金元基 (国会議長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金 元基(キム・ウォンギ、1937年2月16日 - )は、大韓民国政治家。現・民主統合党常任顧問[1]

生涯[編集]

1937年、全羅北道井邑郡にて誕生。1955年に全羅北道全州市全州高等学校を卒業。1960年に延世大学校政治外交学科を卒業。1960年に東亜日報の記者となった。

1979年12月の第10代総選挙にて新民党から立候補、当選。1981年の第11代総選挙では民主韓国党から再選。1985年の第12代総選挙では3位で落選。1987年に金大中が結成した平和民主党(平民党)に移籍、1988年の第13代総選挙で勝利。1992年の第14代総選挙では民主党から当選。この間、平民党院内総務や金大中平民党総裁の政治特別補佐官、民主党事務総長や主席副総裁を務めた。

1995年、金大中新政治国民会議(国民会議)を結党すると、これを批判。独立での活動を試みるも、1996年の第15代総選挙で東橋洞系の尹鐵相に敗れた。その後、1997年の大統領選挙直前に盧武鉉金正吉らとともに国民会議に入党。1998年には長官級ポストである労使政委員会委員長に任命された。2000年の第16代総選挙では尹鐵相を退けて井邑市の新千年民主党候補に指名され、返り咲きを果たした。

2003年、親盧派が主流となって結成することになったウリ党の創党準備委員長を務めた。2004年の第17代総選挙ではウリ党から当選し、最多選議員となった。第17代国会では前半期国会議長を務めた。2011年12月、民主党と市民統合党などが統合して結成された民主統合党の常任顧問に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ 상임고문 김원기(常任顧問 金元基).民主統合党ホームページ(2012年1月28日閲覧)

参考文献[編集]

公職
先代:
朴寛用
大韓民国国会議長
2004年6月5日 - 2006年5月29日
次代:
林采正