67式30型ロケット弾発射機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

67式30型ロケット弾発射機(ろくななしきさんじゅうがたロケットだんはっしゃき)は、陸上自衛隊が配備していた装輪式の自走ロケット弾発射機である。

概要[編集]

国土に侵攻してきた敵上陸部隊を内陸から攻撃することを目的とした装備であり、日本第二次世界大戦後初めて実用化された大型ロケット弾で、制式化当時は陸上自衛隊の装備の中で最も長射程であり、且つ最も弾頭威力の大きい装備であった。

陸上自衛隊内ではR-30と通称された。生産数は48両[1]、配備先は特科教導隊の他には北部方面隊直轄の第1特科団に限られており[1]88式地対艦誘導弾に更新される形[1]1992年には全てが退役した。

なお、自衛隊の装備としては、発射機とそれより発射される弾体との制式年号が異なっている珍しい装備である。

評価[編集]

完全な国産で大型ロケット兵器を開発し得たことは国産の兵器開発技術の高さを示すものであったが、同年代の他国の大型ロケット弾発射機と比べると射程、弾頭威力共に劣るもので、連装2発の発射数は命中精度を発射弾数で補うことが難しい数であり、実用面にはまだ不十分なところがないとは言えない、という微妙な評価がなされていた。

しかし、「長射程ロケット弾」というものに対して技術面、運用面共に大きな経験をもたらしたとされ、その経験は後に開発された75式130mm自走多連装ロケット弾発射機を始めとする各種の装備の開発・運用に大いに有用であったと位置づけられている。

構成[編集]

4tトラックの荷台に68式30型ロケットりゅう弾[2]の2連装発射機を装備したものである[1]

発射機は、トラックの荷台を支点に運転席の上方まで発射レールが伸びており、また、レール末端は車体後部より突き出している。発射レールの仰角調整は行なえるが水平方向への旋回機構を有していない[1]。そのため、ロケット弾は前上方へのみ打ち出す形となる。同様の車体に装填装置を搭載した67式30型ロケット弾装填機が開発され、並行して配備されている[1]。この装填機には、2発ずつ3段重ねに予備弾を最大6発積載することができ、装填用クレーンも装備している[1]

諸元[編集]

67式30型ロケット弾発射機(車体)[編集]

  • 全長:8.24m
  • 全幅:2.44m
  • 全高:3.35m
  • 総重量:12t
  • 最高時速:70km/h
  • 乗員:4名
  • 製作:日野自動車(車体)・日本製鋼所(発射機・装填機)

68式30型ロケットりゅう弾(弾体)[編集]

  • 全長:4.5m
  • 直径:337mm
  • 重量:573kg
    • 弾頭重量:227kg
  • 最大射程:28km
  • 製作:日産自動車

配備部隊[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

ゴジラ(1984年版)
晴海埠頭ゴジラを迎撃する自衛隊の車両の1つとして、本車をモデルとした83式600mm地対地ミサイル車が登場し、24分の1程の縮尺の精巧なプロップモデルが製作されている[3]が、キャビン74式特大型トラックと似た角型のものとなっており、原型車両とは異なっている。
ゴジラvsビオランテ
上記と同じものと思われるプロップモデルが登場する。
このプロップモデルは以後も『平成ゴジラシリーズ』に度々登場している。また、これとは別にゲーム『ゴジラ 列島震撼』には、本車をモデルとした67式対空ミサイルが登場している。
ゴジラvsキングギドラ
実際の車両が、札幌に襲来するゴジラを迎撃するために出動する自衛隊の車列の中に確認できる。

ホビー[編集]

トミカ
1978年に本車をモデルとした車両が「 トヨタ 自衛隊ロケット車」の名称で発売されているが、名称の通りにベース車両がトヨタ・HQ15Vに変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h R30地対地ロケットシステム 箙公一 スピアヘッドNo.11 P44-46 アルゴノート社
  2. ^ りゅうが平仮名なのは官公庁における常用漢字の制限による
  3. ^ このプロップはゴムの張力を利用してロケット弾を発射することも可能な凝った作りのものであり、劇中でもゴジラに対しロケット弾を発射する特撮シーンが登場する

関連項目[編集]

外部リンク[編集]