アンゴラ共和国軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンゴラ軍
Forças armadas de Angola
派生組織 アンゴラ陸軍
アンゴラ海軍
アンゴラ人民空軍及び防空軍
総人員
兵役適齢 17歳から49歳
徴兵制度 徴兵制度
産業
国外供給者 エンブラエル
関連項目
歴史
テンプレートを表示

アンゴラ軍(アンゴラぐん)は、アンゴラ共和国軍隊である。

陸軍、海軍(Marinha de Guerra、MGA)、空軍及び防空軍の3軍に分れ、総兵力11万を擁する。陸軍が最大の組織であり、10万以上の兵力を有する。海軍は、3,000人の兵員と小型の哨戒艇を運用し、空軍は戦闘機・輸送機を含むロシア製の装備を7,000人の兵員で運用する。

飛地カビンダの独立運動を抑えるために展開しており、コンゴ民主共和国コンゴ共和国にも少数の人員が駐留している。

アンゴラ陸軍[編集]

1974年、宗主国であるポルトガルがカーネーション革命によって全ての植民地を放棄したことにより、最大勢力MPLAの軍事組織FALPAを基に設立された。その後、アンゴラ内戦にてUNITAなど反政府軍や旧南アフリカ国防軍と交戦している。

1990年の時点で73の旅団を保有し、その中には2個特殊部隊旅団やコマンド部隊、更にはGAE(特殊行動集団)も存在している。2010年の時点で10万人以上もの兵を擁しているが、そのうち29000人が実際は勤務していない「幽霊兵士」であることが指摘されている。

使用する装備はAK-47などワルシャワ条約機構から調達したものが主だが、H&K G3などポルトガル植民地時代の装備も見られる。

アンゴラ海軍[編集]

3000人の兵員と哨戒艇を擁し、小規模な海軍と言える。艦艇の種類はアンゴラ海軍艦艇一覧を参照。

アンゴラ空軍[編集]

1975年の設立以来、アンゴラ内戦にて南アフリカ空軍とたびたび交戦した。現在では99機の戦闘機。59機の戦闘爆撃機。16機の戦闘ヘリコプターを保有している。

ルアンダ、ベラス、クイト、ルアンゴ、ナミベに空軍基地を保有し、Mig-21などロシア製の航空機だけでなく、エンブラエル EMB-314などブラジル製、スペイン製、ウクライナ製の航空機も保有する。現在、多数の航空機が使用不可能な状態になっていると言われている。

関連項目[編集]