卞栄泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
卞栄泰
Byeon Yeong-tae.jpg
各種表記
ハングル 변영태
漢字 卞榮泰
発音: ピョン・ヨンテ
日本語読み: べん・えいたい
ローマ字 Byeon Young-tae
テンプレートを表示

卞 栄泰(ビョン・ヨンテ、1892年 - 1969年3月10日)は、大韓民国政治家は逸石(イルソク、일석)。

略歴[編集]

1912年満州の新興学校を卒業した後、1917年から1945年まで中央高等学校で英語教師を務めた。1945年に高麗大学校教授に就任してからは、将来の人材育成の為に尽力した。

1951年外務部長官に就任し、パキスタンラホールで開催されたアジア極東経済委員会会議に参加した。会議においては、朝鮮戦争によって疲弊した韓国の経済事情を、世界各国に訴えることに大きく寄与をした。 1953年7月には「独島は日本の韓国侵略に対する最初の犠牲であり、解放とともに再びわれわれの懐に抱かれた韓国独立の象徴、韓国同胞の栄誉のいかりだ。この島に触れる者は全韓民族の頑強な抵抗を覚悟すべきだ。日本が独島の奪取を狙うことは、韓国の再侵略を意味することだ」との声明を出したことでも知られている。ちなみにこの発言は日韓交渉を有利に進めるためになされたものであり、明確な根拠に基づいてなされたものでないことを後に明かしている。外務部長官としては他にも、1953年10月1日米韓相互防衛条約を調印し[1]1954年5月22日には韓国統一問題を提案した[2]

1962年には、高麗大学校から名誉文学博士学位を授与された。

注釈[編集]

  1. ^ 김창수,〈한미상호방위조약과 한미행정협정〉,《역사비평》,제54호(2001년 봄),430쪽.
  2. ^ [남측자료] 변영태 외무부장관, 한국통일문제 제안 (54.5.22 제네바제안)”. 2008年2月15日閲覧。
公職
先代:
白斗鎮
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
第5代:1954
次代:
白漢成
(臨時代理)
先代:
林炳稷
大韓民国の旗 大韓民国外務部長官
第3代:1951 - 1955
次代:
曺正煥