超信地旋回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超信地旋回(ちょうしんちせんかい)またはスピンターン[1]spin turn[1][2][3][4][5], neutral turn[4], counter-rotation turn[6])とは、油圧ショベル戦車のように履帯(クローラー)を持つ車両が、左右の履帯を互いに逆方向に等速回転させることにより、車体の中心を軸としてその場で旋回することをいう[1][7]

履帯式車両のその場旋回の方式としてもう一つ、信地旋回(しんちせんかい)またはピボットターン[8](英:pivot turn[8][2][3][5][6], skid turn[9])がある。これは、片側の履帯を停止して反対側の履帯だけを回転させ、停止側の履帯を軸(pivot)として旋回するものである[8][7][10]。また、左右の履帯の速度に差をつけて、前進あるいは後退しながら弧を描いて進路を変えることを緩旋回[10][3](かんせんかい、英:power turn)と呼ぶ。

信地旋回や超信地旋回は履帯式車両に特有の機動とされる[7]が、スキッドステアローダーのように、装輪(タイヤ)式の車両で超信地旋回を可能にしたものも存在する。

概要[編集]

超信地旋回は、信地旋回に比べて小さなスペースで行うことができる。このため、小回りの要求される工事現場などで用いられるが、路面・路床への負荷は大変大きい。また、左右の履帯を反転させるためにはより高度なトランスミッションが必要となる。

戦車の場合、第二次世界大戦当時までは超信地旋回可能な車両は限られていた。これが可能なものとして、イギリスのメリット・ブラウン式変速装置を持つチャーチル歩兵戦車クロムウェル巡航戦車以降の型や、ドイツティーガー戦車系列があげられる。これらは、左右の履帯の速度を変えて滑らかな旋回が可能であったが、特に重戦車の場合、超信地旋回の多用は履帯の脱落や故障の発生の原因となるため、あまり行われなかった。アメリカの戦車の場合、戦後のM41 ウォーカー・ブルドッグM46パットンのクロスドライブ式トランスミッションの採用以降、超信地旋回が可能となっており、この方式は以後の世界中の戦車に採用されている。

現代では、NATO加盟国をはじめとする西側諸国のほぼ全ての主力戦車に組み込まれている。日本陸上自衛隊では74式戦車90式戦車10式戦車が対応している。

一方、ソビエト開発の戦車のほとんどは超信地旋回が不可能となっている。これは、ソビエト製戦車から発展した東側諸国中国の多くの戦車も同様である。ロシアではT-90までは超信地旋回が不可能だったが、量産に向けて開発が進んでいる最新型のアルマータで超信地旋回が可能になった[11]

語源[編集]

「信地」とは、元来は西洋馬術の用語で[12][13][14]、「同じ場所で行う動作」を意味する[12][13][14]。例えば「信地速歩」[15]は「その場での速歩」という意味になり、ピアッフェのことである[14][15]。「信地旋回」という表現も、戦車が発明される以前の明治時代の騎兵砲兵向けの馬術書で既に見受けられる[16][17][18]

信地旋回」という語は、古い文献では見受けられない。例えば、昭和17(1942)年出版の書籍『自動車と戦車の操縦』(宮本晃男著)[10]には、戦車の信地旋回や緩旋回の説明に続いて

「操向連動機構の改良に依って左右駆動輪の回転方向を反対になる様にすれば戦車の中心を中心として旋回可能となり、この方法は路面の狭い市街戦等に際して便利であろう。」[10]
(原文では旧字旧仮名遣いとなっているが、常用漢字と新仮名遣いに改めて引用した。)

との記述がある。これは明らかに超信地旋回の説明となっているが、この書籍で「超信地旋回」という語は用いられていない[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「3022 スピンターン」、『JIS A 8403-1:1996 土工機械−油圧ショベル−第1部:用語及び仕様項目』、11ページ。
  2. ^ a b Nobutaka Ito, "Practical Method of Improving The Turnability of Terrain Vehicles," Journal of Terramechanics, Elsevier, Vol.27, No.4, pp. 331-341, doi:10.1016/0022-4898(90)90032-H, 1990.
  3. ^ a b c 伊藤信孝、鬼頭孝治、白捷、「履帯式車両の旋回性の評価について(第1報) 超信地旋回と信地旋回」、農業機械学会誌、56巻6号、11-16ページ、NAID 130004366680、1994年.
  4. ^ a b Bruce Maclaurin, "A Skid Steering Model with Track Pad Flexibility," Journal of Terramechanics, Elsevier, Vol.44, No.1, pp. 95-110, doi:10.1016/j.jterra.2006.03.002, 2007.
  5. ^ a b Operator's Manual: Kubota Excavator Model U35-4 (PDF, 7.58 MB) , Kubota Corporation, 2012, pp.30-31, Retrieved on 2017-04-26.
  6. ^ a b "Section 30: Driving the Machine - Steering the Machine", John Deere Operator Manual View - 655C and 755C Crawler Loaders, Deere & Company, 2009, Retrieved on 2017-04-26.
  7. ^ a b c 白石光、『戦車』(歴群図解マスター)、学研パブリッシング、2013年、ISBN 978-4054058187、120-121ページ。
  8. ^ a b c 「3021 ピボットターン」、『JIS A 8403-1:1996 土工機械−油圧ショベル−第1部:用語及び仕様項目』、11ページ。
  9. ^ James D. Brown, Michael Green, M4 Sherman at War, Zenith Press, 2007, ISBN 978-0760327845, p.46.
  10. ^ a b c d e 宮本晃男『自動車と戦車の操縦』(国立国会図書館デジタルコレクションで館内限定公開)、育生社弘道閣、昭和17(1942)年、118ページ。
  11. ^ Боевой танец «Арматы»: на какие трюки способен новейший российский танк”. Телеканал ЗВЕЗДА (2015年9月13日). 2015年9月14日閲覧。
  12. ^ a b 遊佐幸平、『遊佐馬術』、第一出版株式会社、1966年(初版:羽田書店、1940年)、103-104ページ。
  13. ^ a b 遊佐幸平、『遊佐馬術』、第一出版株式会社、1966年(初版:羽田書店、1940年)、230ページ。
  14. ^ a b c ジェームス・フィリス著、遊佐幸平訳註、荒木雄豪編、『フィリス氏の馬術』、恒星社厚生閣、1993年、53ページの荒木註。
  15. ^ a b "piaffe"、『新英和大辞典』第6版、研究社、2002年、ISBN 4767410266、1863ページ。
  16. ^ 陸軍乗馬学校訳、『馬術教程』(国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能)、陸軍乗馬学校、明治24(1891)年、二百二十二ページ(デジタルコレクションのコマ番号で120コマ目)。
  17. ^ 高橋静虎、『馬術教程』(国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能)、軍事教育会、明治36(1903)年、一一五ページ(デジタルコレクションのコマ番号で80コマ目)。
  18. ^ 澤淳、『野砲兵隊新兵馬術教育』(国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能)、川流堂、明治42(1909)年、二百七十ページ(デジタルコレクションのコマ番号で147コマ目)。