マダガスカル軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マダガスカル軍
Military of Madagascar
Roundel of Madagascar.svg
派生組織 マダガスカル陸軍
マダガスカル海軍
マダガスカル空軍
本部 マダガスカル島
指揮官
最高司令官 アンドリー・ラジョエリナ大統領
総人員
兵役適齢 18歳から49歳まで
徴兵制度 徴兵制度実質志願制
財政
予算 329億円(2002年
軍費/GDP 7.2%
関連項目
歴史 第二次世界大戦
マダガスカル・クーデター
テンプレートを表示

マダガスカル軍(マダガスカルぐん、英語Military of Madagascar)は、マダガスカル共和国軍隊。総兵力は、陸軍1万2,500人、海軍500人、空軍500人である。

概要[編集]

マダガスカル軍として、第二次世界大戦中にはフランスモロッコシリアなどと戦った。

また、2009年3月15日マダガスカル・クーデターに賛同し、アンドリー・ラジョエリナと共に大統領マーク・ラヴァルマナナが居住する大統領宮殿を占拠し、翌日、ラヴァルマナナを辞任させた。その後権限は軍に委任されたが、即日アンドリー・ラジョエリナに全権を委譲した。

データ[編集]

  • 徴兵対象年齢 - 18歳
  • 兵役期間 - 18歳から49歳まで
  • 軍事費用 - 329億円(2002年
  • GDP - 7.2%

所属機関[編集]

  • マダガスカル陸軍
  • マダガスカル海軍
  • マダガスカル空軍

関連項目[編集]