空中機動偵察司令部 (韓国空軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
空中機動偵察司令部
공중기동정찰사령부
創設 2010年12月23日(空軍北部戦闘司令部)
所属政体 大韓民国の旗 韓国
所属組織 大韓民国空軍
所在地 京畿道烏山空軍基地
上級単位 空軍作戦司令部
テンプレートを表示

空中機動偵察司令部(くうちゅうきどうせんとうしれいぶ、朝鮮語: 공중기동정찰사령부: ROKAF Air Mobility & Reconnaissance Command)は、大韓民国空軍司令部単位の一つで、烏山空軍基地に所在する。空軍少将が司令官に充てられている。

2010年12月23日に編成された空軍北部戦闘司令部から2015年7月1日に改編された[1]。目的としては空軍作戦司令部の負担を軽減させるため、上級司令部と作戦実施部隊との中間司令部として機能することであり、輸送機、偵察機、練習機等を所掌する。なおT-50、TA-50など戦闘機の高等訓練を行う機体は空中戦闘司令部 に属している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]