中華民国海軍陸戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華民國海軍陸戰隊
陸戦隊旗
陸戦隊旗
創設 1914年
国籍 中華民国の旗 中華民国
軍種 海軍
兵科 陸戦隊
規模 9,000 人
上級部隊 ROC Ministry of National Defense Flag.svg 中華民国国防部
基地 中華民国の旗 中華民国台湾
高雄市左営区
モットー 永遠に忠実な
彩色 赤、黄
行進曲 海軍陸戦隊歌
主な戦歴 国共内戦
ベトナム戦争
指揮
現司令官 ROCMC Lieutenant General's Flag.svg 指揮官 陳子鳳 中将
識別
陸戦隊の章 Republic of China Marine Corp (ROCMC) Logo.svg

中華民国海軍陸戦隊(ちゅうかみんこくかいぐんりくせんたい、中華民國海軍陸戰隊)は、揚陸、上陸阻止、領土奪還、台湾本島及び外島、離島の防衛、軍事施設警備等を任務とする、中華民国の軍部隊である。英語表記は”Republic of China Marine Corps”であり[1]、日本語の定義[2]では”陸戦隊”ではなく、”海兵隊”に該当する。そのため、日本の書籍では、”台湾海兵隊”との表記も見られる[3]

沿革[編集]

既存の新建陸軍兵力がおおむね引き継がれた陸軍とは異なり、清海軍や革命軍の編成した陸戦隊は後の代に引き継がれる事なく解散した。そのため、北洋政府の陸戦隊はゼロからのやり直しであった。1912年4月、警衛隊が成立。中隊規模であった徐々に規模を増やして1914年には2個営(大隊)に改編され、北京、上海に駐留した。なお、このほかにも臨時編成された「陸戦団」と呼称されていたようである。

1922年、海軍総司令官に福建出身の杜錫珪が就任。そのころ、福建では督軍・李厚基が安徽派や護法軍政府の圧力を受け、急速にその権力に綻びを見せてつつあった。加えて、かねてより李と彼の寵臣であった警察長官王献臣の圧政に苦しんでいた民衆も暴動を起こし、内憂外患の様相を呈していた。そこで杜は、兵力のほとんどを福建平定に派遣。以後、陸戦隊は臧致平の造反や許崇智ら護法軍政府と対峙しつつ、直隷派の防衛線たる福州を孫伝芳とともに維持。杜錫珪の庇護を受けて着実に勢力を伸ばし、2年の間に1個旅団規模まで成長していた。

しかし、1924年(民国13年)9月の第2次奉直戦争にて直隷派が敗北すると杜錫珪も失脚。後ろ盾を失った陸戦隊は新たに海軍総長となった林建章に圧力を加えられ、翌1925年5月には楊砥中が処刑され、10月には一個大隊にまで縮小させられてしまう。翌年、杜に近い立場の楊樹荘が海軍総長に就任した事で旅団が復活。その年末には福建を制圧した国民革命軍に対し、楊の意向もあり迅速に帰順、孫伝芳軍の掃討に参加している。

一方の広東軍政府では、「中華革命黨海軍陸戰隊」が袁世凱陸戦隊司令であった楊虎が就任した。第一次護法運動の失敗で孫文が広州を離れたのち、林葆懌らによって拡充が行われたが、陳炯明の反乱により接収され消滅する。その後1924年に再興され、2個団(連隊)にまで成長していたが、張太雷中国語版ら中共党員の引き起こした広州暴動に陸戦隊の兵士も参加していたことが発覚したため解散、楊樹荘の積極的な軍閥側であった元駐閩陸戦隊を充てる事となった。しかし、国民政府成立後、陸軍や空軍のような大規模な改革が海軍で行われることもなく、主力艦艇の壊滅後は目立った活躍もなく、各部隊は戦後に解散、陸軍に編入させられている。そのため、陸戦隊が今の様な形となったのは戦後になってからである。

年譜[編集]

北洋海軍陸戦隊
  • 1912年4月 - 北洋政府海軍部、警衛隊を設立。初期編制は2個区隊で8個排(小隊)を共有。管帯は林鎔禧。第1区隊長は范銘升、第2区隊長は宋槐清。
  • 1913年
    • 2月 - 2個連(中隊)に拡充。第1連連長は邱官平,第2連連長は游兆麟。
    • 6月 - 警衛隊、上海高昌廟鎮を拠点とする[4]
  • 1914年12月 - 中華民国海軍部警衛隊、海軍陸戦営(大隊)に改編
  • 1918年
    • 2月 - 陸戦営、1個機槍連(機関銃中隊)を増設。連長は陳揚琛。
    • 7月 - 招募した新兵で4個連を増設し、第2営が成立。第1営営長は孔祥雲、第2営営長は林鎔禧。第1営は北京、第2営は上海高昌廟海軍總司令部および海軍江南造船所、馬尾造船所の警衛任務に当たる。なお、総兵力は2個営8連、並每營各1個機槍連
  • 1922年
    • 10月 - 杜錫珪、福建平定のため第二艦隊司令部副官の楊砥中を統帯とし、陸戦隊の第1営および第2営隷下の3個連兵力を福建に派遣[5]
    • 11月 - 馬尾警備司令部成立
  • 1923年
    • 1月 - 駐閩陸戦隊を拡充し、福州南台中州水亭厘局にて海軍陸戦隊統帯部が成立。統帯は楊砥中、参謀長は黄懋和。第1営営長は林忠、第2営営長は馬坤貞
    • 5月 - 海軍陸戦隊統帯部、暫編第1混成旅に改編。第1団団長は馬坤貞、第2団団長は林忠。また同時期、独立団(団長:林志棠)および砲兵、工兵、機關槍、迫撃砲等各1個連を増設。隷下部隊は8個歩兵営および機関槍と山砲各1個営となり、以降陸戦隊の基本単位は営になる[6]
    • 10月 - 第1混成旅、正式に成立。
  • 1924年
    • 4月 - 長門砲台中国語版にて海軍陸戦隊講武学校が開校。校長は楊砥中、監督は李世甲、教育長は薩君豫
    • 5月 - 厦門を占領。海軍閩廈警備司令部衛隊營(營長莊宗周,轄4個連)成立。特別歩兵団独立第3營を拡充し歩兵第3団として編入、団長は黄懋和参謀長が兼任(のち林志棠)。砲兵連は砲兵営(営長:洪貞銘)に拡充。その後、砲兵營を2個から3個連(野砲1連;山砲2連)に拡充。この外、旅部直属部隊も拡充された。駐留地に福清、連江、長樂、平潭等を追加
    • 6月 - 海軍陸戦隊講武学校、「海軍陸戦隊軍官研究班」と改名、陸戦隊の下級軍官を招集し再訓練を行う。また、新規軍官の養成教育のため学生隊を増設[7]
    • 8月 - 孫伝芳指揮下の陸軍駐福州第一独立団(団長:林壽國)を海軍陸戰隊第一混成旅歩兵独立団へと改編、4個団制となる。莆田、仙游等の地に分駐
  • 1925年
    • 2月 - 楊砥中、汚職のため林建章海軍総長の命により逮捕され処刑。第2団長の林忠が旅長代理となる[8]
    • 3月 - 歩兵独立団、第一混成旅歩兵第3団へと改編。
    • 10月 - 第一混成旅、段祺瑞の命を受け解体。残存兵力で陸戦大隊を編成。隷下に2個支隊を有し、一支隊長は林忠、二支隊長は林壽國。大隊長は海軍總司令楊樹荘が兼任[9]
  • 1926年
    • 1月8日 - 陸戦大隊、第一混成旅に復編
    • 11月 - 北洋海軍第1艦隊司令兼駐閩廈警備司令陳季良、国民革命軍に帰順
    • 12月 - 第一混成旅、楊樹荘の命を受け「国民革命軍海軍陸戰隊司令部」司令は林壽國(17年1月以降は楊廷英)、第1團(団長:金振中)及び第2団(団長:邱振武)等2個団を管轄
  • 1927年
    • 1月 - 寧徳市の北洋陸軍第11混成旅(旅長:王麟)残存兵力を接収、2個暫編独立団とする。第1団団長は沈珂、第2団団長は沈國英。
    • 3月 - 第2團團長金振中率全團及陳德堃1個營を上海に派遣
    • 8月 - 2個混成旅與4個團之編制;林忠を陸戰隊第1混成旅旅長とし、陸戰隊第1混成旅歩兵第3団を拡充して新たに陸戰隊歩兵第1旅を編成、旅長には団長の林壽國。歩兵第3団には新編第1・第2の2個独立団を合併縮編させ充てた[10]
    • 11月,陸戰隊第1混成旅調省城福州屯防,以旅長林忠兼任省防司令。陸戰隊步兵第1旅則由林壽國率隊清剿閩南股匪。
    • 12月,楊樹莊、林国賡中国語版を漳廈警備司令に任じ、福州、廈門の警備に当たらせる
東北海軍陸戦隊

1928年12月成立。第1大隊長は張赫炎、第2大隊長は李潤青。各大隊は4個中隊を擁し、各中隊は3個分隊を擁する。1個大隊約600人と陸軍にも匹敵する規模で、青島、煙台、長山八島、吉林及黑龍江省沿江等広く駐留していたが、中東路事件の10月12日に同江之役中国語版にて第1大隊が壊滅、1930年11月24日、「中華民国海防陸戦隊」と称し、1931年には補充大隊(大隊長:尹祚乾[11])を増設するなど再起を図るも、満州事変で消滅した。その後、青島にて再興を果たすが、日中戦争勃発に伴う華北の制圧によって青島を追われた。

青島海軍陸戦隊

第三艦隊に隷属。

  • 1928年東北海軍陸戦隊の一部隊として設立
  • 1931年 - 東北海軍残存兵力に統合される
  • 1933年7月 - 第2大隊増設
  • 1935年 - 大隊を營と改称。
  • 1936年2月 - 陸戦支隊に改称し陸戦支隊司令部成立。司令は張赫炎。第1営(営長:張赫炎兼任)及び第2営(営長:李潤青)
  • 1937年
    • 年初 - 第3艦隊教導總隊と合併。大隊制復活
    • 7月 - 海軍陸戦總隊
  • 1939年 - 改編為特種兵總隊。
護法軍海軍陸戦隊/国民革命軍海軍陸戦隊

1915年12月 - 広州にて「中華革命黨海軍陸戰隊」。司令は楊虎 1917年7月 - 孫文、広東省省長朱慶瀾に「省長親軍」の20個営編成を要請

  • 1918年5月 - 3個営の「民軍」を陸戦隊に改編。護法海軍総司令部参謀および同安艦艦長饒鳴鑾が陸戦隊統領を兼任、海軍司令部警衛隊1個営(営長:梁渭華)併設
  • 1919年3月,陸戦隊統領を陸戦隊司令と改称、鈕永健が司令就任
  • 1920年
    • 7月 - 陸戦隊司令を陸戦隊総指揮と改称、李綺が総指揮就任
    • 7月15日 - 陸戦隊総指揮の名称を陸戦隊司令に戻す。陳策が司令就任
  • 1922年4月 - 正式名称を「護法軍政府大元帥府(大本營)海軍陸戦隊」と改称
  • 1922年6月 - 陳炯明により陸戦隊接収。「廣東省警衛軍」と改称
  • 1924年秋 - 広東海軍、陸戦隊を新編。2個支隊及び2個独立連を擁する
  • 1927年12月17日 - 広州暴動に陸戦隊の兵士も参加していたことが発覚したため暴動平息後、陸戦隊解散
国民革命軍海軍陸戦隊步兵第一旅
  • 1927年8月,由第一混成旅步兵第三團擴編。
  • 1927年11月,改編為混成旅,下轄3個團,旅長為林忠。
  • 1929年編遣,改為第一獨立旅。
国民革命軍海軍陸戦隊步兵第二旅
  • 1927年8月,由步兵獨立團擴編。
  • 1927年11月,擴編為混成旅,下轄2個團,旅長為林壽國。
  • 1929年編遣,改為第二獨立旅。
國民革命軍海軍陸戰隊步兵補充團
  • 補充第一団:1927年末、閩廈警備司令部衛隊営を改編。団長は莊宗周。廈門、金門及び東山島一帯に駐留
  • 補充第二団:1928年末、閩南沿海各縣鹽務緝私隊を改編。団長は何心浚。同安、馬巷、安海、蓮河一帯に駐留。1929年11月の編遣後財政部の帰属となる
  • 第三補充団:1928年2月成立
  • 第四補充団:1928年2月成立
  • 砲兵營:1928年2月成立。
海軍陸戰隊第一獨立旅
  • 1929年定編。
  • 1933年10月,海軍廈門要港護砲台教導總隊併入,改編為補充營。
  • 1934年1月,第三團裁編,併入一、二團,12月4日,與第一獨立旅互換番號。
  • 1936年,第三團編制復活。
  • 1938年4月,裁撤補充營。
  • 1945年6月,裁編,併入陸軍。
海軍陸戰隊第二獨立旅
  • 1929年定編。
  • 1936年,裁軍法處。
  • 1938年8月8日,設海軍陸戰隊新兵訓練所。
  • 1945年6月,裁編,併入陸軍。(第四團1946年裁編)
海軍警備隊
  • 1945年8月成立於上海,下轄9個連,隊長葉寶琦,後併入陸戰隊。
  • 1946年 - 世界情勢に配慮して、中華民国陸軍が設立
  • 1947年 - 国共内戦激化し、9月16日福建省福州馬尾に6個中隊を隷下に置いた重建海軍陸戦隊大隊が発足
  • 1948年 - 陸戦第1、第2、第3連隊を海軍警衛連隊に統合
  • 1949年 - 陸戦第2旅団と上海陸戦隊司令部を成立。同年舟山市と海南島を防衛するため定海区に移転。次に中華民国政府は台湾に移り、高雄市左営区に集中させた。
  • 1950年から1952年9月 - 前後して運輸車第1、第2大隊と海軍陸戦隊学校を増編
  • 1953年6月 - 南ベトナムフーコック島奪還のため富台部隊を編制
  • 1955年1月 - 陸戦第2旅団と陸軍第45師団を陸戦第1師団に統合、作戦勤務連隊及び新兵訓練中心を増設。11月に陸軍第780捜索連隊を本隊として創設
  • 1957年4月 - 陸戦隊士官学校が成立し、6月には艦隊陸戦隊司令部が成立
  • 1959年 - 新兵訓練営、新兵訓練中心に拡大
  • 1962年3月 - 警衛第1連隊成立
  • 1965年2月 - 警衛第2連隊成立
  • 1966年9月 - 陸戦第1旅団と陸軍第81師団を陸戦第2師団に統合
  • 1967年 - 登陸戦車指揮部成立
  • 1968年9月 - 艦隊陸戦隊司令部を解散し、恒春基地指揮部成立
  • 1969年3月 - 将戦車指揮部を登陸戦車団に変更
  • 1969年3月 - 新兵訓練中心と三軍聯訓基地指揮部を陸戦第77師団に統合
  • 1971年6月 - 陸戦隊検診所を陸戦隊医院に拡大、同時に憲兵連成立
  • 1974年4月 - 恒春訓練基地を三軍聯訓基地に拡大
  • 1975年 - 戦勤団基地工廠を陸戦隊専用装備総合基地工廠に拡大
  • 1981年 - 特種勤務隊と第2陸戦師団対戦車中隊成立
  • 1983年5月 - 戦勤連隊保養大隊と保養小隊を工兵戦車保養中隊に統合
  • 1984年7月 - 陸戦第77師団を解散し、三軍聯訓基地指揮部及び新兵訓練中心に戻す
  • 1985年4月 - 空観隊解散し、10月に陸軍船舶大隊駁車中隊を本隊として創設、両棲駁運車中隊第1、第2中隊として命名
  • 1986年1月 - 海軍陸戦隊学校及び陸戦隊士官学校を合併、7月に陸戦隊医院を改編し医務所とする、9月に勤戦勤連隊岸勤第99大隊を改編し、第2陸戦師団岸勤大隊とし、並びに第2陸戦師団化学兵大隊成立
  • 1987年9月 - 空軍防砲第209大隊第4中隊及び空軍防砲第211大隊第2中隊を本隊として改隷し、第2師団砲兵連隊を編入
  • 1988年7月 - 豫劇隊の編成が命令され、9月に政治作戦中隊が編成される
  • 1995年12月 - 豫劇隊は教育部として改隷される
  • 1997年7月 - 精実案が施行され、司令部15個処、組、轄陸戦旅団、守備旅団、基地警衛旅団、烏坵指揮部、新兵訓練指揮部、両棲偵捜大隊、登陸戦車大隊、補保大隊、工岸大隊、通信電子大隊、総合補修工廠、隊部大隊等を13個単位、管制海軍陸戦隊学校、三軍総訓基地を2個単位として本隊に再編した。
  • 2004年4月 - 精進案が施行され、第一段階として新兵訓練指揮部と国防部後備司令部に移動、補保大隊弾薬中隊を聯合後勤司令部に移動
  • 2005年1月 - 海軍三軍聯合作戦訓練基地指揮部を本隊に移動、海軍水中爆破大隊を両棲偵捜大隊に移動、海軍灘岸勤中隊、装備中隊を工岸大隊に移動。4月に陸戦旅団、守備旅団を陸戦先鋒第66旅団、陸戦第99旅団に名称変更。7月に基地警衛旅団を陸戦第77旅団に名称変更、工岸大隊を灘岸勤務大隊に名称変更、通信電子大隊を通資電大隊に名称変更
  • 2006年3月 - 海軍陸戦隊司令部を海軍陸戦隊指揮部に名称変更

組織[編集]

現在、陸戦隊は中華民国海軍の下に置かれ、人員は約9000人ほどである。陸戦隊員は、中華民国海軍陸戦隊学校で育成され、有事の際には迅速に行動できるようになっている。また、陸戦隊志願者の中から対ハイジャックや対テロ等の任務に就く海軍陸戦隊特勤隊が台湾南部に編制されている。現在、中華民国では軍の兵力削減が進んでおり、海軍陸戦隊については解体して陸軍に編入するという話が出ているが、政府は否定している[12]

  • 中華民国海軍司令部
    • 海軍陸戦隊指揮部
      • 陸戦旅団(3個旅団)
        • 陸戦第66旅団「先鋒部隊」
        • 陸戦第99旅団「鐵軍部隊」
        • 陸戦防空警衛群(2013年11月2日、陸戦第77旅団から改編)「鐵衛部隊」
      • 直属専業大隊(3個大隊)
        • 両棲偵捜大隊
        • 登陸戦車大隊
        • 戦闘支援大隊(7個中隊)
          • 通電中隊
          • 通資中隊
          • 灘勤中隊
          • 岸勤中隊
          • 衛勤中隊
          • 補保中隊
          • 運輸中隊
        • 隊部大隊
      • 烏坵守備大隊
      • 三軍聯訓基地
      • 海軍陸戦隊学校
      • 海軍陸戦隊新訓中心

装備[編集]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国防部サイト
  2. ^ 海軍省
  3. ^ PANZER
  4. ^ 金、p.445
  5. ^ 国防部、p.25
  6. ^ 国防部、p.26
  7. ^ 金、p.162
  8. ^ 金、p.49
  9. ^ 金、p.50
  10. ^ 国防部、p.32
  11. ^ 金、p.359
  12. ^ “台湾で海兵隊「解体論」 総統は否定、存在アピール 背景に中国との関係”. 産経新聞. (2014年7月21日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140721/chn14072118460009-n1.htm 2014年8月16日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 海軍省海軍軍事普及部「海軍陸戦隊の話」 『週報第74号』 内閣情報部編集、​​内閣印刷局、1938年3月16日
  • 『PANZER』第546号、アルゴノート社、2013年12月、 90頁。
  • 金智『青天白日旗下民國海軍的波濤起伏(1912-1945)』獨立作家出版、2015.5。ISBN:9789865729707
  • 中華民國海軍陸戰隊發展史 (PDF)” (中国語). 中華民国国防部. 2017年9月17日閲覧。