75式130mm自走多連装ロケット弾発射機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
75式130mm自走多連装ロケット弾発射機
Type75MRLleftfront.jpg
陸上自衛隊朝霞駐屯地において展示された車両
(2008年撮影)
基礎データ
全長 5.8m
全幅 2.8m
全高 2.7m
重量 16.5t
乗員数 3名
乗員配置 車長(発射班長)、照準手、操縦士
装甲・武装
主武装 30連装ロケット弾発射機
弾薬:75式130mmロケットりゅう弾
(最大射程:14.5km[1]
副武装 12.7mm重機関銃M2
機動力
速度 50km/h
エンジン 三菱4ZF
2ストロークV型4気筒空冷ディーゼル
300hp/2,200rpm
行動距離 300km
テンプレートを表示

75式130mm自走多連装ロケット弾発射機(ななごしき130ミリじそうたれんそうロケットだんはっしゃき)は、広範囲に展開する陸上兵力の制圧を目的とした陸上自衛隊自走多連装ロケット砲である[1]1975年に制定採用された。略記号は75MSSR(またはMSSR=Multiple Surface to Surface Rocket)

概要[編集]

73式装甲車の試作型「SUII」装軌式の車体に、75式130mmロケットりゅう弾[2]の多連装ロケット弾発射機を搭載して開発された[1]1969年より開発を開始し、1973年から実用試験が行われている[1]1977年より[3]計66両が調達された。1両の調達価格は1983年(昭和58年)において2億2,000万円である。

構成[編集]

73式装甲車小松製作所製試作型である「SUII」を基にした車体に30連装のロケット弾発射装置を搭載している[1]。発射装置は上から順に7列、8列、7列、8列を重ねた変則的配置となっており、各発射軌道が単純には並んでいない形式になっている[1]。射界は左右50度、最大仰角50度である。

ロケット弾発射装置の他、車体前部右側の車長(発射班長)席には12.7mm重機関銃M2が装備されており、この機銃架はロケット弾の発射時に射線を妨害しないように、射撃時には真横に倒すことができる。

搭載する75式130mmロケットりゅう弾は、4枚の固定フィンを持つ、重量43㎏の単段固体燃料ロケットであり、単発もしくは0.4秒間隔の連射を行う[1]

なお、有翼安定式のロケット弾であるため、射撃時はの影響を受け易い。そのため、射撃精度の向上を狙い、射撃前に同行している75式自走地上風測定装置により風力・風向などの観測による諸元調整後に、ロケット弾を発射する[1]

発射機諸元・性能[編集]

出典: 防衛庁 (1975年12月17日). “制式要綱 75式自走多連装130mmロケット弾発射機 XC 5004”. 2004年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月9日閲覧。

諸元


性能

  • 俯仰角: 0-50°(左16°-右35°の間は3-50°)
  • 旋回角: 左右各約50度
  • 最大射程: 約14,500m
  • 発射速度: 約12秒/30発

砲弾・装薬

  • 弾薬: 75式130mmロケットりゅう弾


配備・運用[編集]

主に北部方面隊第1特科団師団特科部隊などに配備された。例外として、北部方面隊以外では唯一、第3特科群(現:西部方面特科隊)が装備していた。 装備部隊の廃編[4]75式自走155mmりゅう弾砲多連装ロケット砲システム(MLRS)への置き換えなど[5]により、2003年頃までに全車退役した。なお、一部駐屯地(湯布院駐屯地など)では展示用として退役車両が現存する。

射程の関係上、実弾射撃が行えるのは矢臼別演習場に限定されていた(唯一上富良野演習場に関してはM31トレーナー射場において演習弾による射撃のみ行われた事もある)

主な装備部隊[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

平成ゴジラシリーズ
ほとんどの作品に常連登場。自衛隊だけではなく、国連Gフォースにも参加。
ゴジラ
ミニチュアのみだが、日本映画初登場。晴海埠頭に上陸しようとするゴジラを迎え撃つ。
ゴジラvsビオランテ
実車が日本映画初登場。ゴジラ迎撃のため、芦ノ湖若狭湾へ出動する。
ゴジラvsキングギドラ
富士山麓に着陸したUFOを包囲する。
ゴジラvsモスラ
モスラとゴジラの迎撃に出動する。
ゴジラvsメカゴジラ
国連Gフォース所属車両が、大津山中にてメーサー車などとともにゴジラを迎え撃つ。

漫画・アニメ[編集]

岸和田博士の科学的愛情
日本国防衛軍所属車両が登場。第4巻にて都内に出現した海底科学人型兵器「牛野田マークII」を74式戦車などとともに攻撃する。
ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱
74式戦車とともに怪気象に対して攻撃を行っている。
最臭兵器
75式自走地上風測定装置とともに登場。強烈な臭気を発しつつ中央自動車道東京へ向かう主人公を攻撃するが、発射した全弾が臭気に攪乱されてあらぬ方向に飛んでしまい、そのうちの1発が帰ってきて自爆してしまう。
地球防衛企業ダイ・ガード
第1話アバンタイトルの回想シーンに登場。犬吠埼から東京に上陸したヘテロダインを90式戦車などとともに迎撃するが、通用せずに終わる。
ドリームハンター麗夢III 夢隠 首なし武者伝説
東富士演習場演習中だった車両が登場。巨大化した首なし武者の亡霊を74式戦車などとともに攻撃するが、首なし武者の刀によって一刀両断される。

ゲーム[編集]

Wargame Red Dragon
自衛隊デッキに「75 MSSR」の名称で登場する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 世界の戦車と自走砲/ミサイル 1985-1986 PANZER臨時増刊,P133,サンデーアート社,1985年
  2. ^ "榴"が平仮名なのは官公庁における常用漢字の制限による
  3. ^ 1976年防衛白書
  4. ^ 第11特科連隊・第7特科連隊の多連装中隊の廃止
  5. ^ 最後まで保有していた2特5大隊(師団長直轄の全般支援大隊)は他連隊99式自走155mmりゅう弾砲導入による75式への管理替えにより置き換えとなっている

関連項目[編集]