村上和巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村上 和巳(むらかみ かずみ、1969年 - )は、日本フリージャーナリスト宮城県亘理郡亘理町出身。仙台第一高等学校中央大学理工学部卒業。1994年じほう入社、2001年に退社後フリージャーナリストとして活動。

主な著書[編集]

  • 戦友が死体となる瞬間 戦場ジャーナリストが見た紛争地(黒井文太郎加藤健二郎、2001年、アリアドネ企画)
  • 世界の主力戦闘車 戦車・装甲車・自走砲(ターナー・ジェイソン、翻訳、2003年、アリアドネ企画)
  • マンガ北朝鮮(イラスト:岡田正尚、2007年、英和出版社)
  • マンガ北朝鮮 2(イラスト:岡田正尚、2008年、英和出版社)
  • 化学兵器の全貌 再燃する大量破壊兵器の脅威(2004年、アリアドネ企画)
  • 自衛隊の最終兵器 徒手格闘術&銃剣格闘術(若松和樹、2007年、アリアドネ企画)
  • 生物兵器テロ(黒井文太郎、2002年、宝島社)

外部リンク[編集]