30日に大韓民国陸軍参謀総長に就任。任少将。1950年7月より3軍総司令官。大韓民国陸海空軍を総指揮した。1951年6月、国民防衛軍事件居昌事件の監督責任から参謀総長を辞任。1951年、中将昇進と同時にアメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学。修了後、帰国した。

1952年7月、第2師団長。1952年11月、アメリカ第9軍団副軍団長。1953年2月、第2軍団長。朝鮮戦争休戦後の1954年2月、任大将、陸軍参謀総長。1953年6月、合同参謀会議議長[9]

1957年、予備役編入[10]

政界にて[編集]

1957年6月、駐トルコ大使。1959年、駐フランス大使。1960年、駐アメリカ大使[11]

1975年頃

その後は政治家として、外務部長官(第11代・13代)や国務総理(第9代・第三共和国)を歴任。国務総理時代にはサッカリン密輸事件について国会で質問していた金斗漢韓国独立党)による国会汚物投擲事件に見舞われている。

1971年からは与党民主共和党国会議員を連続3期(第8代・9代・10代)務め、1973年から1979年の第9代国会では議長を務めた。

後半生[編集]

1991年3月、リンパ癌治療のためにアメリカのハワイ州にて療養。1992年に民主自由党常任顧問に任命。1992年の第14代韓国大統領選では金泳三を支持して遊説を行った。1993年に鄭仁淑の子供が丁一権に対する親子確認訴訟をソウル地方裁判所に提訴。しかし持病悪化により病気治療出国し、1994年1月にハワイ州ストラウブ病院に入院。1月17日、死亡した。遺体は飛行機で帰国し、1月22日午前、国会議事堂前で告別式が行われ、ソウル市内の国立墓地に埋葬された。

なお、同じ中学校に通っていて、1994年1月18日に死亡した文益煥(ムン・イクファン)牧師[† 2]と、その生き方の違いが大きく報道された。文益煥は民主活動家としてたびたび投獄され、獄中生活は7回11年に及んだ。

チョン・インスク(鄭仁淑)殺害事件[編集]

評価[編集]

満州国軍将校の経歴により、2008年民族問題研究所で親日人名辞書に収録するために整理した親日人名辞書収録予定者の軍の部門に記載され、2009年親日反民族行為真相糾明委員会の選定した親日反民族行為者リストに記載された。

学歴[編集]

  • 咸鏡北道 慶源小学校
  • 満州北間島 永信中学校
  • 満州北間島 光明中学校
  • 満州国奉天軍官学校(第5期)
  • 日本陸軍士官学校(騎兵科55期相当)
  • 軍事英語学校(第1期)
  • アメリカ陸軍指揮幕僚大学
  • ハーバード大学国際問題研究所
  • オックスフォード大学大学院政治学 修士

学士[編集]

  • 1965年10月 マラヤ大学名誉法学博士 (マレーシア)
  • 1966年3月 中央大学校名誉法学博士 (大韓民国)
  • 1966年6月 釜山大学校名誉法学博士 (大韓民国)
  • 1967年2月 サイゴン大学名誉法学博士 (ベトナム)
  • 1967年3月 ロングアイランド大学名誉法学博士 (アメリカ合衆国)
  • 1967年9月 チュラーロンコーン大学名誉政治学博士 (タイ)
  • 1971年2月 国立政治大学名誉法学博士 (中華民国)
  • 1971年2月 中華学術院名誉哲学博士 (中華民国)

勲章[編集]

  • 大統領個人表彰 (大韓民国):1948年6月
  • 功労勲章(将校級) (アメリカ合衆国):1950年10月
  • 忠武武功勲章 (大韓民国):1950年12月
  • 功労勲章(指揮官級) (アメリカ合衆国):1951年10月24日[12]
  • 金星太極武功勲章 (大韓民国):1951年10月
  • シルバースター (アメリカ合衆国):1952年5月13日[12]
  • 銀星太極武功勲章 (大韓民国):1953年3月
  • 殊勲十字章 (アメリカ合衆国):1953年11月3日[12]
  • 功労勲章(司令官級) (アメリカ合衆国):1954年6月
  • 大星碑勲章 (エチオピア):1955年4月
  • 最高十字勲章 (ギリシャ):1955年7月
  • 名誉勲章 (フランス):1956年7月
  • 功労勲章 (フィリピン):1956年12月
  • 功労勲章(総司令官級) (アメリカ):1957年4月29日[13]
  • 第一級明星勲章 (中華民国):1964年10月
  • 最高名誉功労勲章 (マレー):1965年4月
  • サン・マルティン大十字勲章 (アルゼンチン):1966年4月
  • 第一級功労大十字勲章 (ドイツ):1967年3月
  • 白象勲章 (タイ):1967年4月
  • 聖霊勲章 (エチオピア):1968年5月
  • 大銀十字勲章 (エルサルバドル):1968年10月
  • 大綬章 (チュニジア):1969年7月
  • 大十字勲章 (ナイジェリア)1969年10月
  • 功労勲章 (大韓民国):1969年10月
  • 勲一等旭日大綬章 (日本):1969年12月
  • 修交勲章光化章 (大韓民国):1970年8月
  • 議会大十字功労勲章 (ブラジル):1974年6月
  • 特種大綬景星勲章 (中華民国):1974年6月
  • 特種金板大十字勲章 (コロンビア):1976年6月
  • 白象最高特種大勲章 (タイ):1978年3月
  • 修交勲章一等章 (メキシコ):1979年10月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 満州国軍刊行委員会 編 『満州國軍』 蘭星会1970年、194頁。には憲兵少校とある。
  2. ^ 映画俳優出身で政治家の文盛瑾の父。

出典[編集]

  1. ^ 満州国軍刊行委員会 編 『満州國軍』、637頁。
  2. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 下巻. pp. 71. 
  3. ^ 李海燕. 戦後の「満州」と朝鮮人社会. pp. 48. 
  4. ^ 白善燁. 若き将軍の朝鮮戦争 (第1刷 ed.). pp. p. 91.. 
  5. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  6. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  7. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  8. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  9. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  10. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  11. ^ 佐々木春隆. 朝鮮戦争/韓国編 上巻 (再版 ed.). pp. p. 449.. 
  12. ^ a b c Il Kwon Chung”. Military Times. 2016年1月3日閲覧。
  13. ^ Chung Il Kwon”. Military Times. 2016年1月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
白斗鎭
韓国の旗 大韓民国国会議長
第9代:1972年 - 1979年
次代:
白斗鎭
公職
先代:
崔斗善
韓国の旗 大韓民国国務総理
第9代:1964年 - 1970年
次代:
白斗鎭
先代:
金溶植
李東元
韓国の旗 大韓民国外務部長官
第11代:1963年 - 1964年
第13代:1966年 - 1967年
次代:
李東元
崔圭夏
外交職
先代:
梁裕燦
張利郁
韓国の旗 在アメリカ合衆国大韓民国大使
第3代:1960年
第5代:1961年 - 1963年
次代:
張利郁
金貞烈
軍職
先代:
李亨根
韓国の旗 韓国軍合同参謀本部議長
第2代:1956年 - 1957年
次代:
劉載興 (ko)
先代:
蔡秉徳
白善燁
韓国の旗 大韓民国陸軍参謀総長
第5代:1950年 - 1951年
第8代:1954年 - 1956年
次代:
李鐘贊
李亨根