シースキマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シースキマーは、目標に接近する際に超低空飛行(シースキミング)を行う対艦ミサイルのこと。飛行高度は5–15メートル (16–49ft)程度[1]。飛行速度が超音速以上になると衝撃波により海面が水しぶきをあげ、目視及びレーダーでも探知されやすくなることから、飛行速度としては亜音速帯のものが多い。超低空を比較的ゆっくりと飛ぶ飛行法が、小型の海鳥の一種であるハサミアジサシ(Sea Skimmer)の飛行形態に似通っていることからシースキマーと名付けられた。

ミサイルを超低空飛行させることで、敵軍艦に搭載されたレーダーによる探知を避けるねらいがある。レーダーの電波水平線上を直進するため、超低空を飛行する目標の探知距離は至近に限られる。また海面状況にもよるがミサイルが数海里まで接近すると、ミサイルのレーダー反射と波頭のレーダー反射のノイズが干渉し、レーダー探知が困難になる。超低空飛行は、レーダーからの被探知率の低減に効果的であるが、海鳥とのバードストライク三角波との衝突というリスクを伴う。

シースキマー型のミサイルは、慣性航法などの中間誘導のもと、シースキミングで攻撃目標に接近する。目標の想定座標から5–10キロメートル (2.7–5.4nmi)の位置に到達すると上昇(ポップアップ)してシーカーを作動させ、アクティブ・レーダー・ホーミング誘導や光波ホーミング誘導などの終末誘導へ切り替えて目標を捕捉したのち、急降下(ダイブ)して、もっとも効率的な位置に突入する[1]。また近年では、CIWSなどの対空砲火を回避するため、螺旋軌道を描いて目標に突入するものもある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 小都元「艦載ミサイルの基礎用語 (特集・艦載ミサイルのすべて)」、『世界の艦船』第639号、海人社、2005年3月、 104-109頁、 NAID 40006607573