3/4tトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
初期に使用されたアメリカ製ダッジWC51

3/4tトラック(よんぶんのさんトントラック)は、自衛隊でかつて運用されていたトラックである。それまで供与されていたアメリカ合衆国ダッジWCと交代する形で運用された。1980年代後半に退役し、現在はキャブオーバー型の73式中型トラックが任務を引き継いでいる。

概要[編集]

参考になったM37

警察予備隊創設後、アメリカ軍より大量の各種輸送車両が供与された。特に「ウェポンキャリア」と呼ばれる積載量3/4tのダッジWCは、小回りが利く上に、ジープより大量の装備を運べるため好評だった。

しかし、順次自国兵器の国内生産を進め、生産体制を確立、増強する必要性が唱えられたこと、さらに供与車両は多くが第二次世界大戦で使用された中古車であり、老朽化による更新の必要性が出てきた。そこで、アメリカ軍の新型ウェポンキャリアであったM37を参考に開発されたのがこのクラスである。

本車の主任務は輸送であるものの、使い勝手の良さから人員、装備、物資を輸送もしくは牽引するなど様々な用途に使われた。生産は、1952年昭和27年)から日産自動車トヨタ自動車の2社で行われている(ごく少数だが、いすゞ製も存在した。詳細は後述)。仕様の異なる両者を混用すると問題が起こるため、主に日産製が北海道部隊、トヨタ製が本州以南の部隊で使用された。

日産製(Q4W70シリーズ)[編集]

Q4W70
初期型。成り立ちの多くを同社の4W60型と同一にする。NA型直列6気筒水冷ガソリンエンジン(85hp)搭載。のちNB型直列6気筒水冷ガソリンエンジン(95hp)、次いでNC型直列6気筒水冷ガソリンエンジン(105hp)などに順次強化。
4W70
Q4W70の民間型。車名は「キャリア」となる。
Q4W73
生産の主力となった改良版。外観が大きく変更されたほか、エンジンが直列6気筒P型水冷ガソリンエンジン(125hp)に変更されている。車体が防水仕様となり、水深95cmまで渡渉可能となった。最終型ではSD33型直列6気筒ディーゼルエンジン(98hp)に変更されている。
4W73
Q4W73の民間型。

トヨタ製(BQ/FQ10・15/HQ15シリーズ)[編集]

トヨタFQ15
BQ型
1951年1月試作車完成。翌2月に警察予備隊による公式試験を受験[1]
B型直列6気筒水冷ガソリンエンジン搭載(85hp)搭載。
FQ型
BQのエンジンF型直列6気筒水冷ガソリンエンジン、(当初95hp)へ変更したもの。後にショートホイールベースはFQ10、ロングホイールベースはFQ15となり、バン仕様にはV、輸出向け左ハンドル仕様にはLが、それぞれ数字の後に付く。生産数は360両とあるが、BQとFQの内訳は不明。
FQW型
FQとほぼ同じだが、フロントにPTOウインチを備えたタイプ。これも生産数が838両となっているが、ウインチ付きBQとの内訳は不明。
2FQ15
F型直列直列6気筒水冷ガソリンエンジン(125hp)搭載。1956年-1969年まで生産。
HQ15
H型直列6気筒水冷ディーゼルエンジン(95hp)搭載の最終型。1973年まで生産。


いすゞ製(TR21)[編集]

1952年水陸両用車導入に積極的だったアメリカ軍に習い、当時の保安隊が水陸両用の3/4tトラックとしていすゞ自動車に開発を依頼した。同年11月に試作が完了し、TR21Aとして計16両が保安隊に納入されたものの、大量生産には至らなかった。シュノーケルを装着することで、水深2mまでの水中を走行することができた。

派生型[編集]

3/4t救急車
日産製とトヨタ製の後部を密閉式キャビンとした救急車型。小型すぎて、1トン半救急車より使い勝手が悪かったようである[2]

他にも、海上自衛隊航空自衛隊の爆弾運搬車などいくつか派生型がある。

民間・海外での使用[編集]

日産製のものは、「日産キャリヤー」の名前で市販もされた。また、海外への輸出も積極的に行われ、南アメリカ東南アジアなどの発展途上国へ輸出されて使用された。特に、インドではノックダウン生産も行われ、インド軍に採用されている。

トヨタ製も市販されたほか、一部の国内生産車がアメリカ軍に供給され、朝鮮戦争で使われた[3]1980年代まで、韓国軍で使われてもいる(現在FQ15一台がソウル龍山(ヨンサン)戦争記念館に展示されている)。

参考文献[編集]

  1. ^ ランドクルーザーなどの全輪駆動車の開発 - トヨタ自動車75年史
  2. ^ ガリレオ出版「グランドパワー」 No.176 2009年1月号 98p
  3. ^ ガリレオ出版「グランドパワー」 No.176 2009年1月号 日産製については同96 - 97p、トヨタ製はhttp://www.owens-export.com/stuff.html 等を参照のこと

関連項目[編集]