コンチネンタル・モータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Continental Motors, Inc.
企業形態 一部門
業種 航空用エンジン
前身 Continental Motors Corporation
設立 1929年
本部 アラバマ州モービル (アラバマ州)
所有者 中華人民共和国政府
株主 AVICインターナショナル
ウェブサイト www.genuinecontinental.aero
テンプレートを表示

コンチネンタルモータース(Continental Motors, Inc.)は中華人民共和国政府が所有し、アメリカ合衆国アラバマ州に本社を置く航空用エンジンの製造メーカーである[1][2]

元々は、1905年に創業した自動車エンジン製造会社のコンチネンタル・モータース・カンパニーの航空機エンジン部門のスピンオフとして1929年に設立された。2010年以降は、中国系企業と中国政府によって所有されている。

2013年には航空用ディーゼルエンジンを製造するTechnify Motorsを傘下に収めた。

製品[編集]

かつては星形エンジンも製造していたが、現在では水平対向エンジンのみとなっている。

主力のガソリンエンジンは小型軽量の低出力(100馬力前後)モデルから300馬力の高出力モデル、空冷と液冷、FADECターボチャージャー搭載など豊富なバリエーションを有する。

旧Technify Motors製のディーゼルエンジンも継続して製造しており、エンジン単体の他、既存のエンジンから交換用として燃料系やエンジンマウントなど必要な機材一式をセットにしたレトロフィット・キットも取り扱っている。

メーカーへのOEM供給の他、ホームビルト機用に低価格のシリーズを馬力別に揃えており、エンジン単体やパーツを個人へ販売している。

この他修理上がりのリビルド品を公式サイトで販売している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]