ウラル-375D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ural-375 / Ural-375D
URAL-375D pic1.JPG
ウラル-375D
種類 軍用車両
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1960年代~
開発史
開発者 ウラル自動車工場
製造業者 ウラル自動車工場
製造期間 1961年~1964年 (URAL-375)
1965年~1976年 (URAL-375D)
製造数 約11万両
諸元
重量 8,400 kg
全長 7,350 mm
全幅 2,960 mm
全高 2,980 mm

ウラル-375ロシア語: Урал-375英語: Ural-375)は、1961年ソビエト連邦にあるウラル自動車工場で開発された4.5トン、6×6輪駆動の多目的トラックである。

1965年に製造が開始された改良型のウラル-375Dロシア語: Урал-375Д英語: Ural-375D)の生産台数が最も多く、ウラル-375を代表するものとなった。

概要[編集]

ウラル-375は、それまでソ連における標準的トラックとして使用されていたZIL-157の後継車として設計開発され、1976年にウラル-4320が登場するまで製造されていた。同時期に製造されたGAZ-66およびZIL-131と共にソビエト連邦軍において輸送・補給などの兵站を支える中心的役割を果たしたが、1982年までにウラル-4320への置き換えが完了した。総生産台数はおよそ11万台である。

ウラル-375は、軍用として兵員や物資の輸送に使用された以外に、多連装ロケットランチャーを搭載したBM-21 グラートの車台としても利用された。

下記の対戦車砲や中型の野砲・榴弾砲、大型迫撃砲、対空機関砲の牽引にも用いられた。[1]

特徴[編集]

ZIL-375ガソリンエンジン、タイヤ空気圧集中調節機能(Central tire inflation system, CTIS)、5速マニュアルトランスミッション、デュアルクラッチパワーステアリングを装備していた。常用ブレーキは油圧空気圧のドラムブレーキである。

初期型のウラル-375は、トランスファーケースにおいて前輪への駆動力の伝達を3つのポジションで切り替える機能があった。

  • 前輪駆動オフ(後ろ4輪のみを駆動)
  • センターデフをロックして前輪駆動有効
  • センターデフをロックせず機能させて前輪駆動有効

1965年のウラル-375Dからはトランスファーケースが変更され、常時6輪が駆動される構造となった。

また初期型は、オープントップの運転席にを装着できる構造で、平面のフロントガラスはボンネット側に倒すこともできた。1965年のウラル-375Dより金属製の密閉キャビンに変更された。また、一部の車両はウインチを装備していた。

ウラル-375の主な欠点は、ガソリンエンジンであること、燃費が劣悪であったことだった。これを考慮し、後継のウラル-4320では燃費に優れたディーゼルエンジンが採用された。

バリエーション[編集]

Ural-375
幌がついたオープントップキャブ(運転台)を備えた最も初期の、通常のオープンな荷台を持ったカーゴトラック型。1961年から1964年に製造。
Ural-375D
密閉型の金属製キャブを装備し、常時6輪駆動に変更される等の改良がなされた標準的なカーゴトラックタイプで、最多生産型。1964年から製造。
Ural-375A
ノーマルのシャーシを少し短縮し、KUNG(ロシア語: КУНГ)と呼ばれる、金属製の四角い密閉シェルターを積んだパネルトラック型。移動指揮車両・無線通信車・工兵/修理車両などとして使用された。
Ural-375E
車台部分のみの形式番号で、さまざまなボディを装備するために使用された。
Ural-375S
セミトレーラーを牽引するためのトラクタートラック。全長が短縮されている。
Ural-375K
極東ロシア向けの寒冷地仕様。
Ural-377
民間向けカーゴトラック型。駆動輪が後ろ4輪だけの6×4となる、タイヤ空気圧集中調節機能(CTIS)が省略される等の変更がなされた。
Ural-377S
民間向けのトラクタートラック型で駆動輪が後ろ4輪だけの6×4となっている。

派生型[編集]

122mm自走多連装ロケット砲
BM-21 グラート
燃料タンク車
AC-5-375, AC-5.4-375, ACH-5-375等
給油車
ATMZ-5-375、ガソリンや航空燃料などの石油を輸送するタンクに、他の車両や航空機に対して給油を行う設備が付随する車両。
航空電源車
飛行場において軍用機のエンジンを始動するための電力を供給するための車両。ウラル-375DベースのAPA-4Gと、それを近代化したバージョンのAPA-4GM(後にAPA-5に改名)が存在する。トーイングトラクターとしての役割も担う。
トラッククレーン
8T-200, 8T-210, 9T-31等
早期警戒レーダー
P-18もしくは1RL131 Terekロシア語版英語版レーダー(NATOコードネーム"Spoon Rest D")
ミサイル運搬/装填車
2K11 クルーグ地対空ミサイルシステム(NATOコードネーム"SA-4 Ganef")用の予備ミサイル運搬/装填車2T6

主要諸元[編集]

  • 乗員数:3名
  • ペイロード:9,920lb(ウラル-375S:22,050lb)、人員輸送時は24人
  • 総重量:11,020lb(オフロードにおいて)
  • loading height:4'7.9"
  • サスペンション:6×6輪駆動、リーフスプリング式
  • エンジン:180馬力 (130 kW) ZIL-375YA V8 水冷 ガソリンキャブレター
  • ギアボックス:5x2段
  • 最高時速:76km/h
  • ブレーキ:ドラム・油圧(空気圧コントロール有)
  • 停止距離:32km/hから36'
  • Measures:LxWxH = 24 ft 1 inx8'10"x8'9.5", wheel base 13'9.4". Track 6 ft 7 in
  • Maneuverability:turning circle 69'
  • 最低地上高:15.7", overcome ford: 4 ft 11 in (1.50 m) Curb weight: 18,520 lb (8,400 kg).
  • タイヤ:14-20"
  • タイヤ空気圧:0.3-2 p.s.i(調節可能)
  • 燃料タンク:79+16gal. Fuel economy:4.9mpg(at 19-25mph), 2.94mpg(city cycle)

運用国[編集]

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

ZU-23-2搭載型や、燃料補給仕様など数種類が用意されており、プレイヤーやAIが操作可能。

脚注[編集]

  1. ^ #ソ連地上軍 P.174,198,201-207,240

参考文献[編集]

  • デービッド・C・イスビー著、林憲三訳 『ソ連地上軍 兵器と戦術のすべて (元題:WEAPONS AND TACTICS OF THE SOVIET ARMY)』 原書房、1987年ISBN 4-562-01841-0

関連項目[編集]

  • ウラル自動車工場
  • ウラル-4320
  • BM-21
  • GAZ-66 - 同時期に運用されたGAZ製4×4輪駆動軍用トラック。
  • ZIL-131 - 同時期に運用されたZIL製6×6輪駆動軍用トラック。
  • ZIL-135 - 同時期に運用されたZIL製のロケット弾発射用重トラック(TEL車両)。ウラル-375と同じエンジンを2基搭載している。

外部リンク[編集]