74式特大型トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱ふそう・Fシリーズ > 74式特大型トラック
三菱ふそう・ザ・グレート > 74式特大型トラック
三菱ふそう・スーパーグレート > 74式特大型トラック
7tトラック

74式特大型トラック(ななよんしきとくおおがたトラック)は、陸上自衛隊で使用されている輸送車両である。1974年に制式化された。現在では1/2tトラック同様、モデルチェンジを容易にして調達単価削減を図るために制式化せず7tトラックという名称で調達されている。また、ベースの民間車のモデルチェンジにより調達年度によって若干仕様(形状)が異なっている場合がある。

概要[編集]

7tトラック(パネル橋MGB用)バンパーにフックが取り付けられている

三菱ふそうFシリーズザ・グレート及びスーパーグレートをベース車両としているが、陸上自衛隊の要求性能[1]に合わせるため総輪駆動(AWD)にし、最低地上高を高くするなど車体やエンジン、ヘッドライトの位置などが改造・変更されている。ただし、灯火類の保安装置はベース車両に準じている。主に師団・旅団の後方支援連隊(後方支援隊)の輸送隊に配備されている。

基本型の7tトラックのほか小回りをよくするために全長を若干短くした「7tトラック(短)」や車体前方のバンパーにフック(橋体の押出用)がつけられた「7tトラック(パネル橋MGB用)」がある。さらに、陸上自衛隊の他のトラック同様多数の派生型が存在する。

派生型[編集]

92式浮橋を搭載した74式特大型トラック
重レッカ
特大型ダンプ
中砲けん引車
81式自走架柱橋
92式浮橋
07式機動支援橋
対砲レーダ装置 JTPS-P16
10000リットル燃料タンク車


性能諸元[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 防衛省仕様書 7tトラック

関連項目[編集]