独立愚連隊西へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独立愚連隊西へ
監督 岡本喜八
脚本 関沢新一
岡本喜八
製作 田中友幸
出演者 加山雄三
佐藤允
フランキー堺
音楽 佐藤勝
撮影 逢沢譲
配給 東宝
公開 日本の旗 1960年10月30日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 独立愚連隊
次作 どぶ鼠作戦
テンプレートを表示

独立愚連隊西へ』(どくりつぐれんたいにしへ)は、日本の戦争映画。岡本喜八監督原案の『独立愚連隊シリーズ』の2作目であるが、前作とのつながりはない。加山雄三の初主演作である。同時上映は、佐伯幸三監督の『唄祭ロマンス道中』(宝塚映画)。

概要・あらすじ[編集]

前作の『独立愚連隊』同様、中国北部線戦を舞台に西部劇風な活劇とコメディの要素をまぶした喜八タッチといえる手法で、戦争と人間を描いた娯楽作。原作は蓮本修(須崎竜平)の「武器なき戦場」[1]。前作での戦争の無意味さをあらわした多くの兵士が亡くなるという戦闘シーンに対する批判を受けて本作では、敵味方を含めて極力死者を出さないという方針で撮られた。そのためテーマ曲の明るさも含めて理想主義的ともいえる明るい戦争映画となった。だが、消えた軍旗捜索のためにだけに敵味方が争奪戦を繰り広げるという戦争の持つ愚かさを訴えていて、岡本喜八監督の代表作『肉弾』(1968年)に通じる戦争批判の精神は、底辺にはしっかりと流れている。[2][3][4]

キャスト[編集]

以下の順番は本編クレジットに準拠。

以下ノンクレジット

主題歌[編集]

  • 独立愚連隊マーチ
  • イキな大尉
作詞/岡本喜八、作曲/佐藤勝、歌/加山雄三、佐藤允

参考[編集]

  1. ^ お詫びとお知らせ
  2. ^ 岡本喜八「軍旗ト云ウモノノ権威」(『シナリオ』1960年10月号、109頁、シナリオ作家協会。同号106~140頁に『独立愚連隊西へ』のシナリオ掲載)
  3. ^ 岡本喜八・森卓也『シネアストは語る3 岡本喜八』(1991年11月29日、風琳堂18頁~22頁)
  4. ^ 岡本よね子インタビュー DVD『遊撃戦』(2005年4月、キングレコード)収録

外部リンク[編集]