海南型哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海南型哨戒艇 (037型駆潜艇)
DengXiaoPingNanXunJunJian.jpg
基本情報
種別 駆潜艇
運用者  中国人民解放軍海軍
就役期間 1964年 - 現在
次級 海久型哨戒艇 (037-I型)
要目
排水量 基準395トン / 満載430トン
全長 58.77 m
最大幅 7.20 m
吃水 2.24 m
主機 ディーゼルエンジン×4基
推進器 スクリュープロペラ×4軸
出力 8,800馬力
速力 30.5ノット (定格28ノット)
航続距離 1,800海里 (14kt巡航時)
乗員 78名
兵装 ・66式62口径57mm連装砲×2基
・61式25mm連装機銃×2基
81式5連装対潜ロケット砲×4基
・64式爆雷投射機BMB-2×2基
・爆雷投下軌条×2条
レーダー ・351型 対水上捜索用
ソナー ・タミール 高周波型
テンプレートを表示

海南型哨戒艇英語: Hainan-class patrol crafts)は、中国人民解放軍海軍哨戒艇駆潜艇)の艦級に対して付与されたNATOコードネーム[1]。中国人民解放軍海軍での名称は037型駆潜艇037型反潜护卫艇[2]

人民解放軍海軍は、1950年代後半より小型水上艦艇のファミリー化を模索し始めた。これは、駆潜艇や指揮艇、交通艇などを同じ設計にもとづいて建造するものであり、これに応じて開発されたのが本型である[2]。設計面では、ソビエト連邦のSO-1型がベースとされている[3]。なお、初期建造艇では、主砲はアメリカ製のMk.26 3インチ緩射砲とされている[1]

1番艇は1962年8月に起工され、1963年12月に進水、1964年3月より海上公試に入った[1]。以後、1980年代末までに100隻以上が建造された[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 126-127. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b war.163.com. “海上轻骑兵—中国海军037系列猎潜艇_网易新闻中心” (中国語). 2015年5月18日閲覧。
  3. ^ a b 『中国/台湾海軍ハンドブック 改訂第2版』海人社、2003年、86頁。NCID BA65027607

関連項目[編集]