陳懿鍾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陳 懿鍾(チン・イジョン[1]、チン・ウィジョン[2]朝鮮語: 진의종1921年12月13日 - 1995年5月11日)は、大韓民国政治家官僚弁護士実業家。元首相、保健社会部長官、第8・9・11・12代国会議員[3]本貫驪陽陳氏[4]白民(ペンミン、백민[5]日本名大原敏亨

経歴[編集]

日本統治時代の全羅北道高敞郡に生まれた。京畿高校修了、京城帝国大学法文学部卒。卒業後は日本高等考試に合格した[3]1943年内務省管理局勤務、1945年北海道庁農務課長を務めた[5]

光復後は南朝鮮に帰国し、1948年商工部電政課長、1952年に商工部鉱務局長などを歴任した後、1954年に弁護士として登録した。1955年住宅営団理事、1958年湖南肥料専務理事、1960年には商工部事務次官、1961年大韓教育保険副社長、1962年蔚山肥料専務理事、1964年韓国電力株式会社副社長などを歴任した[5]

政界入り後は1971年第8代総選挙新民党党員として初当選し、国会議員を計4期務めた。1979年保健社会部長官、1980年国家保衛立法会議議員、1982年民主正義党政策委議長、1983年に民正党代表委員を務めた後、1983年から1985年までに国務総理を務めた。他には民正党常任顧問、韓日議員連盟副会長・韓ニュージーランド議員親善協会長を務めた[3][5]

2008年民族問題研究所が発表した親日人名辞典に収録された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 李大統領、財産331億ウォンを社会寄付” (日本語). www.donga.com (2009年7月7日). 2022年8月7日閲覧。
  2. ^ a b 親日人名辞典収録リストを公開、崔承喜ら4776人│韓国社会・文化│wowKorea(ワウコリア)”. wowKorea(ワウコリア) (2008年4月29日). 2022年8月7日閲覧。
  3. ^ a b c 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年8月7日閲覧。
  4. ^ 여양진씨(驪陽陳氏)…매호 진화 입향조로 남사에 세거” (朝鮮語). 용인시민신문 (2014年8月25日). 2022年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c d 진의종(陳懿鍾)”. 韓国民族文化大百科事典. 2022年8月7日閲覧。
公職
先代
金相浹
大韓民国の旗 大韓民国国務総理
1983 - 1984
次代
申秉鉉(権限代行)
盧信永
先代
洪性澈
大韓民国の旗 大韓民国保健社会部長官
第18代:1979 - 1980
次代
千命基