李翰林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李翰林
이한림
Lee Han-lim.jpg
生誕 1921年2月10日
大日本帝国の旗 朝鮮(日本統治時代)咸鏡南道安辺郡
死没 (2012-04-29) 2012年4月29日(91歳没)
大韓民国の旗 大韓民国京畿道盆唐区
所属組織  満州国軍
Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
最終階級 中尉(満州国軍)
中将(韓国陸軍)
墓所 国立大田顕忠院将軍第2墓域207号
テンプレートを表示
李翰林
各種表記
ハングル 이한림
漢字 李翰林
発音: イ・ハンリム
日本語読み: り かんりん
ローマ字 Lee Han-Lim
テンプレートを表示

李 翰林(イ・ハンリム、이한림)は大韓民国軍人外交官政治家創氏改名による日本名はタンキ香住(たんき かずみ)[1]朝鮮戦争開戦時の陸軍士官学校副校長。太極武功勲章授与者。

人物[編集]

1921年2月、咸鏡南道安辺に生まれる。新京軍官学校第2期予科卒業、陸軍士官学校に留学して第57期相当、高射砲隊に配属、満州国軍中尉。

1946年2月21日付で軍事英語学校を卒業して中尉に任官(軍番10056番)[2]。第3連隊の創設に参加。のちに警備士官学校教務処長。1946年11月末、第6連隊に派遣され、大隊副官兼作戦主任[3]。1947年2月第6連隊大隊長[4]

1947年5月12日、第4連隊長[5]。1948年7月、アメリカ陸軍歩兵学校に留学[6]。1949年3月に帰国して陸軍士官学校副校長。

1950年7月、第2師団長。同年7月15日、慶尚北道咸昌で第2軍団が編成されると副軍団長[7]。同年8月、第2軍団参謀長。

1950年12月、国防部国民防衛局長。

1951年1月、陸軍本部情報局長に就任。同年4月、陸軍本部作戦局長。同年7月、陸軍歩兵学校校長。

1952年、政訓局長、休戦会談韓国代表。

1953年1月、第9師団長、任少将。

1954年、第6軍団長、任中将。在任中の副大統領選挙で、当時与党候補の李起鵬を支持せず中立を保った[8]。このため報復人事措置として、現役の軍団長から国防大学院に入学することになった[8]

1957年、国防大学院卒業、陸軍士官学校校長。

1960年10月、第1軍司令官。

1961年5月、5・16軍事クーデターにより反革命容疑で監禁・不起訴。予備役編入。

1962年、カリフォルニア州立大学修了。

1963年6月、水産開発公社社長。

1968年3月、鎮海化学社長。

1969年2月から建設部長官、国際観光公社総裁、駐トルコ大使を歴任。

勲章[編集]

出典[編集]

  1. ^ 정운현 (2004年8月19日). “"목표 위해 죽음 불사할만큼 성실" - 우등 성적으로 4년 만에 '황군' 소위” (朝鮮語). 오마이뉴스. http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000204062 2016年1月5日閲覧。 
  2. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、87頁。
  3. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、160頁。
  4. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、161頁。
  5. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、194頁。
  6. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、214頁。
  7. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、156頁。
  8. ^ a b “박정희 쿠데타에 맞섰던 이한림 장군 별세” (朝鮮語). 머니투데이 뉴스. (2012年4月30日). http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2012043014408235575 2018年1月19日閲覧。 
  9. ^ a b Han Lim Lee”. Military Times. 2015年11月10日閲覧。

参考文献[編集]

佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房1976年

外部リンク[編集]

軍職
先代:
白南権
大韓民国の旗 大韓民国陸軍士官学校校長
第14代:1957.7.31 - 1960.10.10
次代:
姜英勲
先代:
金鐘五
大韓民国の旗 大韓民国陸軍第1軍司令官
第5代:1960 - 1961
次代:
朴林恒
公職
先代:
朱源
大韓民国の旗 大韓民国建設部長官
第7代:1969.2.17 - 1971.6.4
次代:
太完善
外交職
先代:
朴瓚鉉
大韓民国の旗トルコ共和国大韓民国大使
第7代:1974 - 1976
次代:
文哲淳