ボツワナ国防軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボツワナ国防軍(ボツワナこくぼうぐん、英語: Botswana Defence Force, BDF)は、ボツワナの軍隊である。

ボツワナ防衛軍の兵士(左)

概要[編集]

ボツワナ軍は陸軍を主として構成されている。陸軍8,500名、空軍500名の他、準軍事組織として警察の機動隊1,500名を擁する。内陸国であるため海軍は存在せず、陸軍の部隊が担当する。徴募制度は志願制。指揮官はTebogo Masire[1](2006年11月1日着任)。

データ[編集]

  • 軍事予算 - 2億8,300万ドル(2007年)

歴史[編集]

1977年設立。前年に隣国ローデシアが反政府勢力攻撃を理由にボツワナへ侵攻(ローデシア紛争)したことが背景にある。

組織・編制・装備[編集]

陸軍[編集]

編成[編集]

編制は以下の通り。

  • 機甲旅団×1
  • 歩兵旅団×2
  • 砲兵旅団×1
  • 防空旅団×1

装備品[編集]

車両[編集]
火砲[編集]
ミサイル[編集]

空軍[編集]

保有機体は以下の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008

関連項目[編集]