加藤健二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 健二郎(かとう けんじろう、1961年 - )は、日本の軍事ジャーナリスト早稲田大学理工学部卒業[1]兵庫県尼崎市出身。

概要[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『女性兵士』 講談社文庫 2010年
  • 『戦場のハローワーク』 講談社文庫 2009年
  • 『戦場の現在戦闘 - 地域の最前線をゆく』 集英社新書 2005年
  • 『<いまこそ知りたい>自衛隊のしくみ』 日本実業出版社 2004年
  • 『攻撃か、それとも自衛か - 自衛隊・米軍・戦場最前線からの報告』 現代人文社 2004年
  • 『密着報告自衛隊 - 戦闘部隊としての行動と実力』 ぶんか社 2003年
  • 『35ミリ最前線を行く - 一カメラマン戦場の旅』 光人社 1997年
  • 『戦場へのパスポート』 ジャパンミリタリーレビュー 1996年
  • 『戦争からギャルまで - 加藤健二郎写真集 (Bee books)』 光村印刷 1993年

共著[編集]

  • 『ホントに強いぞ自衛隊!中国人民解放軍との戦争に勝てる50の理由』 徳間書店 2010年
  • 『意外と強いぞ自衛隊!- 解き明かされた55の真実』 徳間書店 2009年
  • 『最新!自衛隊「戦略」白書(別冊宝島Real(057))』 宝島社 2004年
  • 『戦友が死体となる瞬間 - 戦場ジャーナリストが見た紛争地』黒井文太郎村上和巳 アリアドネ企画 2001年
  • 『軍事ジャーナリストが追跡する自衛隊最前線 (ARIA’DNE MILITARY) 』 アリアドネ企画 2001年

DVD[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 加藤健二郎・古是三春 『ホントに強いぞ自衛隊!中国人民解放軍との戦争に勝てる50の理由』 徳間書店 2010年

外部リンク[編集]