朝鮮人民軍陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮人民軍陸軍
조선인민군 륙군
Flag of the Korean People's Army Ground Force.svg
現在の陸軍旗
創設 1947年8月20日
所属政体 朝鮮民主主義人民共和国
所属組織 朝鮮人民軍
人員 約95万人
所在地 平壌
主な戦歴 朝鮮戦争
テンプレートを表示

朝鮮人民軍陸軍(ちょうせんじんみんぐんりくぐん、朝鮮語조선인민군 륙군)は、北朝鮮の軍部である朝鮮人民軍が保有する陸軍である。1947年に創設された。

概要[編集]

朝鮮人民軍の主力を担う存在であり、常備兵力は95万人と大規模である。しかし、装備の近代化に遅れがあり、主に第二次世界大戦および冷戦時代にソビエト連邦中国などが生産した兵器が大半を占めている。

2010年に行われた金正恩の後継者確定祝いのパレードが世界中に公開され、何百両にもおよぶ戦車装甲車が行進する様子が写されていた。自走砲や戦車の国産化も随時行われているが、主にソビエトや中国の兵器を現代戦で戦えるように改良しただけのものが多い。

歴史[編集]

朝鮮人民軍の陸軍は、朝鮮戦争において電撃戦を披露した。供与された大量のT-34-85を筆頭とする戦車群を送り込み、韓国を圧倒したのである。また、大韓民国国軍には装甲戦闘車両の配備が遅れており、結果として北朝鮮は戦局を優位に進めた。

その後、冷戦時代を経由して兵器の輸入は続々と行われたが、現在は経済制裁により新兵器を購入できないため、既存する旧式兵器を改良して運用している。

組織・部隊編成[編集]

陸軍は15個の軍団で構成されている。軍団の内訳は、前後方軍団9個、機械化軍団2個、国境警備司令部、ミサイル指導局、軽歩兵教導指導局、平壌防御司令部などである。しかし、現在はどれほどの部隊が動くのかは不明であり、経済制裁により満足に稼働しない部隊もあると推測される。

前後方軍団[編集]

前方地域[編集]

  • 第1軍団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第61偵察旅団
  • 第2軍団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第32軽歩兵旅団
  • 第62偵察旅団
  • 第5軍団
  • 第63軽歩兵旅団
  • 第75軽歩兵旅団
  • 第80軽歩兵旅団

後方地域[編集]

  • 第3軍団
  • 第?空挺軽歩兵旅団
  • 第38空挺軽歩兵旅団
  • 第4軍団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第60偵察旅団
  • 第?両用戦軽歩兵旅団
  • 第6軍団
  • 第43空挺軽歩兵旅団
  • 第7軍団
  • 第?軽歩兵旅団
  • 第87空挺軽歩兵旅団
  • 第?両用戦軽歩兵旅団
  • 第?諸兵科連合旅団
  • 第?諸兵科連合旅団
  • 第?諸兵科連合旅団
  • 第?諸兵科連合旅団
  • 第?諸兵科連合旅団
  • 第8軍団
  • 第?空挺軽歩兵旅団
  • 第?空挺軽歩兵旅団
  • 第?両用戦軽歩兵旅団
  • 第9軍団
  • 第16空挺軽歩兵旅団
  • 第17空挺軽歩兵旅団

保有兵器[編集]

戦車[編集]

名称 愛称 画像 注釈
T-34-85 T-34-85 góra RB.jpg 朝鮮戦争時代の主力戦車電撃戦を実行し韓国軍を混乱させた。
T-54 T-54(attack Reunification Palace) 01.JPG T-55と共に購入した戦車
T-55 People on a tank in Benghazi1.jpg 冷戦時代に購入された戦車。
T-62 T62 Afghanistan.JPG T-55などと共に供与された戦車。
天馬号/天馬虎 T-62をライセンス生産武装を一部変更したもの。
M-2002 暴風号/暴風虎 T-90を改造したもの。詳細不明。
59式戦車 ChineseType59IIATank.jpg 中国がコピーしたT-54/55
T-72 T72 cfb borden 1.JPG
T-80 T-80 in Saint-Petersburg.jpg
T-90 13April-Rehersal-Alabino-19.jpg
62式軽戦車 Type 62 tank - front.jpg
63式水陸両用戦車 Type 63 tank - front right.jpg
69/79式戦車 Type 79-ІІ Chinese Tank.jpg

装甲車[編集]

名称 画像 注釈
BMP-1 Bmp-1-DMSC9112086 JPG.jpg ソビエト連邦から購入した歩兵戦闘用の装甲車1990年代に購入したと言われる。
BMP-2
BMP-3
Мемориал - экспозиция военной техники. Бронетехника.201206261908 IMAG0560.jpg BMP-1を改良した車両。砲塔が大型化しており、30mm機関砲と半自動有線誘導式の9M111 ファゴット対戦車ミサイルを装備している。機関砲は車両だけではなく、ヘリコプターなどの航空機も攻撃できる。
BRDM-2 BRDM 2.jpg 指揮車などのバリエーションを有する。主にソ連から購入。
M1992 北朝鮮の国産装甲車多連装ロケット砲を装備した車両も有する。
BTR-80 Tank in the DPRK Victory Day Parade.jpg ソ連から購入した車両。写真は2013年のパレード時。
BTR-60 Transporter opancerzony by sh.jpg 冷戦時代に購入した車両。
BTR-152 イラクのBTR-152 ソ連から購入した車両。
VTT-323 北朝鮮では数少ない国産の装甲兵員輸送車。派生型が多い。
BTR-50 BTR-50-latrun-1-2.jpg ソ連から購入した装甲兵員輸送車。水陸両用
BTR-40 BTR-40.jpg ソ連から購入した車両。
MT-LB MT-LB APC.jpg ソ連から購入した車両。
BTR-90 BTR-90 (1).jpg

自走砲[編集]

名称 画像 注釈
SU-76 Su76 nn.jpg
SU-100 SU-100.jpg
SU-152 11-Heavy self propelled gun su 152-LMW.jpg
BM-11 BM-11.JPG

参考文献[編集]

  • 『北朝鮮人民軍の全貌 知られざる「赤い軍事力」の実像に迫る!』 ISBN 978-4384023336
  • 李ジョンヨン:著 宮田敦司:訳『北朝鮮軍のA to Z 亡命将校が明かす朝鮮人民軍のすべて』 光人社 2009年 ISBN 978-4769814436
  • 『最新朝鮮半島軍事情報の全貌―北朝鮮軍・韓国軍・在韓米軍のパワーバランス』 ISBN 978-4062102797
  • 『北朝鮮軍 世界最大の特殊部隊』ISBN

978-4562020126

関連項目[編集]