30 M 791

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
30 M 791/DEFA 791
DEFA 791 cannon for the Dassault Rafale fighter.jpg
30 M 791/DEFA 791
種類 航空機関砲
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 ネクスター
仕様
種別 リヴォルヴァーカノン
口径 30mm
使用弾薬 30x150mm
作動方式 ガス圧作動方式
全長 2,400mm
重量 120kg
発射速度 2,500発/分
銃口初速 1,025m/秒
歴史 
配備期間 2000年-
配備先 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

30 M 791は、DEFA 791と呼ばれることもある、フランスリヴォルヴァーカノン航空機関砲である。GIATにより開発が開始され、ネクスターに引き継がれたものであり、同社により開発されたTHL 30ターレットの30mm航空機関砲である30 M 781と併せて、GIAT 30、Nexter 30と呼称される場合もある。

DEFA 550の後継機関砲としてラファールに搭載することを目的として開発され、初速・発射速度の向上を果たしている。また、DEFA 550と同様のガス圧により弾倉を作動させ、電力により発射する方式が採用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Nexter(2010年7月20日閲覧)