11式装軌車回収車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
11式装軌車回収車
11式戦車回収車IMG 0354 装備 70.jpg
11式装軌車回収車(2013年6月の撮影)
基礎データ
全長 約9.1m
全幅 約3.4m
全高 約2.6m
重量 約44.4t
装甲・武装
主武装 12.7mm重機関銃M2 1丁
備考 牽引力:45t以上
吊り上げ能力:25t以上
機動力
速度 約70km/h以上
データの出典 [1]
テンプレートを表示

11式装軌車回収車(ひとひとしきそうきしゃかいしゅうしゃ)は、陸上自衛隊の装備の一つで、10式戦車の車体を流用した戦車回収車である[2]

概要[編集]

戦車が故障・損傷した際に回収にあたる他、整備作業を支援するための車両で、10式戦車の導入に伴い、同車を装備する部隊を支援するために開発された[3]第二次世界大戦後の国産戦車回収車としては90式戦車回収車に次いで4車種目にあたる。

90式同様、10式の車体を流用してブームクレーンや各種の回収/整備機材を搭載したもので、試作1号車は2013年(平成25年)3月に完成[1]。平成25年4月7日駒門駐屯地で初公開された[3]

基本的な車体デザインは、90式戦車回収車と同様であり、車体右前部にブームクレーンを装備し[2]、車体後部には安定用のアウトリガーが設けられている[4]。左前部には、レーザー検知器[4]及び8連装の発煙弾発射装置がある[2][3]。このほか、車体上部に、自衛用の12.7mm重機関銃M2 1丁を装備する[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『予算執行事前審査等調書(平成23年度 第4四半期)』 pp.1-2
  2. ^ a b c d PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,P64,アルゴノート社
  3. ^ a b c 11式装軌車回収車-駒門でデビュー,PANZER 臨時増刊 スピアヘッド No16,P45-46,アルゴノート社
  4. ^ a b 陸上自衛隊の車輌60年 PANZER 2016年8月号増刊 [雑誌]: PANZER 増刊,P87,アルゴノート社

参考文献[編集]

外部リンク[編集]