フォッシュ (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フォッシュ
FS Foch1.jpg
基本情報
運用者  フランス海軍
艦種 航空母艦
級名 クレマンソー級航空母艦
次級 シャルル・ド・ゴール
艦歴
起工 1957年11月15日
進水 1960年7月23日
就役 1963年7月15日
退役 2000年11月15日
その後 ブラジル海軍に売却され「サン・パウロ」となる。
要目
基準排水量 24,200 t
満載排水量 32,800 t
全長 265 m
最大幅 51.2 m
吃水 8.6 m
ボイラー インドル型重油専焼ボイラー 6缶
主機 パーソンズ式ギアード・タービン 2基
推進 スクリュープロペラ 2軸
出力 126,000 PS
速力 32 kt
乗員
兵装Mle.64 100mm単装砲 8門(改装後 4門)
12.7mm機銃 5門
クロタル短SAM8連装発射機 2基(改装後)
ミストラルSAM6連装サドラル発射機 2基
レーダー ・DRBV-23B 対空レーダー
・DRBV-50 対水上レーダー
(後にDRBV-15に改装)
・NRBA-50 精測進入レーダー
・DRBI-10 3次元対空レーダー
・DRBC-31 火器管制レーダー
(後にDRBC-32Cに改装)
テンプレートを表示

フォッシュ(Foch, R 99)は、フランス海軍航空母艦クレマンソー級の2番艦。艦名はフランスのフェルディナン・フォッシュ陸軍元帥に因んで名付けられた。フォッシュという名前の艦としては2隻目であり、先代フォッシュはシュフラン級重巡洋艦の3番艦。

37年間フランス海軍に在籍した後、ブラジル海軍に売却された。2000年11月15日にブラジルに引渡され「サン・パウロ」と改名された。

運用[編集]

1978年のジブチ派遣、1983年から1984年レバノン内戦1993年から1999年ユーゴスラビア紛争に作戦参加した。

近代化改装[編集]

1987年に近代化改装を受け、100mm単装砲のうち左舷後部と右舷前部の4基を降ろし、クロタル短SAM8連装発射機2基とミストラル近SAM6連装サドラル発射機2基を装備した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • (フランス語) CV Foch Aircraft Carrier Foch on Alabordache