朝鮮人民軍の兵器一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝鮮人民軍の兵器一覧(ちょうせんじんみんぐんのへいきいちらん)は、朝鮮人民軍が保有する、もしくは保有していると考えられている兵器の一覧である。各兵器の詳細については、各項目を参照されたい。

名称が「M+4桁の数字」となっているのは、一部を除きアメリカ国防総省が名づけたコードネームで、正式名称ではない。4桁の数字は最初に確認された年を西暦で表したものである。

銃砲類[編集]

非武装地帯で警備をする朝鮮人民軍兵士。AK系ライフルの先端に銃剣を装着している

拳銃・自動拳銃[編集]

この他、Cz75も「白頭山拳銃」の名で下賜用に生産されているといわれている。また、朝鮮人民軍1991年に「9ミリ白頭山拳銃」への更新が完了したとされているが[2]、68式ではない別の拳銃である(Cz75を国産化したものかは不明)金正日の警護官に選抜された兵士には、スローガンが彫られた「口径9.6mmの拳銃」が供与されている[4]

短機関銃[編集]

自動小銃[編集]

2021年9月に行われた軍事パレードでは、民兵組織の部隊が装備し、また銃剣GP-25擲弾発射機を取り付けていた。

  • 68式小銃 - AKMライセンス生産型。
  • 88式小銃 - AK-74ライセンス生産型。折畳銃床の88式小銃が九州南西海域工作船事件で使用され、海中から回収された。
    • 2021年9月に行われた軍事パレードでは、治安維持部隊と思われる黒色の衣類にフリッツ型ヘルメットを装備した部隊が装備、通常マガジンからヘリカルマガジンへと換装されていた。
  • 98式小銃 - AK-47ライセンス生産型だが、プラスチック部品が金属製になっている。[9]
    • AK系の自動小銃にはライフルグレネード装着が可能であるほか、2010年代後半には銃身下部に装着する擲弾発射器装備も確認されている。
      • 2020年10月の軍事パレードには、スコープフラッシュハイダー、ヘリカルマガジンらしきものを装備した個体も複数登場した。なお、88式同様折畳銃床タイプのものも確認されていて、2020年10月の軍事パレードで公開された映像から、一般部隊をはじめ戦車兵等比較的広範に装備されているものと思われる。
  • 新型小銃 - 2020年10月に行われた軍事パレードで初めて公開された。外見は98式小銃に類似しているが、弾倉形状は西側製銃器を基にしたとみられるタイプのものへ変更、折畳銃床かスケルトンタイプの銃床が取り付けられ、ピカティニー・レールシステムも取り付けられていた。98式小銃の改良型か改設計された新型とみられる。
  • 新型小銃 − 2020年10月の軍事パレードで確認されたブルパップ式自動小銃。形状はロシアKBP A-91に似る。スコープやフラッシュライトなどの各種アタッチメントが取り付けられていることも同時に確認されている。

なお、既存の一般部隊からは現状確認できていないので特殊部隊向けであると思われる。2022年の軍事パレードでは海洋迷彩を纏った部隊など一部部隊が所持していたため前述の通り特殊部隊や海軍歩兵、工作員部隊が装備しているものと思われる。

  • 新型複合小銃 - 2018年の軍事パレードで初確認された。照準器やマガジン構造、全体構造は韓国軍が開発していたK11複合型小銃に酷似している。2021年1月の閲兵式にも再度登場。演習などで一般部隊の装備から確認されていないので、広範囲には配備されておらず、特殊部隊用と思われる。[要出典]
  • K2自動小銃 - 韓国アサルトライフル。無許可コピーと思われ、1990年代頃に確認されている。[10]

なお、江陵浸透事件などの韓国への工作員侵入事件では、M16鹵獲されている。

狙撃銃[編集]

2021年に行われた国防博覧会「自衛-2021」の映像中でボルトアクション方式を採用した狙撃銃などが複数確認できる。

機関銃[編集]

その他携行火器[編集]

  • AGS-17 - M1992装輪装甲車のキューポラに装備
  • AGS-30 - 天馬216型戦車(M-2002を参照)に装備されているのが2017年頃確認された。2018年頃から確認されはじめている新型自走砲や、2020年10月に初確認の新型戦車に搭載されているのもこのタイプの可能性あり。
  • RPG-7 - 「7号発射管」の名でライセンス生産、歩兵連隊、発射管中隊に配備[2]九州南西海域工作船事件では2回使用され、ハングルで「68年式7号発射管」と刻印の発射機が海中から回収された。
  • 69式ロケットランチャー - 中国ノリンコ社製のRPG-7コピー品。原型のものと同様に使用されているとみられる。
  • GP-25 - ソ連ロシアグレネードランチャー。AKシリーズをベースとした各種アサルトライフルの下に装着されている。98式小銃等同様、自国ライセンス生産品も含まれると思われる。
  • 新型自動擲弾銃 - 2021年1月の労働党閲兵式で登場した新型擲弾銃。ブルパップ方式で、先に登場の新型複合小銃や米軍で試験運用が行われていたXM25 IAWSをインターネットなどで開示されている一部情報を参考に開発した可能性がある。

無反動砲[編集]

野砲[編集]

対空砲[編集]

船の科学館で展示されている、工作船に搭載されていたZPU-2連装対空砲

朝鮮人民軍では、航空戦力が著しく老朽化しているため、敵の航空戦力に対処するために対空砲の配備に力を入れている[2]

軍用車両[編集]

戦車は濃淡2色、オリーブドラブで迷彩が施され、自走砲など他の軍用車両は濃いオリーブドラブ一色塗装だが、2010年代に入り3色迷彩も登場。車両側面には白で3桁数字が書かれてある。 2020年10月の軍事パレードではデジタル迷彩車両も複数登場、砂漠仕様迷彩の車両も現れた。

非装甲車両[編集]

ジープの整備をする朝鮮人民軍兵士(2008年)
軍事パレードに参加したメルセデス・ベンツ・Gクラス(2013年)
放射線のマークを付けた兵士を乗せたZIL-130ロシア語版英語版トラック(2013年)
  • 中国製の側車(サイドカー)付自動二輪車 - 2021年9月の軍事パレードにて確認された。側車は軽機関銃が取り付けられる構造となっており、実際にPK等の軽機関銃が搭載されていた。
  • UAZ-469 - ソ連製4輪駆動車で東側陣営で多用された「ソ連版ジープ」とも呼べる車両。
  • 勝利(Sung-ri)415 - UAZ-469に酷似した4輪駆動車で、同車をライセンス生産か、コピーした車両。「415」は金日成の誕生日4月15日に因む[5]
  • 中国製の4輪駆動車 - 2021年9月の軍事パレードにて確認された。ただし、労農赤衛軍などの民兵組織部隊を率いていたため、以前は軍で使われていたものがそのまま使用されている可能性がある。
  • 新型の4輪駆動車 - 2022年の軍事パレードにて確認された対戦車ミサイルの4連装発射機を2台部分に2基搭載していた車両。フロント部分はランドローバーの軍用車用モデルに似ている。民生車を改造し、装甲化したものと思われる。
  • メルセデス・ベンツ・Gクラス - ドイツ製四輪駆動車。2010年代以降の軍事パレードに登場[12]
  • イヴェコLMV - 類似した車両が2018年の軍事パレードに登場。軽装甲が施されている可能性がある。
  • 勝利58 - ソ連製GAZ-51英語版 2.5tトラックのライセンス生産型[5]。荷台両側面に9K32(SA-7)携行対空ミサイル発射機を2基装備の基本型を基に、各種対空砲搭載、または牽引するタイプなど多くの種類がある。
  • ZiS-150 - ソ連製トラック。兵員輸送に使用。なお一台の試作車がChollimaの名で製作されている。
  • ZiS-151 - ソ連製トラック。兵員輸送等で使用。
  • 勝利1010 - 1961年開発の6輪大型トラック。車高が高く、馬力が出るため軍に優先配備されている。設計には、帰国事業で北朝鮮に渡った元在日朝鮮人技術者金昶黙が関わっている[5]
  • 勝利64 - 1964年開発の6輪10t大型トラック。[5]
  • 勝利428 - 中型トラック。
  • ZIL-130英語版 - ソ連製トラック。兵員輸送目的や榴弾砲野戦砲などを牽引する。なお、携行型地対空ミサイルを装備した車両もあり。
  • ウラル4320 - ソ連ロシア製トラック。
  • ボルボ・FM - 類似車両が軍事パレードに登場。北極星4号とみられる新型潜水艦用発射弾道ミサイル(SLBM)の展示用車体に2020年10月の軍事パレードでは使われていた。第三国経由で入手したと思われる。
  • Sinotruk HOWO truck A7英語版 - 多連装ロケット砲の移動式車体や輸送目的で2016年頃から目撃されるようになった。2020年に起きた台風10号による大雨によって引き起こされた洪水の被害復旧の様子を撮影した映像から、民生仕様車が使われていたことが確認されている。そのため民間使用を前提に輸入したものを軍事転用した可能性がある。
  • 太白山-96 - ロシアのKAMAZ55111をベースとしたトラック。勝利自動車で新開発のトラックを生産していると北朝鮮当局が盛んに喧伝しており、その元となったものと思われる。2015年の軍事パレードで公開されたS-300を元にしたポンゲ-5地対空ミサイルとその多機能レーダーの搭載車に使われていた。3軸6輪のトラックで、ボンネットがない車体が特徴。
  • 東風汽車EQ2093F6D - 中国の東風汽車製のトラック。ボンネットがあり、ライトケースが角形の4つ目ライトが特徴。2015年の軍事パレードにはポンゲ-5地対空ミサイルの指揮通信車として登場した。アンテナが出ていてコンテナが直方体となっているタイプ、上部角の角が斜めとなった六角形となったタイプの2つが同時に確認された。
  • FAW MV3英語版 - こちらも多連装ロケット砲の移動式車体。民生仕様車を輸入した後に改造したと思われる。
  • MAZ-543 - スカッドなどの系列ミサイル運搬用。軍事パレードにも多く登場
  • WS51200TEL英語版 - 近年登場した新型弾道ミサイルの移動式発射台、ミサイル運搬用など。中国製で、第三国経由か貿易過程で取引されたものと思われる。
  • Tatra T813英語版 - M1993自走ロケット砲やRM-70車体として使われるチェコ製トラック。第三国経由で輸入した可能性もあり。
  • Tatra T815英語版 - 2020年10月の軍事パレードで登場した240mm22連装自走ロケット砲の車体と思われるトラック。ライト周りや大きさ等様々な点が類似、パレード中では砂漠系の迷彩を施されていた。なおタトラ社製トラックは全輪独立懸架方式という特殊構造のため、第三国経由で迂回輸入したか民間使用を前提に第三国から輸入した可能性が高いと思われる。
  • 新型トラック(名称不明) - 2020年10月の軍事パレードで初確認。米軍HEMTTに類似してるが、サイズがひと回り大きく、ライト周りにも差異が見られるため模倣生産したと思われる。
  • 名称不明の新型移動式発射台 - 2020年10月の軍事パレードで初登場した。11輪22組の足回りの超大型移動式発射台で世界的にも類を見ないほど大きい。火星16号とみられる新型弾道ミサイル運搬用。中国ソ連ロシア製移動式発射台を参考に、独自改良や設計を行ったものと推測される。

トラックは勝利自動車工場で製造され、大半が軍に優先配備される。いずれも製造され始めてかなり経つが、マイナーチェンジなどはほとんどされていない。

この他、外為法改正による経済制裁以前に輸入した日本製中古車(特にトラック)もかなり広範に用いられていると考えられる。また、中国製ジープやトラックも大隊長・連隊長用に用いられているが、故障しやすく馬力不足で不評である一方で、ジルなどのロシア製トラックは馬力が出て多くの物資を搭載できるため好評だったという[2]重村智計によると、高速道路では故障し立ち往生するトラックが目に付く上に、ジープは約60km/hほどでしか走行していなかったという[13]

戦車[編集]

天馬虎4号の側面図
軍事パレードに参加した暴風号とみられる戦車(2013年)
  • T-34-85 - 第一線からは退いたと考えられているが、金正恩体制に入ってからの軍事パレードにも参加している。
  • IS-2 - 朝鮮戦争時に使用。
  • IS-3 - 朝鮮戦争時に使用。
  • T-54
  • T-55
  • 59式戦車 - T-54戦車を中国がライセンス生産した戦車。
    • T-54/55・59式戦車は、2013年の軍事パレードで砲塔上に携行対空ミサイル発射機を搭載しているのが確認されている[14]
  • 爆風号 - T-55の改良型、暴風号とは別の車両。主砲を125mmに強化、自動装填装置は有していない[2]
  • T-62 - 自国でもライセンス生産され、「天馬號(チョンマホ、천마호、Ch'ŏnma-ho)」と呼ばれている。「天馬號4号(チョンマサーホ)」は砲塔形状が変化、レーザー測距機やサイドスカート、爆発反応装甲を装備している。
  • 天馬号(チョンマホ)92・98・214 - 上記のチョンマホシリーズの改良型と思われ、FCS、各種照準装置のアップグレードや爆発反応装甲の追加、ターレット改修などが行われている。T-62Mがベースと思われる。なお、詳しい生産数は不明。
  • T-72 - 90年代に、購入したりライセンス生産したとされるが、どちらも確証はない。
    ただし映画「一生涯人民の中で」にて少なくとも1両保有していることが判明している。おそらく暴風号開発時の参考になった可能性が高い。
  • M-2002 - 「M-2002」は米軍呼称で、正式名称は「暴風号(ポップンホ(P'okpoong-Ho)」とされている。北朝鮮がT-62を基に独自改修、90年代初頭~2002年頃にかけ開発したと見られる[15]。具体的改良点や性能は不明点が多い。
  • 先軍号 - 2010年10月10日の軍事パレードで初公開
  • 先軍915 - 2010年代に入って導入された新型戦車。先軍号の改良型とみられ、射撃管制コンピュータ搭載。10台ほどが配備されたと報道された。[要出典]
  • M2020英語版 - 2020年10月10日の軍事パレードに9両が参加した戦車で、M1エイブラムスT-14に類似した車体にアクティブ防護システムや対戦車ミサイル、自動擲弾銃を搭載[16]

軽戦車[編集]

歩兵戦闘車[編集]

  • BMP-1 -ソ連崩壊前後に約200両を輸入したとされる。
  • BMP-2
  • 駿馬D(チュンマD) -PT-85の車体をベースに開発された歩兵戦闘車。米軍呼称でM2010とも呼ばれる。

装甲兵員輸送車[編集]

63式107mm12連装ロケット砲を搭載したVTT-323(2013年)
  • MT-LB
  • BTR-40
  • BTR-50
  • VTT-323英語版 - 中国製63式装甲兵員輸送車を北朝鮮で国産化した装軌式装甲車で、米軍の呼称はM1973。KPV 14.5mm機関銃2丁、PKT 7.62mm機関銃1丁、9K34対空ミサイル4本を装備した砲塔を搭載、APCの中でもかなり重武装。対戦車ミサイル装備型(AT-3の4連装発射機を装備)、ロケットランチャー装備型[18]などの派生型もある。PT-85戦車の原型になる。
  • K-61 - ソ連製装軌式装甲車。舟形の開放式の車体で、水陸両用。
  • 新型装軌式車両 - 2017年頃に試射が行われた超大型放射砲を写した映像で、発射機の車体部分に使用されていることが確認された米軍M270 MLRSに類似した装軌式の装甲輸送車。その時はKN-25と後に命名される超大型放射砲の車体のみ確認されていたが、2020年10月の軍事パレードでは金星3型地対艦ミサイルの8連装発射機を搭載する車両としても登場。サイズがM270 MLRSよりもひと回り大きく、ライト周りも違うなどの差異が見られるため、模倣生産と思われる。なお、一部はMGM-140 ATACMSに類似した新型精密誘導弾の搭載車にも使われている。

装輪装甲車[編集]

砲塔に機関銃2門と携行対空ミサイル発射器を装備した装輪装甲車(2013年)
  • BA-64 - 朝鮮戦争時に使用。
  • BTR-152
  • BTR-60
  • BTR-80 - BTR-80Aを10両のみ保有とされる。
  • M1992 - 北朝鮮国産の装輪装甲車、制式名称不明。4輪で、9K111「ファゴット」(AT-4「スピゴット」)対戦車ミサイル4連装発射機とAGS-17と思われるグレネードランチャー装備のタイプと、107mm24連装ロケットランチャーを装備したタイプが確認されている[19]ほか、6輪で車体側面に出入口があるタイプもある[20]
  • BRDM-2 - 米軍呼称でM1996とも呼ばれる。改良型も有。
  • Mー2010 - 2010年初頭頃から姿を現し始めた装甲車。6輪と8輪タイプが確認されていて,BTR系列によく似た構造。武装はKPV 14.5mm機関銃を2門回転式銃塔に装備、更に携行対空ミサイルを装備した物もある。
    なお2018年に対戦車ミサイル6基連装で搭載した車両も確認されており(M-2018と呼ばれる)、2020年10月の軍事パレードでは砂漠系迷彩を施されて登場。
    同時に登場した米軍ストライカー装甲車によく似た新型装甲車との関係性も指摘されている。
  • 8輪装甲車 - 2020年10月の軍事パレードに登場したストライカー装甲車に類似した装輪装甲車。5連装対戦車ロケット発射機を搭載するM1134に似た戦車駆逐車型と、D-30 122mm榴弾砲を搭載するM1128に似た自走砲型がある[16]。なお5連装対戦車ミサイル発射機を搭載したものは、発射機ごと必要に応じて展開と格納ができるものと思われ、搭載するミサイルに関してはソ連ロシア製9M113(コルネットミサイル)か、またその類似品を搭載していると推測されている。
  • 4輪装甲車 - 2019年の軍事パレードに登場した軽装甲機動車VBL装甲車に類似した装輪装甲車。ホイールの形状がホンダ・シビックハイブリッドFD3用ホイールに類似する[16]
    さらに2021年1月に行われた閲兵式では内部映像も公開されており、第三国経由で輸入された三菱・パジェロ4代目をベースにしたと思われるレイアウトになっていた。

自走砲[編集]

D-20 152mm榴弾砲を「トクチョン」に搭載したM1974自走榴弾砲(2013年)

北朝鮮は自走砲の国産化に非常に熱心であり、これまでに幾つものタイプが知られている。一部の自走砲にはソ連製のATS-59砲兵トラクター(en)を元にした「トクチョン(Tok-Ch'on)」Tokchon(artillery)英語版という国産の装甲車両を使用している。

  • SU-76M - 朝鮮戦争時に使用。
  • SU-85 - 朝鮮戦争時に使用。
  • SU-100 - 朝鮮戦争時に使用。
  • ISU-122 - 朝鮮戦争時に使用。
  • ISU-152 - 朝鮮戦争時に使用。
  • ASU-57 - 1960年代に導入。
  • 2S5ギアツィント 152mm自走カノン砲 - 1970年代に導入。
  • M1978 170mm自走カノン砲「主体砲」 - 59式戦車の車体に沿岸砲を搭載したもの。駐鋤を装備している。アメリカのM110自走榴弾砲同様、砲弾や操作人員は別途の輸送が必要。M1989と交代して既に退役したとする文献[21]もあるが、2009年に射撃訓練を行う写真が公開されたほか[22]、2013年に金正恩が視察した部隊に配備されていた[23]イランに輸出されており、イラン・イラク戦争時にイラク鹵獲した車体が湾岸戦争後に発見されている。
  • M1989 170mm自走カノン砲「主体砲」 - M1978の後継か。トクチョン装甲車両を用いているが、車体はかなり大型化されており、要員・弾薬の輸送が可能になっている。外観はソ連製の2S7ピオン 203mm自走カノン砲に類似する。
    • これらの自走カノン砲シルクワームの配備により余剰となった沿岸砲を転用したとされている。米国防総省は黄海北道谷山郡で最初に確認されたことから「コクサン号(koksang-go)」と呼称している。ロケット砲と同様に南部に配備されており、韓国本土を直接攻撃することが可能。
  • M1977 152mm自走カノン砲 - D-1 152mm榴弾砲を装備。
  • M1992 130mm自走カノン砲 - SM-4-1 130mm沿岸砲をトクチョン装甲車両に装備。砲の周りに防盾が装備されている。
  • M1975 130mm自走カノン砲 - M-46 130mmカノン砲を装備。改良型のM1981、M1991も有。
  • M1985 122mm自走カノン砲 - A-19 122mmカノン砲を装備。
  • M1991 122mm自走カノン砲 - D-74 122mmカノン砲を装備。確認されている自走カノン砲の中で唯一砲塔を備えている。また2018年の軍事パレード等では砲塔上部に携行型対空ミサイルを装備していることが確認されている。
  • M1981 122mm自走カノン砲 - D-74 122mmカノン砲を防盾ごとトクチョン装甲車両に装備[24]。カノン砲の両側面には9K32(SA-7)携行対空ミサイル発射機も2基装備している。
  • M1974 152mm自走榴弾砲 - D-20 152mm榴弾砲を装備。
  • M1977 122mm自走榴弾砲 - D-30 122mm榴弾砲をトクチョン装甲車両に装備。
  • M1992 120mm自走迫撃砲 - 砲塔を備えており、限定的ながら自走榴弾砲としても運用可。
  • M2018 152mm自走榴弾砲 - M109 155mm自走榴弾砲によく似た新型の自走砲。2018年の軍事パレードで初登場した。初登場した頃は副武装として,12.7mmクラスの機関銃を連装形式と携帯型対空ミサイル発射機を連装形式で搭載していたが、2020年においては自走砲としては珍しく自動擲弾銃を連装形式で装備していることが確認された。2020年に行われた軍事パレードでも再度登場した時には、迷彩が2018年のものから一部変更されていた。なお車体は先軍98戦車系列のものを流用しているとみられる。また、イラン辺りからの技術提供があった可能性も指摘されている。ジェーン年間では2S19ムスタ-S 152mm自走榴弾砲をベースにしていると記載されている。[25]
    • なお、2020年に行われた軍事パレードを写した朝鮮中央通信の解説にて、名称がNK-9であることが発表された。また最新型であるとも公表された。

対空戦車[編集]

  • ZSU-57-2 57mm連装自走対空砲 - 中国で生産された56式の可能性もあり。一部は59式戦車の車体を使用。独自の大型砲塔を装備した車体もあり[12]
  • ZSU-23-4 23mm4連装対空砲
  • M1985 37mm自走対空砲 - トクチョン装甲車両にM1939 37mm連装機関砲を開放式に搭載。機関砲の両側面には9K32(SA-7)携行対空ミサイル発射機を1基ずつ装備している。
  • M1992 30mm自走対空砲 - M1991 122mm自走カノン砲と同型の車体にZSU-23-4に類似した砲塔と対空レーダーを搭載。ZSU-23-4の火力強化を図ったタイプだが、『ジェーン軍事年鑑』は23mm機関砲としている[26]
  • M1990 30mm自走対空砲
  • M1992 23mm自走対空砲
  • M1983 14.5mm自走対空砲 - トクチョン装甲車両にZPU-4 4連装14.5mm機関砲を開放式砲塔に搭載。

自走ロケット砲[編集]

朝鮮人民軍は軍事境界線周辺の非武装地帯の北側にロケット砲を格納した地下シェルターを集中配置しており、南北開戦時には韓国側に先制攻撃を加えるという軍事ドクトリンを採用しているとされている。

  • M1991 240mm自走ロケット砲 - 6×6輪の大型トラックに、22連装のかなり大型の240mmロケット砲を搭載。
  • M1993 122mm自走ロケット砲 - RM-70と類似した多連装ロケット砲。トラックもタトラ社製T-813がベースだと思われる。
  • M1985 240mm自走ロケット砲
  • M1985 122mm自走ロケット砲
  • BMD-20英語版 200mm自走ロケット砲
  • RPU-14
  • BM-21 122mm自走ロケット砲 - ソ連製。ベースとなったトラックは国産のものを使用している可能性あり。
  • BM-14 140mm自走ロケット砲 - ソ連製。
  • BM-11 122mm自走ロケット砲 - ソ連製。
  • BM-24 240mm自走ロケット砲 - ソ連製。製造開始から70年以上経つが、2011年の軍事パレードにも参加している[27]
  • KN-25英語版 - アメリカのHEMTTに類似した超大型トラックに600mm5連装発射機を搭載[16]。また4連装発射機搭載型も登場した。装軌式TELのタイプも存在し、こちらは6連装発射機を搭載している。
  • 300mm多連装ロケット砲 - 2020年の軍事パレードに登場。タトラT-815をベースとしたトラックに12連装発射機を搭載している。KN-09やKN-15の発展型か。
  • RM-70 - ルーマニア製の多連装ロケット。2010年代頃から閲兵式,軍事パレード等で目撃されるようになった。トラックなど多くは原型を留めている。
  • KN-09英語版 - 2010年代頃の労働党閲兵式や軍事パレードに姿を現した新型の多連装ロケット砲中国製のトラックと思われる車体に300mmクラスのロケット8連装発射機を搭載。ソ連ロシアBM-30や、中国のWS-1等を参考にしたと思われる。GPSを用いた慣性誘導方式であるとも言われている。
  • KN-15 - KN-09英語版の改良型と思われ、射程延伸が図られていると言われる。
  • 新型240mm多連装ロケット砲 - 2020年10月に行われた軍事パレードに登場した多連装ロケット砲タトラ社製T-815をベースにしたと思われる車体に240mm口径の22連装発射機を搭載。M1991の改良型か。
  • この他、2008年の軍事パレードには9K32(SA-7)携行対空ミサイル2基と63式107mm12連装ロケット砲を荷台に搭載したトラック[28]、2011年の軍事パレードには農業用トラクターにロケットランチャーと座席を据えた荷台を牽引した自走ロケット砲が参加した[29]

また2021年9月9日に行われた軍事パレードでは、2011年の時と同様、再度農業用トラクターに牽引された民兵部隊向けとされる牽引式多連装ロケット砲が登場した。なお牽引しているトラクターに関しては新型のものと思われる車両になっていた。

軍用機[編集]

朝鮮人民軍のラウンデル。一部の装甲車両の側面や鉄帽の正面にも描かれている
2003年に撮影された朝鮮人民軍のMiG-29 «9.13»
1983年に李雄平が韓国に亡命した際のF-6
朝鮮戦争で確認されたIl-10

An-2やMi-2などの例外を除き、機体は銀または白一色で塗装されているが、MiG-29は上面を緑色、下面を水色に塗装していたが[30]、2013年に濃淡2色の灰色で塗装された機体が確認されている[23]国籍マークは機体後部側面か垂直尾翼に描かれる。機体側面に赤で3桁から5桁の番号が書かれてある。

戦闘機[編集]

攻撃機[編集]

  • Su-25K - 35機
  • A-5 - 40機。『Militaly Balance』などの一部の書籍では、ベースとなったMiG-19と混同している。
  • Il-10 - 朝鮮戦争時に使用。
  • Il-10ベースの対地攻撃機 - Il-10に酷似した独自のレシプロ対地攻撃機で、Yak-18を参考としたと見られる。主翼に7.62mm機関銃及び23mm機関砲、後方に自衛用12.7mm機銃を装備し最低2発の通常爆弾を懸架可能。1970年代に製造と見られるが馬力、武装、防御力共に貧弱なためすぐ退役したと推測される[34]

爆撃機[編集]

  • Il-28B-5(B-5は中国製) - 35機と44機。南部の苔灘郡に配備されており、離陸後数分でソウル上空に到達できるという。

輸送機[編集]

  • Li-2 - ソ連製輸送機第二次世界大戦時の機体で、改修を加えながら運用が続いたが2000年代から退役が始まり、2013年に最後の機体が処分された[34]
  • An-2Y-5 - 286機(300機という説もある[6]、Y-5は中国製)運用状況は同項目を参照。
  • An-24 - 6機
    • この他、高麗航空の旅客機も有事には輸送機として運用すると考えられる。

練習機[編集]

  • Su-7UMK
  • MiG-15UTI
  • FT-5 - 中国製。
  • FT-6 - 中国製。
  • MiG-21U/US/UM、FT-7
  • MiG-23UB
  • MiG-29UB
  • Su-25UBK
  • FB-5 - 中国製。
  • L-39 - 飛行訓練型L-39Cと兵装訓練型L-39ZAを計12機以上保有とされるが、衛星写真や記録映像などで確認されていないため現在も保有しているかは不明。
  • CJ-6 - 中国製レシプロ練習機。
  • Yak-18 - ソ連製レシプロ練習機だが、朝鮮戦争時は夜間爆撃に用いられた。中国製CJ-5も使用している可能性有。1955年6月21日に、北朝鮮から韓国に帰順したリ・ウンヨン大尉とリ・インソン少尉の機体がソウルの戦争博物館で展示されている。
  • Po-2 - Yak-18と共に、朝鮮戦争時には夜間爆撃に使用された。

ヘリコプター[編集]

北朝鮮でも生産されたMi-2(ポーランド軍の同型機)

その他[編集]

無人航空機を乗せたZIL-130トラック(2013年)
  • グライダー - 1981年からロシア沿海州アルセーニエフで製造された空中競技用セイルプレーンを輸入、第8特殊軍団隷下の空中浸透旅団で訓練用に運用しているという[6]
  • 無人航空機 - 2012年の金日成生誕100周年記念パレード[36]と2013年の戦勝記念パレードに無人飛行機を搭載したトラックが登場したほか、同年の軍事演習を伝えたテレビ映像に登場した[37]2014年3月24日[38]と3月31日[39]2017年に韓国領内に墜落したことが報じられた。いずれもデジタルカメラを搭載しており、2017年の墜落時ではTHAADを撮影していた[40]

軍艦[編集]

艦艇[編集]

フリゲート[編集]

コルベット[編集]

  • 沙里院(サリウォン)型 - 3(4?)隻
    • 満載排水量:650t、全長:62.1m、全幅:7.3m
    • 最大速度:21ノット
    • 兵装:57mm連装対空砲×2 14.5mm4連装機関砲×2 RBU-1200×2 対潜爆雷投下機×2
    • 旧ソ連製哨戒艇を基にしたと思われる艦艇。RBU-1200や爆雷投下機は装備していない艦も存在する。速力も低く沿岸警備艇程度の用途と思われる。
  • トラル級 - 1隻
    • 満載排水量:476t、全長:62m、全幅:7.1m
    • 最大速度:18ノット
    • 旧ソ連製掃海艇T-55もしくはT-34戦車砲主砲として載せた艦。第二次世界大戦時に建造された艦で、1980年代に退役したと考えられていたが、1993年のノドン発射時に1隻が日本海に展開した。

潜水艦/潜水艇[編集]

1983年12月3日にプサン近郊で発見された半潜水艇
  • ウィスキー級 - 4隻。旧ソ連製。老朽化が著しくほとんど行動不能と思われる。
  • ロメオ級 - 22隻。一部は中国製だが、大半は1995年までに国産された。船体は緑色に塗装されている[42]
  • サンオ型 - 20隻程度。北朝鮮製。全長35mの小型潜水艦。1993年に江陵浸透事件で韓国軍に鹵獲された。
  • 巡航ミサイル潜水艦 - P-15及びHY-2対艦ミサイルを搭載可能で、発射管を二つ備える予定だったと見られる。1995年4月に金正日が潜水艦の模型を視察したが、実際に建造されず計画のみに終わったと考えられる[34]
  • ヨノ型 - 10隻程度。全長29mの新型潜水艇。韓国海軍「天安」を撃沈した可能性が提起されているほか、イランに輸出されている。日本語訳でサケ型とも呼ばれることもある。
  • ユーゴ型 - 20隻程度。全長18mの浸透用潜水艇。数名の特殊部隊員を乗せることができる。1998年に韓国軍に鹵獲されている。
  • 半潜水艇 - 船体のみ潜水可能な小型艇。韓国や日本への密入出国に用いられており、韓国沿岸で鹵獲されたものもある。
  • 水中スクーター - 工作員の揚陸用に用いられているとされる。九州南西海域工作船事件で回収された他、韓国沿岸や日本の日本海側沿岸で漂着したのが見つかったことがある。

姜成山元総理の娘婿で韓国へ亡命した康明道は、1993年頃に北朝鮮が2隻のソ連製原子力潜水艦スクラップを引き受けたが、その後、スクラップ作業を行わず北朝鮮国内の軍港に係留したままにしていたことを明かしている[43]

小型艇[編集]

  • ノンゴ級高速ミサイル艇
    • 2015年2月7日に、金正恩が新型対艦ミサイルの試射に立ち会ったという報道に登場した新型ミサイル艇。労働新聞掲載の写真から、AK-630によく似たAK-230の多連装型(独自改良生産型)を一基と3M24「ウラン」(SS-N-25「スイッチブレード」)連装発射機を2基装備し、艦砲としてオート・メラーラ製76mm速射砲に酷似したものを一基搭載。更に携行型対空ミサイル(MANPADS)の連装発射機を搭載する。レーダは古野電気製の三次元式航海用レーダーと思われる民用レーダーとAK-230の火器管制用に用いられているMR-104ドラム・ティルトレーダーが装備されている。また後述のヘサム級とは異なり、艦橋部が曲線で構成されている。
  • ヘサム級
    • 近年登場したノンゴ級の改良型。艦体が傾斜したステルス艦であることが指摘されている。なお前述のノンゴ級から武装が変更されており、独自開発の14.5mm多連装機銃を2基装備している。またAK-230の多連装型機関砲が76mm速射砲と置き換わる形で一基追加され、合計2基を装備する。改良型のヘサムBと呼ばれるタイプでは艦首のAK-230の多連装型機関砲が再度76mm速射砲に置き換えられ、対艦ミサイルの発射機が艦内に格納可能な構造となり、またマストがステルス化を意識した為かより平面となっている。なお、現時点でノンゴ級とヘサム級を合わせて10隻ほどが確認されている。[44][45]
  • SES-A級ミサイル艇 1隻
    • 全長:約35m、全幅不明、排水量:約200トン台前半、速度:不明
    • 2000年代前半に衛星写真で初確認された。波の抵抗を低下させるために近年の北欧の国々のミサイル艇で採用されているSES船体が用いられている。評価試験用と思われ、一隻しか確認されていない。武装はP-15対艦ミサイルの発射機が2基、多連装版AK-23030mm機関砲が2基、また対地攻撃用と思われる多連装ロケット発射機を装備している。得られた技術ノウハウ等はノンゴ級やヘサム級を建造する際に役立てられたと思われる。
  • ソジュ型ミサイル高速艇 50隻
  • 206T「シュトールム」型魚雷艇 - 4隻
  • 海南型哨戒艇 - 4隻
    • 武装:57mm連装機関砲 - 2基、2-M-3 25mm連装機関砲 - 2基
    • 中国製警備艇で、中国をはじめアフリカ各国でも用いられる。1993年のノドン発射時には日本海に展開した。
  • チョンジン型警備艇 - 52隻
  • 工作船 - 密出入国に用いられる小型船。日本や中国漁船に偽装しているが、大型アンテナや小型艇を放出する扉を有しており、機関銃や携行ミサイルで武装、自爆装置も持つ。

その他[編集]

魚雷艇、哨戒艇、高速艇、兵員用の小型上陸用舟艇ホバークラフト等を多数配備している。哨戒艇は半島西部沿岸のワタリガニ漁場で度々韓国漁船を拿捕しており、韓国海軍の哨戒艇と交戦した(第1延坪海戦第2延坪海戦)こともある。

ミサイル[編集]

多連装ロケット砲[編集]

  • M-1985/1989/1991
  • M-1977/1985/1992/1993
  • 63式130mm多連装ロケット砲
  • 63式107mm 12連装ロケット砲 - 中国製多連装ロケットランチャー。VTT-323装甲車やM1992装甲車などの陸上車両や小型艇にも搭載されている。
  • KN-09

地対地ミサイル[編集]

  • P-15(SS-N-2「スティックス」)
  • HY-2(CSS-N-3「シルクワーム」)
    • 沿岸防衛用にM1991 122mm自走カノン砲と同型の車体に発射機1基を搭載した車体を配備、積極的に演習で試射している。Il-28、An-2に搭載して空対地ミサイルとしても運用している。

対戦車ミサイル[編集]

  • 9M14(AT-3「サガー」) - 「스성보(Susong-Po)」の名で用いている。ライセンス生産か?
  • 9K111「ファゴット」 (AT-4「スピゴット」) - 1980年代から2000年代にソ連から購入したとされ、後にリバースエンジニアリングで国産化した物を「火の鳥2」(불새-2、Bulsae-2)として運用している。
  • 火の鳥3 - 火の鳥2の改良型[46][47]
  • 火の鳥4 - 2021年10月に行われた国防武器展覧会である「自衛2021」にて公開された新型対戦車ミサイル。光ファイバーを用いた有線誘導方式とされる。なお、M2018と呼ばれるM2010装輪装甲車に対戦車ミサイルを載せた車両に搭載されているミサイルである可能性がある。形状や全体的な見た目は中国のHJ-10スパイク LR/MRに似ている。なお紹介映像には軍艦からの射撃テストの光景も紹介されていた。[48]
  • 名称不明の新型対戦車ミサイル - 上記の火の鳥4(Bulsae-4)と同じく、「自衛2021」で確認されたミサイル。形状はイスラエルニムロッド対戦車ミサイルに似ており、本家を参考にしているのであれば、かなり長射程であると思われる。
  • 9M113 - 最近出現したストライカー装甲車に似た新型装輪装甲車の対戦車型車両に搭載されていると思われる。国産化されている可能性もある。なお、この新型装輪装甲車の発射機は格納と展開が可能な構造であるとされる。朝鮮中央放送によって放送された映像中から、発射テストの様子と思われる部分が確認されている。
  • 9M120英語版 - 正規品かその類似品を入手し、使用しているとされている。[49]
  • M-2018 - 2018年に行われた軍事パレードに初登場した新型の対戦車車両。M-2010に火の鳥4を6連装発射機で搭載したものであると思われる。なお、スパイク対戦車ミサイルかその類似品を模倣生産したものを搭載したとする見方もある。

この他にも、形式不明ながら2021年9月9日に行われた軍事パレードでは、農業用トラクターを軍用向けにしたモデルに兵士が2〜3人搭乗したトレーラーを繋ぎ、その荷台に対戦車ミサイルの発射機を載せたものが登場した。

地対空ミサイル[編集]

S-125(SA-3)ミサイルを乗せたトラック(2013年)
  • S-75(SA-2「ガイドライン」) - 2010年代でも運用されている数少ない国である[50]
  • S-125(SA-3「ゴア」)[51]
  • S-200(SA-5「ガモン」)[52]
  • 9K35(SA-13「ゴファー」) - 弾頭や発射弾数に改良を加えられている物も存在する。2018年に行われた軍事パレードに登場した。その時見られたものは、4発搭載するボックス型発射機を左右両側合わせ計8発搭載したものとなっていた。[53][54][55]
  • 新型地対空ミサイル - ロシア製9K330(SA-15「ガントレット」)のコピー。2020年10月の軍事パレードに、発射機を装甲トレーラーに搭載した車両が登場した[16]。なお、原型となったとみられるものの派生型にもトラックのトレーラーに搭載する廉価版があるため、それを参考にしたと思われる。
  • ポンゲ5 - ロシア製S-300(SA-10「グランブル」/SA-12「グラディエーター」)のコピーまたはライセンス生産型。2-3連装の発射機のほか、4連装発射機とみられる車両も有[16]

2015年頃の軍事パレードで登場した際には多機能レーダーを搭載したトラックも登場した。なおレーダーの形状的には元にしたとされるS-300地対空ミサイルの目標追尾やミサイル誘導で使われる30N6「フラップリッド」と酷似している。

  • ポンゲ6 - ロシア製S-400(SA-21「グラウラー」)のコピーまたはライセンス生産型。4連装発射機とみられる車両が有[16]

携帯式地対空ミサイル[編集]

  • 9K32「ストレラ-2」(SA-7「グレイル」) - 「Hwasung-Chong」の名で生産。中国製HY-5も用いられている。
  • 9K310「イグラ-1」(SA-16「ギムレット」) - 九州南西海域工作船事件で海中から発射機が回収された。
  • FIM-92「スティンガー」 - 入手されているとされるが、入手経路や部隊配備が訓練映像や軍事パレード等で確認されていない。入手経路としては、アフガニスタンやその他中東近辺だと思われる。試験目的で入手した可能性あり?

空対空ミサイル[編集]

地対艦ミサイル[編集]

  • 金星3 - 北朝鮮の地対艦巡航ミサイル、ロシアのKh-35対艦ミサイル(3M24「ウラン」、SS-N-25「スイッチブレード」)とよく似ている[57]。4連装発射機を搭載した車両と、6連装発射機を搭載した装軌車両がある[16]
    • 艦対艦ミサイルとして、ノンゴ型新型ミサイル艇や新型コルベットとされる艦にも搭載されている。

弾道ミサイル[編集]

  • KN-02 (ドクサ)- 9K72の独自改良型。2008年の軍事パレードでベラルーシ製トラックに搭載されて登場。
  • スカッド
  • ノドン
    • ノドン一号 - 初代ノドン。
    • ノドン二号 - 二代目ノドン。
    • 進歩型ノドン
  • テポドンシリーズ
  • ムスダン - ソ連製R-27(SS-N-6)を改良、地上発射型に改装した中距離弾道ミサイル[52]
  • KN-23英語版 - 9K720に類似した新型の短距離弾道ミサイル(SRBM)。2017年9月ごろ、最初の試射が行われ、続く2019年5月4日と9日、7月25日、8月6日に相次いで発射試験が行われた。
  • KN-24英語版 - MGM-140 ATACMSに類似した新型短距離弾道ミサイル(SRBM)。全長が長く、複数箇所で異なる構造をしている。2019年8月と2020年3月に発射試験が行われた。
  • 精密誘導型短距離弾道ミサイル(名称未公開) - 2017年5月29日に発射し、北朝鮮は精密誘導ミサイルと発表した。[58]
  • KN-27 - 2021年3月25日に発射された新型とみられる精密誘導短距離弾道ミサイル。同年1月に開催された閲兵式で初公開された5軸10輪の移動式発射台に乗せられたミサイルと同一であるとされ、労働新聞ら現地国営メディアも発射成功と伝えた。[59]
    • KN-24の射程延伸などの改良型と思われ、外見が酷似している。
  • 火星12(KN-17)
  • 火星14 - 2017年7月4日に発射された、大陸間弾道ミサイル(ICBM)。通称KN-20。[60]
  • 火星15(KN-22)
  • 火星17英語版 - 2020年10月に行われた軍事パレードで初めて登場した。11組22輪の超大型移動発射台に搭載されており、射程は13000km超と専門家から推測されている。

その他兵器[編集]

  • ATM-74英語版 - ロシア製TMD-B地雷を基にした地雷。外ケースは木製。
  • 爆薬 - 角筒形容器に信管を組み込んだ破壊工作、および自爆用携行爆薬が南侵トンネルや工作船から見つかっている。
  • 自由-914 - 兵員降下用落下傘。北朝鮮国産。
  • 自由-91 - 自由-914の後継として配備されている落下傘。軽量化されている上に最低降下/開傘高度が低くなっており、亡命者の証言でも操作が容易で折り畳みやすく、着地時の衝撃も少ないと評されている[6]
  • 軍刀-大日本帝国統治下の時代に持ち込まれたものとみられる。一部は大東亜戦争時にて鹵獲されたものが朝鮮戦争で使用された。なお現在まで軍事パレードや閲兵式で用いられている可能性があるが、途中で置き換えられている可能性もある。

核兵器[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 床井雅美『現代軍用ピストル図鑑』徳間文庫 2002年 ISBN 4-19-891660-8
  2. ^ a b c d e f g h i 李ジョンヨン:著 宮田敦司:訳『北朝鮮軍のA to Z 亡命将校が明かす朝鮮人民軍のすべて』 光人社 2009年 ISBN 9784769814436
  3. ^ 藤本健二『金正日の料理人 間近で見た権力者の素顔』扶桑社 2003年 ISBN 978-4-594-05846-3
  4. ^ 李英國・著、李京榮・監訳『私は金正日の極私警護官だった 仮面に隠された戦慄、驚愕の素顔』ブックマン社 2003年 ISBN 9784893085252
  5. ^ a b c d e 内藤陽介『北朝鮮事典―切手で読み解く朝鮮民主主義人民共和国』竹内書店新社 2001年 ISBN 9784803503166
  6. ^ a b c d e f ジョゼフ・S・バーミューデッツ:著 高井三郎:訳『北朝鮮特殊部隊 -組織・装備・戦略戦術-』 並木書房 2003年 ISBN 4-89063-167-4
  7. ^ 床井雅美『最新サブ・マシンガン図鑑』徳間文庫 2000年 ISBN 4-19-891342-0
  8. ^ 塹壕(ざんごう)の中で自動小銃を構える朝鮮人民軍の兵士。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2005年5月). 2021年1月17日閲覧。
  9. ^ 『北朝鮮 金 正恩 警護要員のヘリカルマガジン付98式小銃??』” (日本語). タクティカル コム. 2022年4月3日閲覧。
  10. ^ 시사저널 – 북한 5만 특공대, 저공 침투 대기중”. sisapress.com (1996年9月19日). 2021年3月時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月11日閲覧。
  11. ^ ステイン・ミッツァー、ヨースト・オリマンス 『朝鮮民主主義人民共和国の陸海空軍』大日本絵画、2021年9月、p.58-59,153頁。ISBN 978-4-499-23327-9 
  12. ^ a b “2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した対空自走砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集」時事ドットコム”. 時事通信社. (2012年4月15日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-000_Hkg7185744&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  13. ^ 重村智計 『北朝鮮データブック』講談社現代新書1359 1997年 ISBN 4-06-149359-0
  14. ^ “平壌・金日成広場で行われた祖国解放戦争勝利(朝鮮戦争停戦)60周年慶祝閲兵式で走行する旧ソ連製T54/55もしくは中国製59式戦車。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2013年7月17日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14940490&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  15. ^ “北朝鮮が新型戦車「暴風号」初公開、旧ソ連製を改良”. 聯合ニュース. (2010年8月17日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2010/08/17/0300000000AJP20100817000700882.HTML 2012年6月19日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h JSF (2020年10月12日). “北朝鮮2020年10月10日軍事パレード新兵器10種類の解説”. - 個人 - Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20201011-00202500/ 2021年1月17日閲覧。 
  17. ^ 北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信が「朝鮮人民軍近衛ソウル柳京守第105戦車師団管下の区分隊による戦車訓練」として配信した写真。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2010年1月7日). 2021年1月17日閲覧。
  18. ^ 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した自走ロケット砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  19. ^ 日本兵器研究会『世界の軍用4WDカタログ』アリアドネ企画 2001年 ISBN 9784384025491
  20. ^ “平壌・北朝鮮・平壌で行われた労働党創建65周年記念の軍事パレードに登場した軍用車両。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2010年10月10日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp09964023&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  21. ^ 日本兵器研究会 編『世界の装軌装甲車カタログ』三修社 2001年 ISBN 4-384-02660-9
  22. ^ “砲撃演習を行う北朝鮮の大型自走砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2009年2月12日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp09712262&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  23. ^ a b “朝鮮人民軍第641軍部隊管下の長距離砲兵区分隊を視察する金正恩第1書記。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2013年3月11日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14200423&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  24. ^ 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した自走砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  25. ^ Projectile launched from Kusong also determined to be "North Korean Iskander"”. english.hani.co.kr. 2022年4月11日閲覧。
  26. ^ “2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した自走対空砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2012年4月15日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp12430981&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  27. ^ 北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場した自走ロケット砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2011年9月9日). 2021年1月17日閲覧。
  28. ^ 北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場した軍用車両。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2008年9月9日). 2021年1月17日閲覧。
  29. ^ 北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードに登場した多連装ロケット砲。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2011年9月9日). 2021年1月17日閲覧。
  30. ^ 朝鮮人民軍空軍第1017軍部隊の軍人らと記念写真に納まる金正恩党中央軍事委副委員長(中央)。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年1月30日). 2021年1月17日閲覧。
  31. ^ 北朝鮮空軍のMIG19戦闘機。1996年5月、北朝鮮空軍パイロットが飛行訓練中に脱走し、韓国の水原基地に着陸した際に搭乗していた機体。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (1996年5月23日). 2021年1月17日閲覧。
  32. ^ “朝鮮人民軍空軍と第630大連合部隊の飛行訓練。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2013年2月22日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14105296&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  33. ^ 2010年8月17日、中国東北部の遼寧省撫順県で墜落した北朝鮮空軍の戦闘機。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2010年8月17日). 2021年1月17日閲覧。
  34. ^ a b c ステイン・ミッツァー/ヨースト・オリマンス著 村西野安/平田光夫 訳『朝鮮民主主義人民共和国の陸海空軍』大日本絵画 2021年 ISBN 978-4-499-23327-9
  35. ^ “平壌・金日成広場で行われた祖国解放戦争勝利(朝鮮戦争停戦)60周年慶祝閲兵式でデモンストレーション飛行するヘリコプター。:北朝鮮の軍事力 写真特集」時事ドットコム”. 時事通信社. (2013年7月27日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14940869&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  36. ^ “2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した無人機。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2012年4月15日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp12430982&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  37. ^ “北朝鮮のテレビニュースが伝えた軍事演習で、無人機とみられる兵器が発射準備を整えた様子。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2013年3月20日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14253379&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  38. ^ “韓国北西部の京畿道坡州市で、2014年3月24日に発見された北朝鮮のものとみられる無人機。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2014年4月2日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jpp016975850&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  39. ^ “黄海の北方限界線(NLL)に近い韓国のペクリョン島で、2014年3月31日に発見された北朝鮮のものとみられる無人機。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2014年4月2日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jpp016975852&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  40. ^ “CNN.co.jp:韓国軍、北朝鮮のドローン回収 THAADを偵察か”. CNN. (2017年6月14日). https://www.cnn.co.jp/world/35102698.html 2018年11月25日閲覧。 
  41. ^ 藤木平八郎「ネーバル・レビュー2009」『世界の艦船』2010年4月号 海人社
  42. ^ “北朝鮮海軍のロメオ級通常型潜水艦。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社. (2014年6月16日). https://www.jiji.com/jc/d4?p=nkm225-jlp14200423&d=d4_mili 2021年1月17日閲覧。 
  43. ^ 康明道『北朝鮮の最高機密』文藝春秋 1998年 ISBN 9784163508405
  44. ^ 北朝鮮が新型対艦ミサイルの試射に成功 「近く実戦配備」|DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)
  45. ^ 「海外艦艇ニュース 北朝鮮が新型対艦ミサイルを保有」 『世界の艦船』第802集(2014年8月号) 海人社
  46. ^ North Korea has upgraded old anti-tank missile with laser guided system called Bulsae-3 - Armyrecognition.com, 4 March 2016
  47. ^ North Korea Says Its New Missile Can Turn Tanks Into "Boiled Pumpkins" - Popularmechanics.com, 29 February 2016
  48. ^ https://www.globalsecurity.org/military/world/dprk/bulsae-4.htm
  49. ^ ARG. “Ataka Anti-Tank Guided Missile - Military-Today.com”. www.military-today.com. 2022年4月11日閲覧。
  50. ^ 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した旧ソ連製SA2地対空ミサイル。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  51. ^ 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した旧ソ連製SA3地対空ミサイル。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  52. ^ a b 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した旧ソ連製SA5地対空ミサイル。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  53. ^ 2012年4月15日に平壌で開かれた故金日成主席の生誕100周年の軍事パレードに登場した軍用車両。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2012年4月15日). 2021年1月17日閲覧。
  54. ^ 実弾射撃訓練を行う北朝鮮の地対空ミサイル。:北朝鮮の軍事力 写真特集:時事ドットコム”. 時事通信社 (2013年3月21日). 2021年1月17日閲覧。
  55. ^ History of the KPAF (in Russian), airwar.ru
  56. ^ Brief on the Defence Development Exhibition of the Democratic People’s Republic of Korea. One Earth Future. 20 October 2021.
  57. ^ 北朝鮮が巡航型の地対艦ミサイルを発射 2017.6.8
  58. ^ 新型誘導ミサイル「成功」北朝鮮、誤差7メートル主張 精度向上を誇示、米けん制 産経新聞2017.5.30web魚拓
  59. ^ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210326/k10012936701000.html
  60. ^ 「火星14号」が933キロ飛行と発表 北朝鮮産経新聞(2017.7.4)web魚拓

外部リンク[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています